口コミ7件

新規投稿
  • nuhcs
    日本
    2人が「参考になった」と評価
    人種、日本人の割合4.0
    元滞在者(滞在期間:2009年4月~2010年3月)2016/01/29
    ケルンは、ヨーロッパ最大の日本人都市であるデュッセルドルフから電車で20分ほどの近さにあるためか多くの日本人が暮らしている。デュッセルドルフのような日本人街はないが、大きな日本人コミュニティを持つ。その代表が、ヒロシマ・ナガサキ公園(この名前は、平和を願い、原爆が投下された広島市、長崎市から取られている)にある日本文化会館(ヤパーニッシェス・クルトゥーアスインスティチュート)である。この会館は、ドイツにおいて、日本文化の発信や教育に努める機関であり、絵画の展示、映画の上映、日本人の著名人を招いたワークショップ、日本語の学習案内などを行っている。もちろん、日本人の職員が在中しているし、ケルンの多くの日本人が集まる場所であり、もし困ったこと(病院や美容院など、現地人でなければわからないことなど)がある場合に尋ねれば、相談に乗ってくれる人が見つかるかもしれない。私の場合、それほど困った事態にはならなかったので、そうした利用はなかったが、定期的に開催される映画のイベントは度々利用した。しっかししたプログラム(例えば、黒澤特集など)が組まれており、無料で楽しむことができた。留学中はドイツ語しか話さないので、たまには日本語の映画を見たり、日本人と話したくなるもので、いいリフレッシュになる。

    この口コミは参考になりましたか? URL

  • nuhcs
    日本
    2人が「参考になった」と評価
    医療、子育て4.0
    元滞在者(滞在期間:2009年4月~2010年3月)2016/01/19
    今回は、ケルン、というかドイツの医療について実体験に基づいて紹介する。留学生は、滞在ビザを取得するさいに健康保険(日本のような国民健康保険ではなく、個人が入るもの)に入ることが義務付けられているので、一般的な疾患や怪我の治療はその保険によって保証される。もともと、疾患がある人の場合は、日本の健康保険や制度が適用される場合があるとも聞いたことがある(これについて詳しくは、個人で確認して欲しい)。しかし、問題は、健康保険が適用されない疾患や怪我である。私の場合、巻き爪になってしまいケルンで手術する必要があった。巻き爪の手術は、緊急性があるものではないと認定されるので、健康保険の対象外である。まずは、クリニックを見つける必要があるが、私は幸運にもドイツ人の友人にかかりつけのクリニックを紹介してもらった。クリニックに来院し、初回はカウンセリング(症状の確認とこれからの予定の調整)で終わった。そのさいに新たな予約(テルミン)を行った。つぎに、手術を受け、薬を処方してもらった。最後に三回目の来院のさいに術後の経過を見てもらい、巻き爪は完治した。という流れである。費用は、保険が適用されずに総額が90ユーロほどで、日本で通院、手術する場合とさほど変わらず、驚いたのをよく覚えている。ドイツの医療費はそもそも安いのである。なので、保険が適用されない場合であっても、それほどの期間や規模でなければ、アメリカのように医療費がぼったくられるということもないと思われる。

    この口コミは参考になりましたか? URL

  • nuhcs
    日本
    1人が「参考になった」と評価
    気候3.0
    元滞在者(滞在期間:2009年4月~2010年3月)2016/01/19
    今回は、ケルンの気候や天気について紹介したい。ケルンは、ドイツのもっとも西ににあるノルトライン=ヴェストファーレン州に属すが、緯度的にはドイツのちょうど中間に位置する。しかし、緯度は札幌市よりも高く、基本的に寒い。体感では、日本で言う春の気候は、4月の下旬から6月ごろまでつづき、6月になればいくぶんか暑く感じる。7月から9月の上旬までは、夏の気候に属し、室内は半袖でも暑く、蒸す場合も多い。とはいえ、外はカラッとしており、半袖ですごしやすいと思う(ただし、朝や夜は冷え込むことも多く、パーカーなど羽織るものが必須である)。もちろん、猛暑日もあり、冷房を求めてさまようこともしばしばである(エアコン(クリマアンラーゲ)があるところは少ない。一般的な家屋にはなく、大学や書店、デパートなどに備え付けられている。最近では、飲食店にも設置されている)。9月中旬には秋がきてあっという間におわる。それ以降、ふたたび4月までは完全に冬であり、9月の時点で息は白くなってしまう。冬は長く厳しい、とりわけ真冬はつねにマイナスであり、ダウンなどの防寒着やあたたかいインナーが活躍する。それでも、部屋のなかは、建物の密封性・断熱性、暖房(ハイツング)のおかげで、外の寒さがうそのようにあたたかいので、基本的に薄着で過ごすことになる。

