口コミ10件

  • アデレードへの投稿
    n____a
    Japan
    0人が「参考になった」と評価
    Prices3.0
    Stayed there(2014/2~2014/3)Dec 7, 2014
    アデレードに以前1か月ほどですが、滞在していました。アデレードの物価は一言でいうと日本より少し高いです。オーストラリアが全般的に高いが、アデレードは安めときいていたのですこしびっくりしました。特に飲み物は全般的に高いです。値段も見ずに買っちゃうと紙パックの500mlでも400円ほどすることもざらでした。ほかの生活用品も日本で買うほうが断然安かったイメージがあります。ただ、交通に関しては、市内をトラムという無料のバスが走っていたので、それをつかえばかなり行動範囲が広がりました。ふつうのバスにしても、学生料金が設定されていて、日本とは違って距離ではなく時間によってお金が決まっていて、一度乗ったら2時間までその料金で乗ることができたので、安かったと思います。2時間以上バスに乗るところなんてそうそういかないですからね。あと、日本のものが恋しくなって輸入店とかいかれる方もいるかもいれないですけど、これが高い!!日本でもとの料金を知っているだけに買えたものではありません。輸入した分値段が2倍3倍になってます。なので日本の食べ物や化粧品がいるのがわかっているかたは日本から持っていくことを強くおすすめします。

    この口コミは参考になりましたか? URL

  • 西オーストラリア大学への投稿
    n____a
    Japan
    0人が「参考になった」と評価
    Curriculum
    Enroll the schoolDec 7, 2014
    来年から西オーストラリア大学に留学するものです。まだ実際にレクチャーをうけたことはないのですが、留学準備段階でのことを紹介します。まず、講義の形式は日本と違います。1つのレッスンが6ポイント(日本の単位のようなもの)にあたり、学生ビザ維持のためには1セメスターで24ポイント必要になります。だから最低でも4つはレッスンを選ぶことになります。そして、それぞれのレッスンに最低でもレクチャーとチュートリアルが週に1回ずつあるのがスタンダードな形だと思います。単純に計算すれば週に8コマが最低ラインというとこでしょう。講義によってはレクチャーが2回あったりしますが、それはその分期末テストの内容が倍になるようなものですね。そして西オーストラリア大学は建築学や美術の方面で有名なのでそっちの手の講義が多いです。でも経済や化学とかの授業もたくさんあります。日本にはない魅力的なものも多いですが、シラバスにあるにもかかわらず、この授業は今年開講されません、このセメスターでは開講されませんというのが意外と多いです!だから、とりたくてもとれない、、、という講義がいくつもあります。それが残念なところです。だからまだまだ時間も余裕もあるという方はUWAのHPのシラバスをチェックしておくのをおすすまします。

    この口コミは参考になりましたか? URL

  • 西オーストラリア大学への投稿
    n____a
    Japan
    1人が「参考になった」と評価
    Student dormitory
    Enroll the schoolDec 7, 2014
    学生寮のtrinity に来年から住む予定のものです。まだ、実際には住んでいませんが、住むまでの手続きを紹介します。まず、学生寮と大学のアプリケーションは完全に別々ですすめることができます。だから、留学が決まったら、大学のアプリケーションと同時に寮のアプリケーションもはじめることをオススメします。寮は基本的に人気で、はやく手続きしないと埋まってしまうことがあるようですから(友達がそうでした)。trinityのHPにいけば、アカウントをつくってオンラインで手続きできるようになっているのでアカウントをつくります。そうすると登録したメールアドレスに向こう側の管理人?みたいな人からメールがくるので指示に従います。一通りの手順は一般的なものですが、trinity は入寮のために面接を設けています。現地の人は直接するようですが、難しい場合は国際電話で行います。skypeでもなく電話なので表情もジェスチャーも分かりません。ただ、面接というよりは本当に確認程度のようなものなのでそんなに心配することはないと思います。ただ、オーストラリアアクセントがひどくてききとれませんでした、、ので、電話慣れしてない方は練習しといたほうがいいかもしれません!内容はどうしてパースを選んだのか、とか大学卒業後は何をするつもりか、等一般的なものでした。この面接だけ注意しておけばあとはすんなりできるとおもいます。

