口コミ・評判14件

新規投稿
  • guest
    日本
    1人が「参考になった」と評価
    国際色、日本人比率4.0
    元在校生(通学期間:2011年2月~2012年7月)2016/09/24
    日本人の割合は、どうしても多いと思う。 韓国人も同じくらいかそれ以上、どのクラスにもいた。 ただし、同じ国どうしで群れずに、他国の人や中国人(同じキャンパスにいるので)と仲良くすれば、あまり気にしなくてよいと思う。 参考までに私が在籍していたクラスの人種は、 (速成学園 4班) 日本人 4名 韓国人 7名 アメリカ 1名 ノルウェー 1名 フィリピン 1名 カザフスタン 1名 イタリア 1名 フランス 1名 タイ 1名 グリーンランド 1名 他のクラスにはロシア人などもたくさんいた。

    この口コミは参考になりましたか? URL

  • llchina
    日本
    0人が「参考になった」と評価
    物価3.5
    元在校生(通学期間:2013年8月~2013年9月)2016/04/12
    円と人民元のレートによってかなり変わってきます。 私が留学した当時は1元が13円程度でしたので1万円が760元程度になりましたが、 円安のときなどは1元が20円近くになり、1万円が500元くらいにしか替えられません。 金額が大きくなるにつれて、その差が無視できない額になってきます。 年々、物価も上がって行っているので、大学の外に食事に行ったときなど正直高いなと思うときもあります。 タクシーは初乗り13元で日本よりは安いですが、可能な限り地下鉄やバスを使うのがいいと思います。 学生証を持っていれば、観光地や北京動物園などのチケットが学割で買えたり、 レストランの食事が割引になったりするので出かける際は持っていくことをオススメします。

    この口コミは参考になりましたか? URL

  • llchina
    日本
    1人が「参考になった」と評価
    遊び4.5
    元在校生(通学期間:2013年8月~2013年9月)2016/04/12
    語言大学には留学生がたくさんいて、なかでも韓国人留学生がかなり多いです。 韓国人留学生や欧米の留学生はナイトスポットへ行き、夜通し遊ぶのが好きな学生も多いので一緒に遊びに出る機会もあると思います。 五道口駅前のUセンターにはクラブができたので、週末になると超満員といった感じです。 また、工人体育館付近のクラブやBARにも語言大学をはじめとしたたくさん留学生がいます。 あまりそういった場所に行ったことのない人はトラブルに巻き込まれないように注意が必要です。 特に五道口駅付近のクラブは学生がメインなのでまだいいですが、工人体育館や三里屯のクラブには柄の悪い人もたくさんいるので、酒が入って余計な騒ぎを起こさないよう気をつけた方がいいと思います。 仲間と楽しく遊ぶ分には最高の場所なので、皆で行ってみるといいと思います。

    この口コミは参考になりましたか? URL

  • llchina
    日本
    1人が「参考になった」と評価
    学校の雰囲気4.0
    元在校生(通学期間:2013年8月~2013年9月)2016/04/12
    日本人のみならず中国語を学習している多くの外国人が、中国へ留学に行こうと考えたとき、まず候補に入ってくるのがこの北京語言大学だと思います。 北京大学や清華大学の方が名門で知名度も高いかもしれませんが、中国語教育ということに関しては語言大学の方が特化していますし、HSKの問題作成にも携わっていたので、留学を検討する留学生がかなり多いです。 実際に自分も留学してみて、本当に力が付くと感じました。 しかし、やはり多く学生がいるということはなんとなく留学に来てしまった学生も多い訳で、そういった学生と同じ気持ちで生活していると留学が終わった頃に何も身についていないということになりかねません。 日本語を勉強している語言大学の中国人本科生も多くいるので、そういった本科生の友達を作ることでよりレベルの高い中国語が身についてくると思います。

    この口コミは参考になりましたか? URL

  • llchina
    日本
    1人が「参考になった」と評価
    国際色、日本人比率3.5
    元在校生(通学期間:2013年8月~2013年9月)2016/04/12
    留学生のなかで圧倒的に多いのは、韓国人留学生です。 私が留学した当時は日本人もかなり多かったですがそれでも韓国人留学生の多さほどではありません。 どのクラスにも韓国人がいると思っていいです。 長期の留学になってくると、日本人留学生との付き合い方が重要になってくると思います。 私は意図的にあまり日本人の方とは付き合いませんでした。 やはり留学にきているので、日本語に接しない環境の方が断然中国語の定着も早いと思います。 また中国語以外にもルームメートの人の国の言葉や、留学生の多い韓国語を覚える機会も多いと思います。 お互いの国の言葉や文化を教え合うことではじめてわかってくることもたくさんあると思うので、いろんな国の友達を作ってください。

    この口コミは参考になりましたか? URL

  • llchina
    日本
    1人が「参考になった」と評価
    買い物、飲食4.5
    元在校生(通学期間:2013年8月~2013年9月)2016/04/12
    北京語言大学を出て最寄りの五道口駅へ向かう途中のすぐのところにUセンターというショッピングセンターがあります。 おなじみのサイゼリヤやスターバックスもあり、味も日本とそれほど変わりません。 生活に必要なものは大学内のスーパーでも買えますが、そこになければUセンターに行って探してみるといいと思います。 また北京語言大学は韓国人留学生の数が圧倒的に多いので、大学や五道口駅の周りにはたくさんの韓国料理店があります。 店によって味や値段の当たり外れが激しいので、長くいる韓国人留学生に美味しいところを聞いてみるといいかもしれません。 また五道口駅の前には貨物列車や高速鉄道の車両が通過する踏切があり、列車が来てしまうと数分間足止めをくらってしまうので急いでいるときは注意が必要です。

