口コミ3件

  • ウエストミンスター大学への投稿
    chirochan
    日本
    0人が「参考になった」と評価
    買い物、飲食3.0
    元在校生(通学期間:1999年4月~2000年3月)2014/12/16
    Harrow寮の最寄り駅Northwick Park周辺には、徒歩圏内にSainsbury'sというスーパーマーケットがあります。郊外なので、規模は大きく、食材が豊富です。 また、隣のHarrow-on-the-hill駅の駅前には、少しお店が並んでおり、銀行や映画館などもありました。 留学初日、午前中に寮に到着、部屋を割り当てられましたが、ベッドシーツ、枕、掛け布団など生活用品を購入する必要がありました。Harrow-on-the-hill駅までは徒歩で20分程で行けます。そこには、お手頃価格の通信販売のお店があり、店頭でカタログを見て、商品を購入することができました。また、食器などもあり、とりあえずの必要最低限の生活必需品は一通りそろえることができました。 Harrow寮には広めの共有キッチンがあり、コンロなどの下の棚を6人でスペースを配分して使用していました。キッチンにあるのは容量が小さい冷蔵庫で、それをさらに6人ですペース配分して使用していたので、最低限の食材を購入し、ストックするようにしていました。 よく食パンを購入して、サンドイッチにして、お弁当代わりに持っていったりしていましたが、安いものは防腐剤などが入っていないためか、賞味期限になるとカビが生えかけていたので、それまでに消費するのがたいへんでした。味はプレミアムなどの高めの食パンはまだマシだったような気もしますが、日本の安い食パンと比べてもかなり落ちます。

    この口コミは参考になりましたか? URL

  • ウエストミンスター大学への投稿
    chirochan
    日本
    0人が「参考になった」と評価
    学生寮4.0
    元在校生(通学期間:1999年4月~2000年3月)2014/11/09
    留学中の1年間、Harrowキャンパスの学生寮に滞在していました。 ウエストミンスター大学の寮はロンドン市内にもいくつかありましたが、Harrow寮は少し郊外に所在していたこともあり、比較的新しく、各部屋にシャワーとトイレがついていました。(市内の寮は共用シャワーや共用トイレでした。) キッチンも広く、4人で1つのキッチンを共用していました。設置されている収納スペースも一人分十分な広さがあり、食器やフライパンなどの調理器具、調味料などをまとめて収納することが可能でした。冷蔵庫は小さめでしたが、近くにSainsbury’sという大きなスーパーがあったので、まとめ買いする必要もなく、特に問題はありませんでした。 コンセントがイギリス仕様で、他国と仕様が異なったため、自国の電化製品を持ってきてそのまま電圧を変換せずに使う留学生がいると、ショートして火災警報が鳴ることがよくありました。停電した場合、時間によっては翌日の朝まで伝記が復帰しなかったため、外の街灯の光で過ごしたこともありましたが、それも今となっては話のネタです。 Harrowは郊外なので、ロンドン市内の校舎に行くためには交通費がかかりましたが、学生定期を購入していたので、休みの日などもロンドン市内に積極的に出て行ったりするなど、活用していました。

    この口コミは参考になりましたか? URL

  • chirochan
    日本
    0人が「参考になった」と評価
    カリキュラム、教材4.5
    元在校生(通学期間:2008年1月~2012年12月)2014/11/09
    私の場合は、通信教育でレスター大学のMBAコースを卒業しました。 必修科目にはレスター大学が編集した教材があり、入学時に他の参考書とともに送られてきました。選択科目も充実しており、目的に従って選択することができました。また、修士論文を作成するガイドブックもあり、論文作成時にはとても参考になりました。 教材の内容はわかりやすくまとまっていました。在籍性には大学の専用サイトを使用するIDやパスワードが与えられ、教授に質問をしたり、配信されている講義を視聴することができました。教授への質問については、休みの期間ではない限り、比較的早く回答をもらうことができたと思います。また、他の人の質問なども自由に閲覧することができ、こちらもたいへん参考になりました。 筆記試験についても、この専用サイトに過去問題と模範解答が掲載されているなど、勉強を進めて行く上でのサポートが充実していました。また、試験1週間前には問題となるケースが掲載されるため、事前に読み込んでおいて試験に臨むことができました。 夏休みには、サマースクールが開催されます。在籍性は参加することができますが、通信教育生の場合、現地の宿泊施設を確保しておく必要があります。その期間中に修士論文の担当教授とアポイントを取り、直接指導を受けることも可能です。 留学したいが仕事を辞められない、などの事情をお持ちの方にはお薦めのコースだと思います。

    この口コミは参考になりましたか? URL