    この口コミは参考になりましたか? URL

  • nuhcs
    日本
    2人が「参考になった」と評価
    治安、安全4.5
    元滞在者(滞在期間:2009年4月~2010年3月)2016/01/08
    ドイツは日本と同じく治安がいいが、ケルンは人目が多いこともありとりわけ治安がいいと思われる。わたしが滞在していた一年間において、飲みに行った帰りに夜間に家まで数キロメートル歩いたことが何度もあったが、その際に身の危険を感じたことは一度もなかった。もちろん、白昼路上でひったくりや強盗に遭遇したこともなく、基本的に東京を歩くのと同じ感覚でいられる。最近では、移民や難民によって治安が悪くなったと報道するメディアもある一方で、現地の友人に尋ねたところ目に見えた治安の悪化はないとのことである。しかしながら、東京でもそうであるが、全面的に油断してよいということでは全然ない。例えば、短い夏には外でビールを飲む習慣があるドイツでは乱痴気騒ぎになることも多いし、新年を迎えるお祭りやカーニバルというお祭りでは暴動に近い騒ぎがおきることもある。また、治安がいいと言えるのは街中に限られるのかもしれない。娼婦などが立っている郊外の森の近くは犯罪が起きやすいと聞くし、郊外の駅などは閑散としホームレスなどが寝床としていることもあり不安がないといえば嘘になる。そのため、東京と同じように夜歩きができるからといって、羽目をはずしすぎないことである。

    この口コミは参考になりましたか? URL

  • nuhcs
    日本
    1人が「参考になった」と評価
    遊び4.5
    元滞在者(滞在期間:2009年4月~2010年3月)2016/01/07
    今回紹介するのは、カーニバルである。カーニバルとは、毎年2月の第2週あるいは第3週の木曜日の「ヴァイバーファストナハト」から始まり、次の週の火曜日までつづく市民が仮装して羽目をはずすお祭りである。もともとはキリスト教の「謝肉祭」であるが、いまでは宗教色を脱色した若者たちが大騒ぎをする場合が多い。もちろん、ケルン市や教会が主催する宗教祭に準じた行事(教会でのお祝いや市中のパレードなど)も執り行われる。しかし、基本は仮装しての大騒ぎである。このお祭りのあいだは、連帯的な雰囲気からなかば強制的にアルコールを摂取しつづけなければならず、つねにカーター(二日酔い)にさいなまれる(とりわけ、日本人はお酒に弱い人が多いので注意が必要である)。このように乱痴気騒ぎが続くが、ブラジルのカーニバルのように死人が多く出ることはまれである(ただし、毎年何人かは泥酔やパレードの屋台に轢かれて亡くなる)。とはいえ、アルコールが入りテンションが通常よりも高くなっており、乱闘や軽犯罪が起こりやすくなることも事実であり、参加する場合にはこれにも注意が必要である。仮装はなんでもよいが、日本に所縁があるもの(サムライや力士、ポケモンなど)に扮すると非常に受けがいい。