    この口コミは参考になりましたか? URL

  • llchina
    日本
    1人が「参考になった」と評価
    食堂5.0
    元在校生(通学期間:2013年8月~2013年9月)2016/04/11
    私は昼食はよく学食を利用していました。 確か5階建てで、階によってメニューや料金が違うので長い留学生活でも飽きずに、そして安く食事を取ることができると思います。 上の階にはしっかりとしたレストランがあるので、先生方がそこを会食に利用することもあります。 私のクラスも留学の最後の打ち上げでこのレストランを利用しました。 また静かなカフェもあるので勉強に集中したいときに使ってみるのもいいかもしれません。 留学生寮の17号楼にもカフェはありますが、みんな会話の練習をしていて結構騒がしいので、静かに勉強したいときは学食の上の階のカフェをオススメします。 短期留学でも学食カードがもらえるのでそれにお金をチャージして、食事の際にタッチして買うといった感じです。

    この口コミは参考になりましたか? URL

  • llchina
    日本
    1人が「参考になった」と評価
    医療、子育て4.5
    元在校生(通学期間:2013年8月~2013年9月)2016/04/11
    キャンバス内に5階建てくらいの病院が併設されていて、私が留学した当時は日本人の事務員の方もいたので大学の手続き等でわからないことや、付近の美味しいご飯屋さんなどを教えてもらったりと非常によくして貰いました。 簡単なケガや病気の治療であれば、ここで対応してもらえると思います。 また北京の日本人コミュニティとも多少つながりがあるようなので、そういった方と連絡が取りたい(例えば地元企業でインターンをしてみたい等)方は、相談してみるといいかもしれません。 事務員の方は語言大学に来て5年くらいたっていたので、大学内で気をつけることや新しくできた観光地の話を聞けると思います。 病気以外のときでも困ったときに話を聞いてもらえる場所があるのは非常に助かると思います。

    この口コミは参考になりましたか? URL

  • llchina
    日本
    1人が「参考になった」と評価
    学生寮4.0
    元在校生(通学期間:2013年8月~2013年9月)2016/04/11
    留学生が住むことのできる寮は何個かありますが、最も人気の高いのは新しく綺麗な17号楼です。 寮の1階には受付や売店があり、軽食の取れるカフェも併設されています。 またこのカフェにはWi-Fiが飛んでいるので、語言大学に来てまだネットの契約も済んでいないときはここでネットに接続ができます。 2号楼に住んでいる人もいますが17号楼と比較するとかなり内装が劣ります。 料金は安いですが、シャワーの出が悪かったり、トイレが詰まったりと不具合が発生することも少なくないようなので気にする人は17号楼をオススメします。 17号楼は2人部屋が多く、ベッドが2つ縦に並んでいて机も2つあり、トイレとシャワーといった間取りです。 ルームメートはとても重要ですが、合わなければ部屋の変更もできるようです。

    この口コミは参考になりましたか? URL

  • llchina
    日本
    1人が「参考になった」と評価
    カリキュラム、教材5.0
    元在校生(通学期間:2013年8月~2013年9月)2016/04/11
    私は中級上位クラスに在籍していました。テキストは華語教学出版社という所のものを使っていたのですが、他クラスでは北京語言大学出版社のものを使用している所もありました。 北京語言大学はHSKの問題の作成にも携わっているので、中国語教育にはかなり定評があります。 テキストでは会話文が多く載っていて、カフェでの会話やトラブルが起きたときの設定で話が進んでいくことも多かったので、勉強していくなかで非常にためになるものがたくさんありました。 先生が2人1組でプレゼンをさせたり、自分の考えを主張していく授業形態を取っていたので、終わりの頃には自分の伝えたいことがスムーズに言えるようになったと実感できました。
    実際に使っていたテキスト

    この口コミは参考になりましたか? URL

口コミを投稿する

  1. 1投稿先を選択
  2. 2関係性を選択
  3. 3口コミを書く
どの学校について口コミを書きますか?
留学エージェントの口コミを書く国・州・都市の口コミを書く
「いま在学している」「以前に留学した」など、あなたのよく知っている学校を選んでください

北京語言大学に対して...

口コミを投稿する
または

北京語言大学に対して...

質問を投稿する

留学経験者に個別相談を依頼する

留学経験者に依頼を出して、個別に留学について相談することができます。

留学経験者の紹介の流れ

STEP 1:【無料】相談依頼を出す

STEP 2:【無料】応募者の経験者プロフィールを見てから正式依頼を判断

STEP 3:正式に依頼

正式依頼までは全て無料です!
まずは相談したい経験者が見つかるか無料で確認してみませんか?

必須お名前
必須メールアドレス
必須性別
必須検討している国・学校(複数記入可)
留学先として検討している国や都市、学校があればご記入ください。
必須プラン
エッセイ添削は、文量及び専門性によって価格が異なります。合格エッセイは志望校に合格した際に提出したデータを受け取ります。あくまでも参考用でコピー使用は禁止しております。
必須依頼したいこと
必須相談・依頼内容
経験者が応募するべきか判断する重要な情報になります。依頼したい内容を具体的にご記入ください。

この問い合わせの完了をもって、利用規約 および プライバシーポリシー を読み、内容に同意したものとみなされます。