mokumokuさんのアイコンです

mokumoku

  • 性別非公開

投稿記録

口コミ
8件
標準点
4.48点
回答
0件
ベストアンサー
0件
質問
4件
写真
0枚

基本情報

留学タイプ
語学留学
正規留学
経験した滞在
Homestay
Dormitory
Shared house
etc
ビザの種類
Student
Tourist
手続きした方法
エージェントを利用
全て自分で手続き
留学前の語学力
Elementary
留学前の職業
Student

口コミ

  • スペインへの投稿
    mokumoku
    Japan
    0人が「参考になった」と評価
    Security3.5
    Stayed there(1999/7~2000/12)Nov 14, 2014
    どこの外国に行くにしても,日本に比べると危機感を持って生活していたほうがいいと思いますが,スペインに関しては,凶悪事件はそんなにない気がします。かわりに,強盗とかスリとかは十分気をつけた方がいいです。 マドリッドだと,やはり観光目当ての外国人が多いので,それを狙ったスリなどはどうしても多いです。乞食も多いですが,小銭がいくらあっても足りないし,そのために財布を出し入れしてたら,その隙にすられそうなので,私は出しません。あと,一度驚いたのが,日本語で(多分日本人の)おじさんが「強盗に荷物全部取られて一文無しなので,少しでいいからお金を分けてほしい」と言われたことです。たまたま姉と一緒にいたのですが,気の毒に思って3,000円程度の現金を渡しました。警察に行ったかとか,日本大使館に行った方がいいとかいろいろ言いましたが,口よどんでいた気が…。いま考えると怪しいので,そういう方法で稼ぐ人もいるのかもしれません。たしかに,働くよりラクだしね。。 地方では,通りとかブロックによって治安に差があるので,どの辺が危ないとかは現地のことに詳しい人からよく聞いたほうがいいと思います。詳しくなってきてからも,油断はしないこと。夜道の一人歩きは男性でもおススメしません。財布にいくら入ってるとか知らなくても,強盗は殴りかかってきますから。盗られたお金が少なかったとしても殴られ損ですよ。

    この口コミは参考になりましたか? URL

  • スペインへの投稿
    mokumoku
    Japan
    0人が「参考になった」と評価
    National character5.0
    Stayed there(1999/7~2000/12)Nov 14, 2014
    私たちの今知るスペインは,他のヨーロッパ諸国と同じく,元は異なる王国の寄せ集めです。そのせいなのか,または広大な国土がもたらす様々な自然環境のためなのか,各地方によって国民性が異なるというのが私の印象です。そういうバリエーション豊かな国ではありますが,ステレオタイプ的なスペイン人は「命がけ/本気で遊ぶ」という気がします。日本でも有名な闘牛や牛追い祭り,バレンシアのファリャ,とにかく普通なら「危ない!」と思うことを,危険を承知で(命がけで)とことん楽しむ感覚が,スペイン人の血には流れている気がします。他国からは「野蛮だ」といって非難されることも多いですが,それが国民性なら仕方ないのでは。私はその文化を尊重したいし,尊敬してます。もちろん,遊んでばかりというわけではないです。働き者のスペイン人は多いですし(日本人は働き者とはいうけど,そういうのは国ではなく個人の差が大きいので),働くのは適度に,遊ぶのは過激に,という感じです(笑 各地のイメージですが,緑豊かな北部,地中海性気候の東部,寒暖差の激しい内陸部,暑さ厳しい南部,というのがほんとにざっくりとした捉え方です。それぞれ名物料理というのがあるので,留学でなくてもスペインを訪れる際には各地を回ることをおススメしたいです。 それと,スペイン留学で語学を勉強するなら,各地の方言にも気をつけてください。あと,バスク語は文法から何からスペイン語とは異なる言語ですが(一説によると日本語に似てるとか・・・),興味があれば調べてみると面白いかもしれません。

