Reviews6件

新規投稿
  • t21621357
    Taiwan
    1人が「参考になった」と評価
    Teacher5.0
    Current student(2018/9~2022/6)Apr 16, 2022
    静宜大学(せいぎだいがく、Providence University)は、台湾台中市沙鹿区にある私立大学である。アメリカ人修道女マリー・グラティア・ルーキン(Sister Marie Gratia Luking)が開いた華美学校に由来するキリスト教カトリック系大学である。静宜大学はU12コンソーシアムのメンバー校の1つであり、ISEPネットワークに参加している2つの台湾の大学の1つである。

    この口コミは参考になりましたか? URL

  • moko_better
    Japan
    3人が「参考になった」と評価
    International, Japanese Ratio3.5
    Current student(2012/9~2016/6)Jan 20, 2016
    日本語学科が多いので、中国語センターは日本人比率が高いです。(交換留学で来ている学生がほとんどです。)本科留学している日本人は、そんなにいません。各学部、1人いるかいないかですが、ここ近年少しずつ増えていると聞きました。特に日本人や外国籍学生が多いのは、観光学科、国際企業管理、英語学科だと思います。韓国の学生も比較的多いです。本科留学で学部に在籍している外国籍学生は、そんなに多くいません。ちなみに、中国の学生(陸生)、香港マカオやマレーシアからの華僑の学生は、とても多いです。各学部の各学年に、十人近くは在籍していると思います。比較的外国籍学生に、フレンドリーで、歓迎的な校風なので、過ごしやすいです。私は本科なのですが、交換留学で来た学生に対しては、とても丁寧で結構至れり尽くせりな対応だと聞きました。ヨーロッパ、アフリカなどからの学生もいますので国際色は豊かだと思いますが、実際に同じ学部やクラスでない限り接する機会は少ないです。ただ、学校側が、留学生と現地学生の交流会や交流スペースを比較的頻繁に設けているので、それを利用すると、いいかもしれません。中国語センターのクラスは、『日本人>韓国>ベトナム・インドネシア・モンゴル>欧米』という比率のように感じました。

    この口コミは参考になりましたか? URL

  • moko_better
    Japan
    4人が「参考になった」と評価
    Playing3.0
    Current student(2012/9~2016/6)Jan 10, 2016
    台中の郊外にあるので、正直、大学のすぐそばに遊びに行く場所は無いと思います。週に数回、大学の隣で夜市が行われていますが、とても小規模です。遊び方にもよると思いますが、大学の近くには、生活に最低限必要なお店や飲食店があるのみです。ショッピングや友人とのちょっとしたランチに行きたい場合は、東海大学の方或は、新光三越などのデパートがある場所へ行くほうがいいかもしれません。ただ、交通は便利なので、とても不便な訳ではありません。また、学部に入学すると、学部の種類にもよりますが、課題やテスト、予習復習などが忙しくて、自分自身も友人たちも、普段遊びに行く時間がありません。週末や長期休みだけなので、学校の周りに遊べるスポットがなくても特に大きな問題ではないと思います。ただ、短期で来ている交換留学生や語学留学生にとって、あちこち遊びに行くことは、勉強以外の目的の一つでもあると思うので、少し残念かもしれません。しかし、学校付近も学校から近い繁華街も、ローカル感満載なので、観光地ではなく、地元・ローカルな感じの台湾を味わいたい人にとっては、町並みや、ひとつひとつのお店がとても魅力的で面白い場所だと思います。