    この口コミは参考になりましたか? URL

  • 西オーストラリア大学への投稿
    n____a
    Japan
    0人が「参考になった」と評価
    Student dormitory
    Enroll the schoolDec 7, 2014
    来年から西オーストラリア大学に留学する予定のものです。留学をはじめるにあたり、学生寮に決めたので、そのプロセスやわかったことについて紹介したいと思います。まず西アーストラリア大学はいくつかの学生寮を持っています。一番安くて新しいuniversity hallに最初は住みたいと思ったのですが、ほとんどが現地の大学生と知り、留学生がたくさんいるほうがよかった私は考え直しました。友達に聞いたところ、Trinityという学生寮には留学生がたくさんいると聞き、少し値段は高くなりますが、こちらにしました。値段が高くなるというのもuni hallは食事がオプションになっているのに対し、trinityはすべての食事がついています(強制)。だから同じくらいの金額の食事オプションをつけたときは、trinityのほうがついてくる食事数は多く、安いです。ただ、少しは外食するだろうし、昼とか寮まで帰れるのかな、って考えたときには食事のオプションのほうが便利だったりするかもしれないですね。私の場合、とにかく留学生とたくさん友達になりたいと思ってそこを一番重要視していたので、trinityにすることにしまた。距離はどちらも大学から近いですが、少しだけuni hallのほうが近いと思います。

    この口コミは参考になりましたか? URL

  • オーストラリアへの投稿
    n____a
    Japan
    0人が「参考になった」と評価
    Residence
    Plan to stayDec 2, 2014
    来年から西オーストラリア大学に留学する予定のものです。学生寮に住む予定なので、決めるに至った経緯を紹介します。まず、西オーストラリア大学はいくつかの学生寮や、ホームステイ・シェアハウスの紹介をホームページでしています。1番安く済むと思われるのはシェアハウスですね。ただ、この場合、自分で物件やホームメイトを探さないといけないうえ、住みだしてからも自分でやらなければならないことが多いので大変なようです。ホームステイに関しては、オーストラリアで住む際にはシェアハウスより高く寮より高いという価格です。あと、当たりハズレが激しいですね。ホームステイといってもネイティブの家族に必ず迎えてもらえるわけではないですし、家族であったり1人暮らしの人で有ったり、バラバラです。良ければ最高の過ごし方ができるかもしれませんが、家から大学が遠いと通学が大変です。学生寮は価格としては1番高くつくと思います。1番のメリットとしては多くの友達がつくりやすく、ワイワイできることでしょう。これは他の住み方では得られないものだと思います。以前、ホームステイは経験したこともあり、上記のことを踏まえてわたしは寮に住むことにしました。

    この口コミは参考になりましたか? URL

  • アデレードへの投稿
    n____a
    Japan
    0人が「参考になった」と評価
    Climate3.5
    Stayed there(2014/2~2014/3)Dec 1, 2014
    まず、アデレードに限らず、オーストラリアの気候として日本の四季と真逆だということはみなさんご存知だと思います。わたしは2〜3月に行ったので、向こうでは夏、夏の終わりくらいの時期でした。そのころのアデレードの気候について書かせてもらいます。ます日本との大きな違いは2つ。1日の中での温度差と乾燥です。最初の温度差についてですが、1日の中での温度変化が本当に激しいです!もちろん、昼間はとっても暑いのですが、朝と夜はぐんと気温が下がります。夏なので寒いということはありませんが、1日中同じ格好でいるのは厳しいかなーという印象をうけました。なので、羽織ものが重宝します。わたしはだいたい、半袖かノースリーブにシャツのような羽織ものをきていました。朝の通学中などは来て、暑くなったら腰に巻いたりリュックにしまったり。あと、大学の施設内はすっごく冷房がきいていて寒いので、この時も羽織ものがあると便利です。次に乾燥についてですが日本と非じゃないくらい乾燥します。綿100%の洗濯物が一晩もかからずかわいてしまうほうどです。なので、慣れるまでは寝る時に濡れたタオルを干したり、マスクをしたり対策することをおすすめします。

    この口コミは参考になりましたか? URL

  • アデレードへの投稿
    n____a
    Japan
    0人が「参考になった」と評価
    Shopping4.0
    Stayed there(2014/2~2014/3)Nov 24, 2014
    アデレード自体はそんなに大きな街ではありませんが、中心地にいけばだいたいなんでもそろう過ごしやすい街です。長期滞在するにはすこし退屈かもしれませんが、わたしはとても好きでした。買い物はだいたいランドルモールかランドルストリートに行っていました。通っていたアデレード大学と近かったし、中心地だったので。雰囲気的にいえばランドルモールのほうがどの年齢層も楽しめるかんじでスーパーマーケットやデパートのようなものがあります。デパートの地下にいけば、だいたいフードコートがあるので、手軽にお昼などを済ませたいときはそこにいってました。あと、お土産屋さんなんかもちらほら見かけます。ランドルストリートはdrinking spotやクラブなどがたくさんあります。夜が元気なストリートですが、もちろんお昼もあいてます。(ていうか現地の人はお昼から飲みます。)あと、少し高級でスタイリッシュなアパレルのお店が並んでます。おしゃれなカフェなどもたくさんありますね。 あとはセントラルマーケットというところにいけば、市場のような雰囲気で様々な食材が手に入ります。そこの近くにチャイナタウンもあるので、アジアンフードもそこでだいたい食べられます。ちなみに、日本食、特に寿司が人気で回転寿司はよく見かけます。ぜひ一度トライしてみてください。

