回答5件

  • honeybee
    上記いずれの大学も存じあげないのですが、都会と田舎どちらが良いかと言えば人それぞれだと思うのですが、都会田舎どれぞれ良いところがあります。

    都会だと確かに公共交通機関があれば、車を買わなくても色んなところへ行けるでしょう。ただ家賃や生活費が高くなるかと思います。

    田舎は車がいる可能性が高いです。私はオハイオのコロンバス(小さな都会)におりましたが、車がないとどこへも行けませんでした。でも車を持てばどこへでも行けたので、中古の安い車でしたが買ってよかったなと思いました。妹がニューヨークに留学してましたが、彼女と比べれば生活費はかなり安かったです。

    私個人としては、田舎の都会くらいの規模の街がいいかなと思います。もし留学までに経済的余裕と時間があれば実際に行って見てみるほうが良いかもしれません。ウェブサイトや留学本では街の雰囲気等がなかなかつかめません。
  • honeybee
    ◆留学生活の中で一番印象に残っているエピソード
    一番というのは難しいですが、オハイオは降雪量が多く、冬場は毎朝車に積もった10センチほどの雪を取り除いて通学しなければならなかったです。にも関わらず誰もスノータイヤを付けずに運転していることに驚きました。日本ではペーパードライバーだった自分が、アメリカで毎日運転するようになりました。

    ◆卒業後に留学して良かったと思えたエピソード
    私はホスピタリティ専攻で、コミカレの最後の学期に職業体験(インターン)をし単位をもらわなければなりませんでした。3ヶ月勤務する場所は自分で探さなければならず、コロンバスにあった日系の旅行代理店に飛び込みで「お給料はいりません。どんなことでもさせて頂きますのでインターンをさせて頂けませんか?」と履歴書を持って行きました。社長さんが快く受け入れてくださり、インターンもそろそろ終了という時に、「卒業後良かったらうちで働く?」とジョブオファーを頂きその会社に就職しました。その会社で1年勤務した後、念願の航空会社に転職することができました。

    ◆今振り返ってもまた同じ学校に留学したいと思うか、仲の良い友人にお勧めできるか
    環境が良かったのでお勧めです。ただし冬の寒さは厳しいです。学校には日本人は少なく、クラスでも日本人はひとりでした。留学生のグループでパーティーやイベントをしたり、楽しかったです。留学生センターのスタッフもよく助けてくれました。
  • honeybee
    ◆入学前に他校との比較・検討について、比較をしたポイントなど
    日本人が少ない学校、学費が高過ぎないところ、ロケーション、もし4大に編入する場合単位を移行できるか、そして現地での評判です。特に最後の現地での評判は確認した方がいいと思います。

    ◆留学について家族の反応や説得
    両親は好きなことをすればいいと留学には反対しませんでしたが、アメリカが銃社会や人種差別等悪いイメージに思えたようで少し心配はしていました。でも実際オハイオはとてもゆったりとしていて安全でした。留学してから知ったのですが私の通ったコミカレはコロンバスにあり、コロンバスは実は自動車メーカーのHONDAの工場があり日本人がたくさんいたのです。両親も私の充実ぶりをSkypeで話す中で理解し、安心していました。

    ◆一ヶ月(一週間)単位でのかかった実際の生活費や日本との比較
    ざっくりですが、家賃はワンベッドルーム(リビング、バスルーム付)$550。インターネットに$60、携帯代$70、水道代$20、電気代$30、ガス代(冬場は寒いのでヒーター使用のため)$100、ガソリン代:$100、食費$300。生活費計:
    $1230

    ◆想定外にかかった留学費用、節約ポイント
    車で通学しなければならなかったので自動車保険代とガソリン代がかかりました。若い人は特に、州によって違うと思いますが、保険代がかなり高くなることも。その為学校のロケーションと公共交通機関が使えるかは大変大事なポイントです。それからアメリカに留学される場合、なるべく病気をしないようにした方がいいです。医療費が高いので。風邪くらいなら市販の薬が結構強いのでそれで治せます。
  • honeybee
    ◆学校の入学のために行われた具体的な準備やスケジュール
    まずは学校選びに苦労しました。主人がオハイオ州出身だった為オハイオ州の大学を探すことに。4年制大学に行くほど予算はなく、また私がやりたかったことは特に4年制大学に行く必要はなかったので、コミカレに行くことに決めました。願書を出す前にできれば一度渡航し、実際に学校を見た方がいいと思います。環境はとても大事です。車がいるか、公共交通機関で通えるか、住居はどの辺りがいいかなど。コミカレは寮などがないため、自分で住居を探す必要があります。大学の留学生センターが住居を探してくれる援助をしてくれる場合もありますが、もしその土地に知っている人がいるなら、その人に直接聞いた方がいいです。
    学校選びと同時進行で、TOEFLのスコアが必要だったのでそれに向けて勉強しました。私の通ったコミカレはクォーター制(4学期制)で、秋学期にスタートしたかったのですが、秋学期の願書の締め切りまでにTOEFLの規定点が取れず、少し過ぎてからやっと規定点を取れ仕方なく冬学期スタートで申し込んだところ、学校の留学生センターより、もし学生ビザの手続きを早急にできるのなら秋学期スタートでも構わないと言われたので、急いで学生ビザの手続きをし何と秋学期からスタートさせてもらえました。
    留学斡旋業者を使うのは絶対やめた方がいいです。大金を支払って学生ビザの援助等してくれるようですが、自分で簡単にできます。留学した人たちがどうやってビザを取得したか、ネットで調べることもできます。友人が留学斡旋業者に頼んで色々とやってもらっていましたが、留学後すぐその斡旋業者が倒産し受けられるはずのサポートを断ち切られていました。節約にもなりますし、現地では色んなことを自分一人で解決しなければなりませんので、ビザくらいは自分で取得することをお勧めします。
  • honeybee
    私はまずは学校選びに苦労しました。夫(当時はまだ結婚していなかった)がオハイオ州出身だった為オハイオ州の大学を探すことに。4年制大学に行くほど予算はなく、また私がやりたかったことは特に4年制大学に行く必要はなかったので、コミカレに行くことに決めました。願書を出す前にできれば一度渡航し、実際に学校を見た方がいいと思います。環境はとても大事です。車がいるか、公共交通機関で通えるか、住居はどの辺りがいいかなど。コミカレは寮などがないため、自分で住居を探す必要があります。大学の留学生センターが住居を探してくれる援助をしてくれる場合もありますが、もしその土地に知っている人がいるなら、その人に直接聞いた方がいいです。
    学校選びと同時進行で、TOEFLのスコアが必要だったのでそれに向けて勉強しました。私の通ったコミカレはクォーター制(4学期制)で、秋学期にスタートしたかったのですが、秋学期の願書の締め切りまでにTOEFLの規定点が取れず、少し過ぎてからやっと規定点を取れ仕方なく冬学期スタートで申し込んだところ、学校の留学生センターより、もし学生ビザの手続きを早急にできるのなら秋学期スタートでも構わないと言われたので、急いで学生ビザの手続きをし何と秋学期からスタートさせてもらえました。
    留学斡旋業者を使うのは絶対やめた方がいいです。大金を支払って学生ビザの援助等してくれるようですが、自分で簡単にできます。留学した人たちがどうやってビザを取得したか、ネットで調べることもできます。友人が留学斡旋業者に頼んで色々とやってもらっていましたが、留学後すぐその斡旋業者が倒産し受けられるはずのサポートを断ち切られていました。節約にもなりますし、現地では色んなことを自分一人で解決しなければなりませんので、ビザくらいは自分で取得することをお勧めします。