口コミ・評判3件

新規投稿
  • duoduo
    日本
    5人が「参考になった」と評価
    学生寮4.0
    元在校生(通学期間:2014年9月~2015年1月)2016/01/31
    寮は生活の場ですから、非常に重要です。オンキャンパス、オフキャンパスのどちらも選ぶことができますし、現地でルームシェアをすることも可能です。ここでは、私が滞在していたオフキャンパスの太子寮(太子學舍 Prince dorm)についてお話しようと思います。 ・利点 ①台南駅、大学へのアクセスがよい 学外では、学校に一番近い位置にあります。初日は重いスーツケースとともに台南にやってくるだけで大変疲れます。また、台南駅についたところで、エレベーターやエスカレーターなんて便利なものありませんでした。現地のお兄さんに手伝ってもらって、階段を昇降できましたが、駅の改札をでるまでにとても疲れます。私は9月1日に到着したので、非常に暑い!立地にはほんと救われました。 ②他寮にはない二人部屋 これがこの寮を選んだ最大の目的です。現地台湾人か外国人の友人をつくりたかったので。しかも、料金は一人部屋しかない寮よりも安い。結果的に、親友ともいえる台湾人の友人ができました! ③最初はこの寮を選ぶ留学生が多い 私のクラスはとても多かったです。クラスメートが10人程度いたうち7割がこの寮でした。最初の不安な時期、同じ寮にクラスメートがいるのは心強いですよ。一緒に勉強できるし、不安なとき励ましてくれたり、遊びに誘ってくれたり。そんな彼らも、四か月後にはほぼ引っ越してしまいましたが。 ・難点 ①普通の寮 公式ホームページなどでは、ホテル式の寮であると書かれていますが、実際は普通の寮です。たまにイベントも開催してくれますが、「ホテル」のように手厚い ホスピタリティがあるわけではありません。期待しすぎない方がいいです。 ②電気代のチャージが必要 電気カードを差し込んでいる間、オン・オフに限らず常に消費されます。夏場は節約しようと思いエアコンを消していましたが、熱中症気味になりました…。私のチャージ回数は4か月程度で2、3回(確か500/回。あるいは好きなだけ)。ルームメイトと割り勘してたので、2人で合計4、5回はチャージしてました。 ・最後に 私個人はこの寮で友人と絆を深めることができたのでまあ満足していましたが、他の人たちは結構不満だったようです。一番注意してほしいことは、センターを通じて申し込む場合、しつこく確認しましょう。友人のなかには忘れられた人もいたようです。ご質問あればお気軽に!
    私の机
    ユニットバス
    玄関

    この口コミは参考になりましたか? URL

  • duoduo
    日本
    4人が「参考になった」と評価
    カリキュラム、教材4.0
    元在校生(通学期間:2014年9月~2015年1月)2016/01/31
    2014年秋に語学留学していたものです。総合コメントのほうでは、一般的なクラス分け方法とクラスごとの学習進度などについて書きましたが、そこでふれていなかった個人班について書こうと思います。現在、公式ホームページでは日本語版を改装中のようですので、ご参考に。 ・個人班とは? マンツーマンのクラスです。先生と一対一で授業が進行するので、自分の習熟度にあった授業を受けることができます。先生を決めるには、授業でやりたいことやその目的、そして時間割表で空いてる時間をスタッフに申し出ます。すると、スタッフがアレンジメントをしてくれて、先生を選んでくれるというシステムです。なので、指名制ではありません。ただし、こちらの条件と先生のが合致していれば、指名できなくもないかと。どの先生もお忙しそうなので、指名が100%叶うというわけではありません。 ・授業の進め方は? こちらの目的次第です。テスト、予習・復習の有無も同様。授業数、受講目的によってはテストが実施される可能性もあります。私は中国語の本や新聞読解を目的としていたのでテストはありませんでしたが、その代わりに予習は大変でした笑 わたしの中国語レベルは、スピーキングに遠く及ばなかったので。授業自体は、英語と中国語で行われました。重要な単語、文法については英語で解説、中国語になれて来たら、意味の言い換え、内容の要約はこちらが中国語で説明し先生がコメントする、という形でした。 ・先生による違いは? 事前に渡すもの、教え方などなど先生によってだいぶ異なります。最初私をみてくれた先生は、英語と中国語を交えて台湾文化の説明をしてくれました。一方、後半の先生は、(私の習熟度があがってきたからか)授業は全て中国語で早口でした。笑 このように先生によって違いはありますが、学ぼうとする意思さえあれば基本的にみな優しいです。 ・授業料について 総合コメントで言い忘れてたことがあります。奨学金班、小班、個人班のどれも授業料は均一ではありません。特に奨学金受給者は注意してください。小班よりも多少高額であるにもかかわらず、ホームページに掲載されていませんでした。必ず、問い合わせをして確認したほうがいいです。クラスメートの外国人たちはこれについては相当不満気でした。

