口コミ・評判25件

新規投稿
  • guest
    オーストリア
    1人が「参考になった」と評価
    学生寮5.0
    元在校生(通学期間:2013年9月~2014年8月)2017/04/18
    It was not that expensive and very close to school and city center. I had to share bathroom, kitchen, toilet with other two roommates but we have own private room also. It was great experience living with people who have different culture and background.

    この口コミは参考になりましたか? URL

  • ajako
    日本
    1人が「参考になった」と評価
    買い物、飲食3.0
    在校生(通学期間:2017年1月~2017年4月)2017/01/30
    ロッテルダムにはいくつかアジアスーパーがあり自炊環境があれば日本と同じような食生活を送ることが出来るが、外食しようとすると高い上にあまり美味しくない。日本にいる時に自炊スキルを高めておくべきだと思う。

    この口コミは参考になりましたか? URL

  • ken0302
    スペイン
    1人が「参考になった」と評価
    課外活動4.5
    在校生(通学期間:2016年9月~2019年6月)2016/10/31
    I've met lots of great people here inRotterdam already. Very multicultural environment, and there are many activities/events for internation students.

    この口コミは参考になりましたか? URL

  • rotterdam_m
    日本
    2人が「参考になった」と評価
    総合コメント4.0
    元在校生(通学期間:2014年9月~2015年8月)2016/08/02
    しっかりしたカリキュラムを提供してくれる大学です。学生の質(特にオランダ人学生)も高いです。大学院の授業はほぼ英語100%、学部も半分以上英語(英語のみで卒業することも可能)なインターナショナルなキャンパスですが、実質ヨーロッパ各国からの学生が主で、アジアからの学生は少なめです。日本人はほぼゼロ、充実した施設と授業をリーズナブルに英語で受けれるのに勿体無いと思います。私はErasmus School of Economics(経済学部)のEconomics and Business学科でMarketing専攻しましたが、マーケティングとはいえ経済学部らしく数値分析と実践を非常に重視しており、私自身にとっては、数回聴講した有名なRSM(経営学部)のMBA/Marketing授業より満足度が高かったです。RSMよりネームバリューは確かに劣りますが、同じキャンパスで教授陣も交流活発で、でもRSMより学費もぐんと安いので、経済学的観点からの実務を身に着けたい方にはおススメです。ロッテルダムは、アムスのような派手さやユトレヒト/ライデンのようなオランダらしさは少ないですが、各都市へのアクセスもよく近代的で、日本人にとっては住みやすい良い街だと思います。

    この口コミは参考になりましたか? URL

  • eriinNL
    日本
    2人が「参考になった」と評価
    設備4.5
    在校生(通学期間:2015年8月~2016年7月)2016/01/27
    エラスムス大学ロッテルダムの設備はかなり充実していると感じる。 キャンパス全体で立て替え工事を行っている最中であり、ほとんどの建物はこの10年以内に建てられたものである。そのため、建物全体が綺麗かつ最新である。 まず、Polak buildingと呼ばれる図書館かつ自習室は2015年の夏に出来たばかりであり、非常にきれいであり、集中しやすい環境となっている。朝の8時から、夜の12時まで開いており、テスト期間以外にもいつも学生で満杯である。 食堂として、Erasmus food plazaがあるが、中には多くの店が構えられ様々な料理が食べられる。他にも、T-buildingの4階やErasmus Pavilionでも食事ができる。オランダは一般的に、食に乏しいと言われているが日本の学食と同じ、もしくは美味しいぐらいのレベルである。 さらに、Erasmus Pavilionには小規模であるがホールがあり、安く映画が見られたり、講演会が開かれたりしている。 授業で使われる教室であるが、インタラクティブな形式をとっているため、一人一人が発言しやすい構造となっている。さらに、電子黒板やプロジェクター完備など、最新鋭の設備を誇っている。 キャンパスはいわゆるヨーロッパの大学とはかけ離れた、近代的な最新鋭の建物が多い。個人の趣向によるが、勉強に大変集中しやすい環境であると感じる。

