口コミ5件

  • フローニンゲンへの投稿
    kimsona5624
    Japan
    2人が「参考になった」と評価
    Climate2.0
    Staying now(2015/9~2018/6)Jan 31, 2016
    私も到着するまで全く知らなかったのですが、オランダは天気が悪いことで有名です。4月から8月末ごろまでは天気のいい日も時たまあり、基本的には暖かいです。ですが9月ごろからだんだん曇り空や雨が急に降ってやんだりというような天気の繰り返しということが多いです。日本も雨の多い国ですが日本の雨の降り方(晴れの日は晴れ、雨の日は雨というような)と違ってオランダの天気はいつ雨が降るのかあまりはっきりしていません。朝はに時間は晴れていたのに、そのあとから曇りだして最終的には雨も降ってきたなんてことは日常茶飯事です。折り畳み傘の携帯もしくはフード付きのコート、ジャケットが必須になります。自転車で移動している人も多いので、雨の日でも切れるようなジャケットを一人1枚持っているという状況です。 フローニンゲンは海に近いこともあり、風の強い日が多いです。注意報や警報が出ることも珍しくありません。ですが、海の暖流のおかげで冬はフローニンゲンはオランダの北に位置するにもかかわらず他の南側の地域より暖かかったりします。冬には零度以下になることもあり、そんな中、自転車を乗るのも大変ですが、すごく寒い期間はごくわずでそれ以外は5度前後を行き来するような気候です。ですが、こうだと一概に言えないのがオランダの気候でその年によって冬の寒さや、夏の暖かさ、天気のよさも変わるそうです。 天気は良くないですがオランダそしてフローニンゲンはとてもいいところなのでぜひ皆さん訪れてください。

    この口コミは参考になりましたか? URL

  • フローニンゲンへの投稿
    kimsona5624
    Japan
    2人が「参考になった」と評価
    Shopping3.0
    Staying now(2015/9~2018/6)Jan 31, 2016
    フローニンゲンの物価はアムステルダムやその他の大都市と比べると割と安いほうです。 日本と比べるとものによって違いはありますが大体物価は変わらないと思います。 加工されていない食糧、つまり、野菜、フルーツ、チーズなどの食材は日本よりも安く手に入ると思います。スーパーで買うよりも、火、金、土曜日に町の中心部で開催されるマーケットで買い求めることをお勧めします。かなり安く新鮮なものが手に入ります。オランダはチーズが有名なのですがマーケットで買うチーズとスーパーで買うチーズはかなり味が違います。是非マーケットまで足を運んでみてください。 ですが、外食やサンドイッチなどの加工されたものについては話は違ってきます。こういう食べ物は日本と比べるととても高いです。なので、学生は皆自炊をしています。外で食べても最低5ユーロしてしまいます。毎食外で食べることは難しいので学生のほとんどが自分でサンドイッチなどを作ってお弁当にしたり自炊して夜ご飯を作ったりしています。 シャンプー、洗濯洗剤などの日用品についてですが、全体的に日本よりもかなり値段は高額になっていると思います。ですがセール品などを狙って安く収めることもできます。ドラッグストア、もしくはスーパーでも購入可能です。 最後に服など全般的なショッピングに関してですが、日本とは並んでいるお店もかなり違ってきます。海外のファストファッションブランドがシティーセンターいはずらりと並んでいます。全般的に消費税が高いせいもあるのか衣類などは高く感じます。日本だとファストファッションは安いというイメージがあるかもしれませんが、オランダでは日本の普通の服やさんで服を買うのと変わらない値段でファストファッションで服を買うことになると思います。

    この口コミは参考になりましたか? URL

  • フローニンゲンへの投稿
    kimsona5624
    Japan
    3人が「参考になった」と評価
    Traffic4.5
    Staying now(2015/9~2018/6)Jan 31, 2016
    オランダは皆さんがご存知の通り字電車が主な交通手段です。私の住む町フローニンゲンも例外ではありません。なので、旅行以外などで一か月以上滞在する場合は自転車をなるべく早く購入することを強くお勧めします。 いろんな口コミでバスなどに詳しく書いてあったので私は自転車の相場やどういう場所で買えばいいのか、などを紹介したいと思います。 自転車社会なだけあって、自転車やさんは町のいたるところで見かけます。ほとんどのショップは中古自転車を扱うものが多いです。新品の自転車となると安いもので1000ユーロもしくはそれ以上することが多いです。なのでほとんどの留学生が中古自転車を買い求めています。私も私の友達も大体50ユーロ前後で自転車を買っています。なのでこれくらいが中古自転車の相場だと思っていろんなお店を回ってみて決めてください。 ですが日本人学生(特に日本人女子学生)にとって問題となることが、オランダの人は皆、高身長のため自転車もそれに合わせてとても大きく、とてもじゃないけれど乗れないような自転車が自転車やさんにはずらりと並んでいます。ですが、たくさんあるうちのどのショップにも少なくとも1から2台は子供用自転車のサイズであまり背の高くない日本人女子学生(150センチ代など)でも乗れるような自転車が置いてあります。そのような自転車はコンディションにもよりますが少し高く売られているという印象を受けました。 ですが、自転車以外の交通手段は徒歩もしくはバスになります。 町中を散策したり、スーパーなどの買い物、通学にも自転車は必須となってくるので。少し高くても自転車を手に入れれば十分元は取れると考えて間違いないです。 自転車購入後はバスや電車の時間を気にすることなく自分の好きな時間に好きなところまで行くことができるのでこの便利さに私はすごく満足しています。 フローニンゲン(きっとオランダ全国)めったなことがない限り毎日、自転車通学、通勤しています。私の住む町フローニンゲンでは今年2016年1月に雪が降り、道が凍ってとてもじゃないけれど自転車を乗れるような状況じゃなくなりました。(ちなみに学校も休校になりました。)その時はさすがにみんな公共交通機関を使っていました。 ぜひ自転車に乗ってフローニンゲンの街を楽しんでください。
    中古自転車やさん
    フローニンゲン大学アカデミービィルディング前
    フローニンゲン中央駅の駐輪場

