口コミ4件

  • ユタ・バレー大学への投稿
    Sean
    Japan
    3人が「参考になった」と評価
    International, Japanese Ratio4.0
    Current student(2012/8~2017/4)Jan 20, 2016
    ユタ州の中では日本人が多い学校だと思います。一番多いかもしれません。語学のプログラム(ESL)にいる生徒もいれると現在は40人くらいいるそうです。日本周辺国を比べると韓国人が一番多くて、次に中国人、その次に日本人という感じだと思います。他はモンゴル人、メキシコ人、ロシア人、カナダ人など各国から生徒が来ています。ちなみにサウジアラビア人もたくさんいます。クラスの割合はメジャーにもよると思いますが、30人くらいのクラスだったらアジア人が0から1人、黒人も0から1人、ラテン人が2,3人、その他が白人という感じです。ESLのクラスにはサウジアラビア人、メキシコ人、韓国人、中国人が多いです。クラスによっては日本人が自分以外に誰もいない時もあれば、4人くらいいる時もあります。クラスに日本人がいなくても、日本人をよくキャンパスで見かけます。これはどこに行っても同じですが、人によっては日本人同士でかたまってしまってあまり英語力が伸びてない人もいるようです。また、国外から来た生徒をサポートするインターナショナルオフィスにも日本人が働いています。だから日本から来たばかりで英語が話せなくても最初の手続きなど問題なく行え、その点では安心かもしれません。

    この口コミは参考になりましたか? URL

  • ユタ州への投稿
    Sean
    Japan
    3人が「参考になった」と評価
    National character4.0
    Staying now(2012/8~)Jan 6, 2016
    ユタ州には他の州とはちょっと違った文化があります。ユタ州にはモルモンと呼ばれているキリスト教の本拠地があり、このキリスト教を信仰している人が多いためモルモンの習慣や文化が州全体に反映している感じです。もちろん、モルモンじゃない人たちも沢山いますが、例えばユタ州では20歳前半で結婚するのは普通ですし学生結婚も普通です。そして、出産率はアメリカ国内で一位で子供の人数が6人とかわりと普通です。また、日曜日は家族で教会に行って、基本的に仕事をしないという習慣があるので日曜日は沢山のお店は閉まっています。バスも日曜日は休みです。良い点はユタ州は他の州より大分安全だということです。(それでも女性が夜遅くに一人で歩くのは危険らしく、もしも一人で夜遅くに歩かなければいけなくなったら誰かに電話しながら歩くそうです。)また、もちろん人によりますが、親切な人が多く、道で知らない相手にも挨拶をしてくるフレンドリーな人も多いと思います。宗教色が強いのとちょっと変わった習慣があるため人によってはユタ州は合わないかもしれませんが、安全性を重視するならユタ州はお勧めです。カリフォルニア州出身で現在ユタ州に住んでる友達がユタの話をカリフォルニアの友達にすると「ユタはモルモンばっかりでやだ」と言われるらしいですが、それに対して彼は「じゃぁギャングばっかりのほうがいいの?」と返すらしいです(笑)。

    この口コミは参考になりましたか? URL

  • プロボへの投稿
    Sean
    Japan
    2人が「参考になった」と評価
    Prices5.0
    Staying now(2012/8~)Jan 4, 2016
    ユタ州は田舎ですので基本的に物価が他の都市に比べて安いです。いくつかの大学や短大があるプロボ市やオレム市にはたくさん学生用アパートがありまして、ルームシェアだと月に300ドルいかない値段で、プライベートルームでも安いものだと300ドルくらいで部屋を借りれます。夏のセメスターの間は更に安くて月100ドルくらいで借りれる部屋も沢山あります。家族用アパートでも安いものだと月600ドルくらいで借りれます。食品なども安いです。沢山スーパーがあるのでいつもいろんなところで野菜や肉などの特売があります。安いところだと牛乳を1ガロン2ドルで買えます。卵も安い時期は1ダース1.20ドルくらいで買えます。ユタ州は車社会ですが車も安く買えます。アメリカ国外から来た留学生は車を持ってない人も多いですが、中古でまだまだ走る車を安く買えます。中古品を売るったり買ったりする地元のウェブサイトがいくつかあって、よくそのようなサイトを通して車や家具、電化製品などを安く買ったり売ったりしてます。知らない人から買うので車など少し高い買い物をするときは車に詳しいアメリカ人と一緒に車の性能をチェックしたり交渉してもらったりすることをお勧めします。

    この口コミは参考になりましたか? URL

  • セルネート・インターナショナル・スクールへの投稿
    Sean
    Japan
    3人が「参考になった」と評価
    Curriculum5.0
    Former student(2007/7~2007/8)Jan 4, 2016
    セルネートインターナショナルスクールはアメリカのユタ州プロボ市にある語学学校です。当時は私は高校生で2ヶ月ほどセルネートで英語を勉強しました。今は少しシステムが変わっていると思いますが、当時は最初学校についたらレベル分けテストを受けました。コンピューターで受けるテストとインタビューがあったと思います。私の当時の英語力はほぼゼロで、今考えるとどうやって先生やクラスメートとコミュニケーションをとっていたかわかりませんが先生がとても親切で片言の英語でも忍耐して聞いてくれたり、ゆっくり話してくれたのでクラス内でやっていけたんだと思います。カリキュラムはリーディング、ライティング、グラマー、リスニング&スピーキングという感じに分かれてたと思います。数週間に一度テストがあって先生とのインタビューのテストは散々でした。笑 でも小さい学校の小さいクラスで英語を勉強できたのでクラスを教えてる先生たちと友達になりやすかったし、学長ともよく知り合えました。クラスメートはいろんな国から来ていて、いろんな文化を少しずつ知れたことも良い経験になりました。セルネートは短期留学で各国からの生徒を良く受け入れていてホームステイの手配などもやっています。もちろん大学に入りたい学生の支援もしています。短期留学を経験してみたい人にはとくにこの学校をお勧めします。

    この口コミは参考になりましたか? URL