    この口コミは参考になりましたか? URL

  • nozomi
    日本
    1人が「参考になった」と評価
    総合コメント4.0
    在校生(通学期間:2014年8月~2015年6月)2014/11/17
    *他校と比較したポイント 当然のことながら、留"学"ですから勉強面での条件の比較が最も重要だと思います。具体的な例ですと、 ・カリキュラムについて  本当に学びたい学問があるのか、その学校でなければだめなのか  授業時間数や課題、教授、教材  単位(交換留学であればどのくらい単位交換できるのか等) などがあげられると思いますが、中長期的に海外に住むことになるので、この他にも金銭面や学習環境、居住する上での周辺環境なども比較する重要なポイントでした。 ・金銭面について  授業料、教材費  生活費 (留学する国によって生活費がまるで異なるので、これについても事前に調べておき、月々いくらくらい必要なのかを知っておくといいと思います。北欧に留学した友人は物価について無知だったため、到着してから困っていました) ・学習環境  図書館 (図書館の設備が整っているかは、意外にも重要な点だと留学してから気が付きました。エラスムス大学ロッテルダムは、蔵書が少なく、レポートの参考文献にできるような本があまりなかったため苦労しました。また、参考書などがあったとしても1~2冊なので、取り合いになっている人もいました。) ・周辺環境  治安についてもしっかりと調べ、どの地域なら安全に学生生活が送れるか考えておきました。治安がよくない地域に留学する場合は、なるべく学生寮を利用するなどのリスクマネジメントも必要だと思います。

    この口コミは参考になりましたか? URL

  • nozomi
    日本
    2人が「参考になった」と評価
    総合コメント4.5
    在校生(通学期間:2014年8月~2015年6月)2014/11/17
    *留学生活の中で一番印象に残っているエピソード エラスムス大学ロッテルダムに留学に来て1番最初の授業とその試験が最も印象的でした。日本で在籍している大学で私は商学部に所属し、国際経済学を専攻していたため、留学先で履修したSocial Sciencesの科目やヨーロッパ政治学についての基礎知識がまるでありませんでした。それに加えて、30人ほどいるクラスに有色人種は私1人のみで、留学生の多くはエラスムスプログラムというヨーロッパ域内での交換留学性か、アメリカからの留学生であるため、留学生はもとより、何人かの先生も日本人を見慣れていないのかじろじろ凝視されました。おそらく彼らにとってはなぜ日本人がわざわざオランダに来てまでヨーロッパ政治について学びたいのか不思議だったのだと思いますが、そういった態度や私の知識不足のせいではじめのうちは授業に行くのがつらいと感じていました。しかし、せっかく留学に来て、今まで学ぶことのできなかった分野を英語で勉強することができる絶好のチャンスを無駄にするまいと、必死に食らいついて勉強しました。最初のクラスの試験はtake-home examといったレポート形式だったため、文献と今まで培った国際経済学の知識を駆使して精一杯取り組んだ結果、留学生の中で2番目の成績を納めることができ、今後の自信につながりました。この経験を通して、困難な授業も必死に諦めずに努力することで、アウェイな地にいてもしっかりと自分の力を発揮することができるんだなと実感しました。

    この口コミは参考になりましたか? URL

  • nozomi
    日本
    1人が「参考になった」と評価
    総合コメント4.0
    在校生(通学期間:2014年8月~2015年6月)2014/11/04
    *留学について家族の反応や説得 母親が帰国子女ということもあり、留学について家族は肯定的でした。しかしもちろん安全面の問題や、留学して何を学びたいのか、帰国した後どうしたいのかということは説明する義務があると思ったため、1度きちんと話し合いました。もしも留学について反対されるご家族の方がいらっしゃった場合には、留学の何について反対しているのかを聞き、自分でその問題を解決してから説得してみてください。本当に自分にとって留学が必要不可欠なものであるなら、それくらいのボトルネックは解消できるはずですし、その姿勢を見てご家族も理解をしてくださるはずです。 私の場合は金銭面が問題でした。上記の通り留学そのものには賛成していたのですが、金銭面での協力はあまりできないと言われてしまいました。もともと大学生のうちに1年間の留学を計画していたためこつこつ自分で貯金していたのですが、そう言われてからは本格的に資金計画を練りました。その結果、2年間で最低限必要な額を用意することができました。また、応募要件を満たした奨学金に端から応募した結果、返済不要の毎月給付型の奨学金生として採用されたので非常に助かっています。前年度から様々な目的の留学に適応される「トビタテ!留学JAPAN」という留学支援制度も設立されたので、金銭面がネックになっている方も、せっかくの留学の機会をあきらめないで、ぜひチャレンジしてほしいです。