    この口コミは参考になりましたか? URL

  • duoduo
    日本
    5人が「参考になった」と評価
    総合コメント4.5
    元在校生(通学期間:2014年9月~2015年1月)2016/01/21
    台湾政府の奨学金を得て語学留学をしていました。項目ごとにまとめてみます。 ・成功大学華語中心を選んだ理由 日本人が多くない環境で学びたかった、というのが一番です。物価は安く、文化資源も豊富。 ・クラスと雰囲気 奨学金受給者が入るクラスは二通りあります。通常のクラス(プレイスメントテストあり)か奨学金クラスです。私は英語でスタッフとやりとりしていたため、後者のクラスでした。このクラスは正規留学の下準備で入学してる方が多いので、多国籍かつ日本人に親しみのない国の出身者が多かったです。でも、和気あいあいとして楽しかったです。毎日笑ってました。 前者のクラスに入った友人もいましたが、レベルが合わず苦しんだようです。通常クラスは、小班と個人班に分かれています。初心者は小班を勧められるようです。 ・授業について 奨学金クラスと通常クラスで授業形態が異なります。奨学金クラス4,5時間/日で週5日。合計195時間で、リスニング、ライティング、リーディング、スピーキングが含まれています。ひとりの先生がすべての科目を担当していました。テンションが高い先生だったので、好みが分かれるかもしれません。私は大好きでした笑 通常クラスは短めで、3時間/日で週5日。選択必修授業あり。確か、2、3科目分は授業料込み。台湾語、時事中国語のほか太極拳、書道など文化科目も充実してます。 進度としては、奨学金クラスは小班にくらべて進むのが早い。ただし、中国語は漢字なので意味を推測できるし、学習自体は困りませんでした。漢字文化圏外のひとたちは大変で、いつも意味を教えてました。 ・語学センターの対応 悪くはないです。良くも悪くもおおらかだけど。ただ、日本語できるスタッフがほぼゼロです。英語に堪能なスタッフはいます。そして常駐している日本人ボランティアもいません。英語か中国語でコミュニケーションをとります。外国語できないと最初はきついかも。一応、近隣で語学カフェを経営している日本人がいるので、連絡を取れば助けてもらえます。 ・最後に 海外での生活は、日本とは全くちがいます。何か不都合があったら、センターの人と必ずコミュニケーションをとる努力は忘れないでください。伝えようとすれば必ずきいてくれます。あ、あと台南は特にのんびりしてるので、神経質になりすぎないように。 ※生活については「台南市」の口コミをご参考に!
    ハロウィーンお姉さん
    語学センター前成功湖

    この口コミは参考になりましたか? URL

口コミを投稿する

  1. 1投稿先を選択
  2. 2関係性を選択
  3. 3口コミを書く
どの学校について口コミを書きますか?
留学エージェントの口コミを書く国・州・都市の口コミを書く
「いま在学している」「以前に留学した」など、あなたのよく知っている学校を選んでください

国立成功大学に対して...

口コミを投稿する
または

国立成功大学に対して...

質問を投稿する