    この口コミは参考になりましたか? URL

  • アデレードへの投稿
    n____a
    Japan
    0人が「参考になった」と評価
    Traffic4.5
    Stayed there(2014/2~2014/3)Nov 24, 2014
    アデレードはかなりバスが発達しています。ほとんどの人はバスを利用して通学・通勤しているように思えました。電車も通っていますが、市街に住んでいないなら、おそらく最寄り駅に行くまでにバスを使うことになる感じでした。駅も遠かったし、ホストファミリーが電車はとても遅いといっていました。ゆっくり景色が楽しみたいような旅に使うにはいいけど、他にはあまり使うことはないとおもう、とゆってました。あと、トラムという路面電車が市内を走っています。この乗り物は中心地ならタダで乗れます。大学からはすこし離れていましたが、近くにシェアハウスで住んでいた友達は無料の範囲内なので、毎日トラムを使って投稿していました。中心地以外の区域もそんなに高くないので、使っても良いと思います。夏場に人気のグレネルグビーチにいくときはいつもトラムを使っていました。トラムが通ってないところでもバスを使えば大抵どこでもいけます。ただ、バスは発達しすぎて少し複雑です。目的地とバスの番号や乗るバス停をよく確認する必要があります。オーストラリアは日本のように地名がバス停の名前になるのではなく、アルファベット+数字で表されるので慣れないうちは時刻表や、バス停一覧の紙を持っておくと便利です。バスを使いこなせればあとはだいたい歩いて動ける距離なので、ぜひバスを活用してください。

    この口コミは参考になりましたか? URL

  • アデレード大学への投稿
    n____a
    Japan
    1人が「参考になった」と評価
    International, Japanese Ratio3.5
    Former student(2014/2~2014/3)Nov 24, 2014
    アデレード大学附属の語学学校に通っていました。私は大学のプログラムでおよそ一ヶ月参加しましたが、大学・個人によっては、語学学校に半年などの長期滞在する人もいるようでした。私は長期休業中に行ったため、同じようなプログラムで一ヶ月程来ている他大学の日本人がたくさんいました。私の大学からだけでも40人ほどいましたが、同じような単位で他大学もきていたので、長期休業中は、日本人はかなり多いと思います。逆にみんなすぐ帰ってしまうので、長期休業中意外は日本人はあまりいないのかな、という印象をうけました。またプログラムのなかで、クラス分け(レベルに基づいて)があるのですが、そのなかでも、日本人比率は違ってきます。やはり、レベルが低ければ低いほど、日本人が多く他の国の人は少ないか0にちかかったです。逆にレベルが高ければ、日本人は少なく、外国人が多いようです。ただし、英語を勉強するための語学学校なので、ネイティブは先生だけです。私のクラスはレベル3でちょうど真ん中くらいでしてが、日本人:外国人の比率が4:1くらいでしたね。他の国の人はほとんどその国から1人とか来ていても3人とかだったので、国籍はかなりバラバラです。また、日本人は学生が多いのに対して、外国人は就職していたり、家族がいたりなど、結構年上の人が多かったです。

    この口コミは参考になりましたか? URL

  • アデレード大学への投稿
    n____a
    Japan
    0人が「参考になった」と評価
    Atmosphere4.0
    Former student(2014/2~2014/3)Nov 22, 2014
    正確にはアデレード大学の附属の語学学校に通っていました。語学学校にはいくつかのコースがあり、そのコースの中でもクラス分けがありました。私は、大学のプログラムでいったのですが、語学学校に通うまえに日本でプレテストがあり、その出来によってクラス分けがされたみたいです。授業は基本的に午前か午後かの半日。私のときは、曜日によってリーディング、リスニング、スピーキング、ライティングがわかれており、各曜日の授業の半分はそれぞれのセクションについて勉強する感じでした。残りの半分はグラマーだったり総合的なことをしました。一応各セクションについて取扱ってはいましたが、実際どのスキルも授業では必要とされるって感じでした。金曜日だけは、選択授業になっていて、これも事前に希望を書いて提出しました。選択肢の中には、オーストラリア文化について、TOEFL対策、情報について、など結構種類がありました。ちなみに私は、オーストラリア文化の授業をとりましたが、授業というより体験という感じでした。毎週どこかにでかけて、そこで簡単な調査を行って発表、とかいう感じでしたね。文化に触れたいひとにはオススメですが、バリバリ勉強したいという人は、他の選択授業を選んだ方が良いかもしれませんね。

    この口コミは参考になりましたか? URL