    この口コミは参考になりましたか? URL

  • サラマンカ大学への投稿
    mokumoku
    Japan
    0人が「参考になった」と評価
    Atmosphere5.0
    Former student(2000/6~2000/9)Nov 10, 2014
    Cursos Internationalesに在籍しました。語学コースですが、やはりスペインで本場のスペイン語を学ぶなら、さらに本場のカスティリャ語を学ばなければ!と思って学校を探したところ、サラマンカ大学の歴史(1218年に創立された。日本だと鎌倉時代、承久の乱とかの頃。)やその建物のすばらしさに目を奪われて、入学を決めました。 サラマンカに行ってみるとその印象は間違いなく、本当に町中歩いても息をのむ美しさの建物ばかりのその中でも、サラマンカ大学は素晴らしいものでした。Cursos InternationalesがあるPatio Menorは、女性的な、控えめな美しさがあり、ガラスの表示や事務室の看板が無ければ、いまにも中世のドレスをまとったどこかの貴族出身の学生が、ドアを開けて分厚い教科書を抱えて出てきそうな…。 それから、さらに素晴らしいのがサラマンカ大学の図書館です。分厚い木製のドア、高さ3mはあろうかという巨大なものですが、それにくぐり戸が設けてあります。重厚な彫刻もいつの時代のものでしょうか。そんな入口に圧倒されながら中に入ると、ガラス張りの入口になっていて、中は近代的なつくりです。試験期間中は学生であふれていて、私のような外国人留学生が入る余地はないのですが、すいている時期にはときどき顔を出していました。 Cursos Internationalesが開講されている建物は新しく建てたもののようで、中も清潔で気持ちのいいところです。伝統的なものと新しいものがうまく混在して、やはりこういうのは歴史のある土地じゃないと体験できないので、とても貴重な留学生活になりました。

    この口コミは参考になりましたか? URL

  • トーランスへの投稿
    mokumoku
    Japan
    0人が「参考になった」と評価
    Shopping4.0
    Stayed there(2002/9~2004/6)Nov 10, 2014
    日系企業が多く、日本人コミュニティがあるので和食レストランは多いほうだと思います。私が滞在していたのはもう10年以上前になってしまい、入れ替わりはあっているでしょうが、気軽なラーメンからちょっとあらたまった席として使えるところまで、いろんなバラエティがあって時々行っていました。九州出身の自分としては、とんこつラーメンが食べられたのは嬉しかったです。 買い物は、私の家から近いという理由で、もっぱらTARGETでほぼすべて済ませていました。廉価なものを求めるならWalmartとかがあるのでしょうが、あの雑然とした雰囲気があまり好きではなく…。TARGETも、すごくいい店とは言いませんが陳列などは見やすいし、大抵のものは揃うので通っていました。和食が食べたくなったら、TARGETにも醤油くらいは売っています。でもいろいろ買い込むときは、やはりMitsuwaまで行っていました。Mitsuwaではやっぱり日本のものをそのまま売っているので、割高ではありますがなんでも揃います。

    この口コミは参考になりましたか? URL

  • ISLA・サラマンカへの投稿
    mokumoku
    Japan
    0人が「参考になった」と評価
    Overall Comments5.0
    Former student(2000/7~2000/9)Nov 10, 2014
    サラマンカ大学のインターナショナルコース(Cursos Internationales)を3ヶ月終わって,その後つづけてDELEのための勉強ができる学校,ということで探しました。集中コース(cursos intensivos)でDELE対策ができるということで,一度見学に行ってみると,日本人が割合少なかったこと,また,課外活動がたくさんあっておもしろそうだったことから,ここに決めました。 私がいた当時の先生方は,個性的な方揃いで,かなり教え方が上手で,優しくかつ丁寧に文法上の注意点や間違いを教えてくれたので,わかりやすかったです。友人がいたコースの先生はとても面白い女性で,ぶっちゃけトークとかもあってすごく楽しそうでした。 課外活動では,みんなで同じビル内のバルで飲みまくったり,スポーツをしたりが多かったですが,私が当時一番興味深かったのは,映画好きな先生が放課後やってくれる「映画ナイト」で,映画製作の背景や監督の特徴などの説明のあとに実際の映画を鑑賞する週一イベントでした。スペイン語の映画を英語の字幕つきで観るのですが,事前説明で大まかなストーリーを頭に入れてから観ているので,スペイン語での理解が40~50%でも何とかなりました。 もしまたスペインに行けたら,顔を出すだけでも行きたいなぁと思えるような家族的な雰囲気のある学校でした。