    この口コミは参考になりましたか? URL

  • nozomi
    日本
    1人が「参考になった」と評価
    総合コメント2.0
    在校生(通学期間:2014年8月~2015年6月)2014/11/04
    *留学までのスケジュール 私は交換留学なので正規入学のスケジュールについてはわかりかねますが、履修登録や後述のレジデンスパーミットなどについてはおそらく共通なので参考までに。 この学校だけなのか、ヨーロッパの大学がどこもそうなのかわかりませんが、何かの通知や変更の知らせが来てから、提出期限までの期間が短すぎることと、提出したのにその返事が遅すぎることに対してはかなり不満です。私は出願当初、経済学部への留学を希望していましたが、出願期限1か月前に語学要件のTOEFLの必要点数が10点も引き上げられてしまい、結果的に学部を変更せざるをえなくなりました。私のようにならないためにも、あらゆることに事前に余裕を持って行動するようにしてください。 まず交換留学の場合、5~6月にエラスムス大学ロッテルダムから正式に合格通知が届きます。(私の場合はメールに添付されたPDFファイルがOfficial Letter of Acceptanceでした。)出願書類を除き、すべての通知や連絡、登録はメールやインターネットを通して行われます。学生寮の場合、その合格通知を送付して、accomodationが確定します。また、履修の仮登録もネット上でこの時期に行われたので事前にシラバスを読んでどの授業をとるか決めておくとこの時期の負担も軽減します。レジデンスパーミットのための必要書類が来てから期限までも5日間しかなかったため非常に焦りましたが、銀行の残高証明書などは発行に時間がかかるのでその旨を伝えたら期限をのばしてくれました。レジデンスパーミットの受け取りも、周りは8月だったのに私はなかなか通知が来なかったため何度も催促のメールを送り、11月にやっと受け取ることができました。 物理的に期限に間に合わないこともあるので、きちんとそれを伝えて期限を変更してもらうことや、必要なものは何度も催促するなど根気がいることが多々ありますが、めげずにがんばってください。

    この口コミは参考になりましたか? URL

  • nozomi
    日本
    1人が「参考になった」と評価
    総合コメント4.5
    在校生(通学期間:2014年8月~2015年6月)2014/11/04
    *事前準備 留学先を知るために、大学のホームページを隅から隅まで読み込み、留学生向けのプログラムはどのようなものであるか、受け入れ体制はどうなのか、どんなキャンパスなのかをよく調べました。履修する授業やおおまかな1年間の流れも決めることで、留学での生活を具体的にイメージすることができました。ホームページではわからないこと(取りたい授業の様子や留学生活の感想、細かい手続きについてなど)の詳細は、とにかくできるだけ多くの先輩を探し、コンタクトをとりました。どの先輩も親身になってくれて、非常に有益なアドバイスをしてくださるので、これから留学を検討される方も、遠慮せずにその大学への留学経験のある先輩に連絡をとってみることをおすすめします。 次に語学面についてですが、留学前に日本の大学で積極的に英語で行われる講義やセミナーに参加することで、英語で勉強することに慣れておくことが重要だと思います。エラスムス大学ロッテルダムに来る留学生の多くはネイティブのように英語を話すので英語ができるのは大前提です。 オランダ語は全く勉強しませんでしたが、国民の95%以上が英語を話すとも言われているほど英語が浸透しているので生活するのに困ることはありません。しかし、せっかく住むので少しはオランダ語ができないともったいない気がして、最近独学でオランダ語をはじめました。渡航前にもし余裕があったら最低限のオランダ語を身につけていく方がいいかもしれません。

    この口コミは参考になりましたか? URL

口コミを投稿する

  1. 1投稿先を選択
  2. 2関係性を選択
  3. 3口コミを書く
どの学校について口コミを書きますか?
留学エージェントの口コミを書く国・州・都市の口コミを書く
「いま在学している」「以前に留学した」など、あなたのよく知っている学校を選んでください

エラスムス大学ロッテルダムに対して...

口コミを投稿する
または

エラスムス大学ロッテルダムに対して...

質問を投稿する

留学経験者に個別相談を依頼する

留学経験者に依頼を出して、個別に留学について相談することができます。

留学経験者の紹介の流れ

STEP 1:【無料】相談依頼を出す

STEP 2:【無料】応募者の経験者プロフィールを見てから正式依頼を判断

STEP 3:正式に依頼

正式依頼までは全て無料です!
まずは相談したい経験者が見つかるか無料で確認してみませんか?

必須お名前
必須メールアドレス
必須性別
必須検討している国・学校(複数記入可)
留学先として検討している国や都市、学校があればご記入ください。
必須プラン
エッセイ添削は、文量及び専門性によって価格が異なります。合格エッセイは志望校に合格した際に提出したデータを受け取ります。あくまでも参考用でコピー使用は禁止しております。
必須依頼したいこと
必須相談・依頼内容
経験者が応募するべきか判断する重要な情報になります。依頼したい内容を具体的にご記入ください。

この問い合わせの完了をもって、利用規約 および プライバシーポリシー を読み、内容に同意したものとみなされます。