    この口コミは参考になりましたか? URL

  • nuhcs
    日本
    2人が「参考になった」と評価
    買い物、飲食5.0
    元滞在者(滞在期間:2009年4月~2010年3月)2016/01/07
    今回は、おすすめのカフェを二つ紹介したい。一軒目は、アーヘナー通りにある「サロンシュミッツ」というカフェである。このカフェはとても人気があり、つねに大勢の人で賑わっている。この店の人気の秘密は、内装のインテリアや提供されるコーヒーの味だけにあるのではなく、何と言っても隣接する「メツガライシュミッツ」で購入し、サロンで食べることができるタルトである。前身がおそらく肉屋(メツガライ)であるためか肉を使用したタルトが美味しい、そればかりか野菜やフルーツを使ったものまで幅広い種類が揃えられ、昼食のメインにも、午後のお茶のお供にもピッタリである。お店の前を通るとつい入りたくなってしまうのである。二軒目は、ブリュッセラープラッツにある「ハルマッケンロイター」というカフェである。ここでは、もちろんコーヒーも飲めるが、アルコール類が充実しており、一旦腰を据えてしまえばついつい長居していまう。ここにもオススメのものがある。チリコンカンである。このカフェのチリコンカンは、生クリームとバターが惜しげもなく使われており、ドイツ料理にありがちな単純な味ではなく、深いコクと幾重にも重なった旨味を持つ逸品である。ドロッとしたスープをパンですくって口に運べば、残るのは笑顔だけである。このチリコンカンは是非試していただきたい。

    この口コミは参考になりましたか? URL

  • nuhcs
    日本
    2人が「参考になった」と評価
    買い物、飲食5.0
    元滞在者(滞在期間:2009年4月~2010年3月)2016/01/07
    今回は、クリスマスに開かれるマーケットについて紹介したい。このマーケットは、「ヴァイナハツマルクト」と言われ、早いところではクリスマス(ヴァイナハテン)の約一ヶ月前から開かれる市場である。この市場では、クリスマスに必要なすべてのものが手に入る。例えば、ナッツ類、装飾品、ケーキなどである。それだけでなく、仕事帰りに立ち寄って飲食することもでき、その代表的なものが、グリューヴァインやソーセージである。ドイツ人は寒いなか外で長時間それらを楽しむ。わたしも何度か足を運んだが、友人のドイツ人と6時間ちかくいた際には、しもやけになってしまった。ケルンの冬は寒い(マイナスは当たり前である)ので、防寒対策はしてもしすぎるということはない。「ヴァイナハツマルクト」は、シュトゥットガルトのものが有名であるが、ケルンのマルクトも大きく、複数箇所ある。一番華やかなのは、市の中心にある「ノイマルクト」広場のものか、あるいは、「ドーム(ケルン大聖堂)」広場のものであるが、地元の人が通う穴場は「シュタットガルテン」公園のものである。ここのグリューヴァインには数種類あり、好みのものを選ぶことができるし、じゃがいもにチーズをかけたものもとても美味しい。ただし、飲み過ぎには注意である。

    この口コミは参考になりましたか? URL

口コミを投稿する

  1. 1投稿先を選択
  2. 2関係性を選択
  3. 3口コミを書く
どの学校について口コミを書きますか?
留学エージェントの口コミを書く国・州・都市の口コミを書く
「いま在学している」「以前に留学した」など、あなたのよく知っている学校を選んでください

ケルンに対して...

口コミを投稿する
または

ケルンに対して...

質問を投稿する

留学経験者に個別相談を依頼する

留学経験者に依頼を出して、個別に留学について相談することができます。

留学経験者の紹介の流れ

STEP 1:【無料】相談依頼を出す

STEP 2:【無料】応募者の経験者プロフィールを見てから正式依頼を判断

STEP 3:正式に依頼

正式依頼までは全て無料です!
まずは相談したい経験者が見つかるか無料で確認してみませんか?

必須お名前
必須メールアドレス
必須性別
必須検討している国・学校(複数記入可)
留学先として検討している国や都市、学校があればご記入ください。
必須プラン
エッセイ添削は、文量及び専門性によって価格が異なります。合格エッセイは志望校に合格した際に提出したデータを受け取ります。あくまでも参考用でコピー使用は禁止しております。
必須依頼したいこと
必須相談・依頼内容
経験者が応募するべきか判断する重要な情報になります。依頼したい内容を具体的にご記入ください。

この問い合わせの完了をもって、利用規約 および プライバシーポリシー を読み、内容に同意したものとみなされます。