    この口コミは参考になりましたか? URL

全ての口コミをみる(8件)

質問・相談

  • 投稿した質問・相談はまだありません

回答

  • mokumoku
    高校時代に,親のつてを頼ってオーストラリアに留学して高校卒業し,その後スペインに1年ちょっと語学留学しました。オーストラリアはとても歴史が浅いので,活気があって楽しかったし,スペインとその他ヨーロッパ各国も「旧世界」ということで世界の歴史の原点を感じることができました。しかし,やはり現在の世界の中心は「新世界」たるアメリカだろう,ということで,将来的になんになるにせよ,新世界は見ておかなければならないという気がしたからです。
  • mokumoku
    ベイエリア全体がそうなのですが,バークレーのキャンパス周辺もハウジングがかなり高いです。他州の学生向けアパートなどに比べると,相当差があるのではないでしょうか。そこだけでも,予算的に厳しいと進学を迷うレベルです。
    それと,キャンパス自体も古い建物が多いです。ここは公立校の悲しさというか,卒業生などからの寄付もある程度はあるのでしょうが,例えば(バークレーでは目の敵にされている,近郊の)スタンフォード大学と比べると,その差は歴然としていると思います。
    治安は,バークレー自体はそんなに悪くないと思います。もちろん,夜中に1人でぶらついていたり,他の土地でも明らかに危ないと思えるようなことをしていれば,事件に巻き込まれることもあるでしょう。ただ,隣接するオークランドはけっこう治安が悪いので,出かけるときは注意してください。私の知り合いでもオークランドで銃撃戦に巻き込まれて怖い思いをした人もいましたし,その子はアメリカ人でしたが,もし私たちのような日本人留学生だったら,金銭目当ての強盗や暴行など,さらにリスクが高まる可能性があると思うので。
  • mokumoku
    誰もが言うことだと思いますが,バークレーという土地がすべてにおいて「自由」です。アメリカという自由の国なので,当たり前かもしれませんが,その中でもリベラルなカリフォルニア州の,さらにその中でも特別に自由。そして「反体制・反権力」(笑)。そんな土地柄を色濃く反映した教授陣と講義内容ですので,夏休みの短期授業だけでも,かなりの衝撃を受けるのではないでしょうか。
    ちなみに,キャンパスも山の斜面に沿って広大な敷地を有しており,時間のあるときには自分のお気に入りの芝生や木陰に寝転んでテキストを読んだり,裏山(Fire Trail)を走ったり,キャンパス周辺に星の数ほどあるカフェでお茶したりと,すごく素敵なところです。木陰に居るときは,リスにお菓子取られないように気をつけてください。
  • mokumoku
    簡潔に言えば,周りの勧めです。
    高校からオーストラリア留学しており,その後大学はアメリカで行こうと決めました(日本の大学には入る自信もなかったし,魅力も感じなかった)が,授業料節約のために南カリフォルニアの2年制大学で一般教養を修了し,4年制大学への編入資格を取ることにしました。その2年制大学で修めた成績の中で進学が望める最高の大学がバークレーだったので,ダメもとで応募したのです。同時に応募したUCLAには,2年制大学卒業後すぐの秋から入学許可がおりたのですが,バークレーは定員の関係で次の春からという条件付での入学許可でした。少し迷いましたが,もちろん学部によるものの,UCLAよりCalバークレーのほうが大学全体としてのレベルが高いという評価だったため,今の自分にはわからなくても,将来きっと役立つときが来ると信じて,バークレーへの入学を決めました。(正直,日本の人に聞くと,スポーツなどでよく名前を聞くからなのか,UCLAは知ってるけどバークレーは知らないという人が同年代や若い人では多くいました。でも,大人の人,特に大学,大学院,仕事を通じて欧米の教育のことを知っている人は,バークレーに通ったことをとても祝福してくれました。)

写真

  • 投稿した写真はまだありません。