    この口コミは参考になりましたか? URL

  • moko_better
    Japan
    1人が「参考になった」と評価
    Equipment3.5
    Current student(2012/9~2016/6)Jan 8, 2016
    私立大学なので、それなりに校舎は綺麗です。郊外にあるので、敷地が広く、数年前に人気ドラマの撮影地にもなった斬新なデザインの建物や広い芝生は、人気の観光スポットにもあっていますし、それ目的に留学にくる外国人留学生もいるそうです。建物は古い建物がほとんどです。敷地の一番奥(一番山頂)に一番新しく綺麗な建物があり、そこの教室やトイレはとても綺麗です。ただ、他の建物の校舎のお手洗いは、やはりそれなり…なレベルです。清掃員の方が毎日掃除してくださっているのですが、やはり古さと使い方などにも問題があると思います。一番お気に入りの施設は、数年前に増築、リフォームされた図書館です。中も明るいですし、勉強や1人で休憩したいときに役に立つ場所です。ちなみに、綺麗なお手洗いに行きたい場合は、図書館に行くのが一番確実だと思います。また、学校が率先して図書館の充実に力をいれているようで、新作の本や外国語の本も豊富です。欲しい本をリクエストすると日本語の本でも取り寄せ可能で、借りて読むことができました。パソコンの台数や印刷機、自習スペースも十分あります。クラスメイトと課題などを討論できる部屋やDVDを見る部屋なども予約して使うことができ、快適です。

    この口コミは参考になりましたか? URL

  • moko_better
    Japan
    1人が「参考になった」と評価
    Cafeteria3.5
    Current student(2012/9~2016/6)Jan 6, 2016
    学内に、三カ所学生食堂+一カ所コンビニがあります。学生食堂は、どの場所も日本のフードコートのような雰囲気です。小さいお店がそれぞれ5から10程度のお店があります。店の入れ替わりは結構早い方な気がします。毎学期新しいお店ができたり、無くなったり…の繰り返しがあります。二・三年前に、学生食堂の一つを新しく立て替えリニューアルオープンしました。その学生食堂が一番人気があるように思えます。メニューは、朝ごはん専門店、某サンドウィッチチェーン店、鍋焼きうどん屋さん、パスタ、カツ丼カレーなどの日本食、ベジタリアン料理、中華粥や自分でいろんな具や麺を選べるお店など様々です。自助餐という台湾式バイキング(自分で好きなだけとって最後にお会計する)もあり、自分の空腹度にあわせて購入できるところもありがたいです。沢山とると少し値段が張りますが、基本的に安いので、私はいつもご飯少なめとおかず3、4品で、40台湾元ぐらいでした。また、コンビニやあフルーツのみ売っているお店もあります。ワッフルなどを売っているお店は、小腹が空く時間やがっつりご飯は要らないという気分の学生に人気です。ただ、少し残念なのは、美味しいパンを売っているお店がないことです。

    この口コミは参考になりましたか? URL

  • moko_better
    Japan
    3人が「参考になった」と評価
    Traffic4.0
    Current student(2012/9~2016/6)Jan 6, 2016
    台中市内からは、少し距離がありますが、早朝から夜遅くまでバスの本数が多いので比較的便利です。早朝と夜遅くは本数が少ないですが、通学時間は本数が増えるので、待ち時間なく乗車することが可能です。また、交通費が安いので、毎日通学してもお財布に優しいです。学生証に付いている悠々カード(IC交通カード)を使うと、10キロキロ以内は無料、それ以降も学生割引があるので、大学から台中市内の繁華街まで、2元から5元ほどで行けます。時間は、乗り換え無しで20分から40分程度です。以前は、路線バスしか無く朝晩の通勤ラッシュの渋滞があったのですが、現在はバス専用道路ができたため、バスの待ち時間も少なくなりましたし、バス停がきちんと整備されたので以前より快適になりました。無料の無線Wi-Fiが使えるバスも増えたので、とても便利です。使用した感想ですが、特にBRTという連結式バスの無線Wi-Fiが一番安定している気がします。また、次のバスまでの待ち時間が、表示されるようになったのもとても便利です。路線バス以外では、大学の前からは、台北行きの高速バスが数本ですがでているので、それを利用して週末台北に遊びにいく留学生もいるそうです。また、大学から鉄道の駅までも近いですし、近くに朝市などもあります。

    この口コミは参考になりましたか? URL

口コミを投稿する

  1. 1Select posting target
  2. 2Select relationship
  3. 3Write review
For which School do you write a review?
Write a review of country or state or city
Please select a school that you are studying currently or studied before.

Providence Universityに対して...

口コミを投稿する
または

Providence Universityに対して...

質問を投稿する