Reviews5件

新規投稿
  • agnes_karakawa
    Indonesia
    1人が「参考になった」と評価
    Atmosphere5.0
    Current student(2021/9~2024/9)Jul 9, 2024
    綺麗な池がキャンパスの中心にあり、緑豊かで心落ち着く環境で学習することができます。レンガの建物から、近代的なビルまで、イギリスの歴史深い特徴を身近で経験できます。町まで徒歩15分程度で行けることができ、便利なロケーションに位置しています。

    この口コミは参考になりましたか? URL

  • taketonaoi
    Japan
    1人が「参考になった」と評価
    Atmosphere4.0
    Former student(1999/9~2000/9)Mar 12, 2018
    キャンパスはそれほど大きくないですが緑が多く、講義室、図書館、スーパー、ATMなどの施設がお互いに非常に近いので、移動の手間があまりないです。また、周辺環境は治安が良く、日常的な買い物やちょっとした娯楽が徒歩圏内で済むので便利です。

    この口コミは参考になりましたか? URL

  • ailoves
    Japan
    3人が「参考になった」と評価
    Atmosphere5.0
    Former student(2004/9~2007/6)Jan 21, 2016
    サリー大学は、ロンドンから電車で30分の距離にあるギルフォードにあります。 キャンパスは緑ゆたかで池に白鳥が泳いでいるようなのどかな雰囲気です。適度な広さで、キャンパス内にバス停がいくつかあります。街まで徒歩約10分で、ショッピングセンターやスーパーなどがあり生活に便利で楽しい環境です。 キャンパス内のレストランやバーはいくつかあり、2009年にはスターバックスが新設されていました。毎日のランチに困りません。サンドイッチを買って屋外で食べても良いし、温かいチキンと野菜のプレートを店内で食べても良しです。 大学1年生は、留学生なら優先的にキャンパス内の寮に入れます。希望すればシャワー・トイレ付の部屋に住めます。寮はキャンパス内のいろんな場所にあり、学部に一番近い寮に住むことになります。2年生になると、同じ寮には住めなくなります。キャンパス外の寮を選ぶか、大学近辺の家庭の部屋を借りる場合が多いです。キャンパス外の寮にはシャワー・トイレ付の部屋がなく、私はそれが気に入らなかったので、大学から歩いていける所にある家の部屋を借りました。イギリスでは部屋を貸している家庭が多いので、すぐに見つかりました。

    この口コミは参考になりましたか? URL

  • ailoves
    Japan
    3人が「参考になった」と評価
    Atmosphere5.0
    Former student(2004/9~2007/6)Jan 21, 2016
    私は学部生として3年間在籍しました。キャンパスの近くに大聖堂があり、卒業式がおこなわれます。学部の皆の名前が印刷されたTシャツや卒業式のDVDを購入できたのも、良い思い出になりました。3年間通った印象として、日本人はさほど多くありませんでした。ときどき見かける日本人の多くは学部生や院生ではなく、短期留学で訪れている人たちでした。私の学部にいた日本人学生は私のほかに1人だけでした。学部によっては日本人の多いところもありますが、あくまで多国の留学生のうちの一部です。学部を超えて日本人コミュニティの集まりもあります。キャンパスの治安は良いです。キャンパス内に警備室があり、夜間も安心です。部活動もいろいろあります。私は所属しませんでしたが、なかでも印象的だったのが乗馬クラブ。キャンパス中央にとても広い芝生があり、そこで乗馬していました。音楽の活動がしたければ、学部に関係なくコーラスに参加できます。音楽学部生の授業に交じっての参加でオーケストラの演奏とともに歌い、発表、レコーディングもおこなわれます。個人的に、語学の教室がよかったです。私はドイツ語のクラスをとりました。初級を修了しただけでしたが、いまもドイツ語圏に旅行するときは当時のテキストが役立っています。

    この口コミは参考になりましたか? URL

  • rumirumi
    Japan
    3人が「参考になった」と評価
    Curriculum4.5
    Former student(2007/9~2008/9)Nov 27, 2014
    サリー大学の大学院でTourism Developmentを学んでいました。サリー大学の観光学はイギリスの中でトップレベルなので、この大学を選びました。私が在籍していた当初は同じ観光学でもManagement Marketing Developmentと3つにわかれていたので、観光学の中でも特に興味があることを学ぶことが出来ます。3つの学部を合わせて100名ほど生徒がいましたが、観光学部にはイギリス人がおらず、フルタイムの生徒は全員留学生でした。とはいえ、大学院ですので留学生でも英語力が高く、ネイティブ並みに話せる人も多かったように感じます。教授もイギリス人だけでなく、アジア人や中東の方もいたので、正直、居心地がよかったです。イギリスの大学院は1年で卒業が出来るので9~12月前期、1月~4月後期、5月~8月修士論文というスケジュールで、アメリカのように長期休暇がありません。1年間で単位を取って修士論文を書くことはとても大変で、毎日寝る間を惜しんで本を読んだり、エッセイを書いたりしていました。1年で卒業できない人もいますが、一生懸命頑張ればいい成績で卒業できます。サリー大学は環境もよかったので、とても満足しています。

    この口コミは参考になりましたか? URL

口コミを投稿する

  1. 1Select posting target
  2. 2Select relationship
  3. 3Write review
For which School do you write a review?
Write a review of country or state or city
Please select a school that you are studying currently or studied before.

University of Surreyに対して...

口コミを投稿する
または

University of Surreyに対して...

質問を投稿する