    この口コミは参考になりましたか? URL

  • フローニンゲン大学への投稿
    kimsona5624
    Japan
    3人が「参考になった」と評価
    Security, Safety4.5
    Current student(2015/9~2018/6)Jan 31, 2016
    フローニンゲンは首都アムステルダムから電車で二時間ほどのところにあります。オランダの中では極めて小規模な都市です。フローニンゲン大学が町の中心にあるので学生都市として知られています。現地学生はもちろん、留学生など学生をたくさん見かけます。そのせいもあり治安は極めていいです。最近ではヨーロッパで移民やテロに関するニュースを見かけますが、フローニンゲンではよく日本やその他の国々で伝えられているニュースのような状況は起こっていないです。住んで半年になりますが大きな事件など耳にしたことは全くありません。自然にあふれているとしなので日中はとてものどかな雰囲気です。夜12時まで図書館が開いていて、そこで遅くまで勉強している学生、夜遅くまで(特に週末の夜)友達と遊んでいる学生などたくさんの人が夜でも町にあふれています。警察も割と夜遅くまで馬に乗って見回りをしています。とてものどかで自然児あふれた安全なところだと思います。 もう一つ忘れてはいけないのは、オランダは皆さんご存知の通り一人一台自転車を持っていて、主な交通手段は自転車です。なので終電、終バスを逃す心配もなく学生たちも大人たちも夜遅くまで楽しんでいることが多いです。私も週末は夜遅くまで友達と遊ぶことが多いですが、一人で家に帰ることを怖いと思ったり危険に感じたりすることは特にありません。自分が自転車に乗っている、そしてすれ違う人のほとんどが自転車に乗っているので、人と人同士が自転車なしですれ違うという状況にめったにならないので、とても安全時感じています。なので、私は夜図書館が閉まるまで勉強していても、夜遅くまで友達と過ごしていてもかなり安心して自転車で行き来しています。 ほとんどの学生の住むアパート、そして学生寮はシティーセンター(パブ、クラブ、ショッピングモールなどのある町の中心部)から自転車で15分以内のところにあります。なので女の子一人でも気軽による自転車で出かけて帰ってくることができます。 よく起きる犯罪というと自転車泥棒くらいしか思いつかないと笑い話にしているくらいです。 とっても安全で学生生活に集中できるおススメの場所です。
    アムステルダムからフローニンゲンまでの地図
    フローニンゲンの街並み

    この口コミは参考になりましたか? URL

  • フローニンゲン大学への投稿
    kimsona5624
    Japan
    5人が「参考になった」と評価
    International, Japanese Ratio3.5
    Current student(2015/9~2018/6)Jan 26, 2016
    フローニンゲン大学はオランダ国内で二番目に古いとても歴史のある大学です。日本の大学とは、東北大学そして大阪大学との提携を結んでいます。なので、主に大阪大学、東北大学の生徒が交換留学で半年から一年滞在することが多いです。私は正規留学生なのですが、日本からの正規留学生にはまだあったことがありません。きっと私だけなのかのかなと勝手に推測しています。また学部にいる日本人の比率はゼロに等しく (私は国際関係学部ですがきっとほかの学部も似たり寄ったりの比率だと思います)、もし同じ学部に一人日本人がいたらかなりラッキーなんじゃないかと思います。同じ学部、同じ学年なんてことは本当にまれなケースだと思います。なので、自然と現地のオランダ人学生、もしくは他の国からの留学生と触れ合う機会が増えます。他国からの留学生はヨーロッパからが半数以上を占めています。アジア、アフリカ、アメリカ大陸からの留学生はかなりの限られています。なので、ヨーロッパじゅうの人と仲良くるチャンスです。イギリスなどの英語圏に留学した場合はアジア、アフリカからの留学生もかなり多くその大陸同士で群れてしまう傾向もあること、そして、ヨーロッパからの留学生が少ないこともあり、ヨーロッパ人と触れ合うということはなかなか体験できないです。(二年ほどイギリスにも留学していたのでその経験から。)なのでよーろぱ人と触れ合えるという点はかなりのおすすめポイントです。日本人は少ないですが今年の九月から同じ都市内にあるハンゼ大学への交換留学生も交えて日本人会を結成しました。フローニンゲンへの留学に興味のある人はこちらの日本人会にもぜひ参加してほしいです。Facebookなどを通しての連絡お待ちしております。 日本語を話す機会がなくて物寂しく思っているのでやや満足(3.5/5)という点を付けましたが、日本からの交換留学生でどんどん英語を練習したいという子にはとてもおすすめな場所です。オランダの大学ですがとても国際色豊かなのでみんな英語で基本的に会話しています。もっと多くの日本人がフローニンゲン大学に来てくれればなと思います!!
    アカデミービルディングの前の階段
    ハンゼ大学のロゴ
    アカデミービルディング (メインの校舎)

    この口コミは参考になりましたか? URL