イギリス留学の特徴

イギリスの中等部では公立校は留学生の受け入れていないので、留学生は全寮制の私立でボーディングスクールに通うことができます。

イギリスの大学は約100校ほどありますが、バッキンガム大学1校を除き全て公立です。基本的には3年制となっており、大学院は1年というのが一般的です。

アメリカのような一般教養課程がないというのも大きな特徴で、専攻の学問をしっかりと勉強することになります。日本の高校を卒業していれば、ファウンデーションコースを受講することによりイギリスの大学に進学できます。

学校の授業は積極的な発言、ディスカッションやプレゼンを行う参加型の授業となっており、日本のような先生が主導の授業ではありません。あくまで生徒が主導となり授業が進められていきます。日本のような受動スタイルとは大きく異なると言えるでしょう。ただし出席率や発言など、日頃の授業への積極性は成績に含まれないという点が日本やアメリカの大学と違います。

教育制度

イギリスではイングランド、スコットランド、ウェールズ、北アイルランドでそれぞれ異なる教育制度が実施されていますが、基本的には5歳~16歳まで家庭または無料の公立学校で教育を受けることができます。

日本とは異なり1年ごとではなくキーステージと呼ばれる言葉を用い、重要な段階を示しています。「キーステージ1(5~7歳)」「キーステージ2(8~11歳)」「キーステージ3(12~14歳」「キーステージ4(15~16歳)」と分かれます。

なお、7、11、14歳のキーステージには全国テストが実施されます。義務教育終了後に「GCSE(全国学力試験)」を受験し、その結果によって進路を決めます。

義務教育後の2年間はシックスフォームと呼ばれ「BTEC」「IB(国際バカロレア)」「Cambridge Pre-U」「ディプロマ取得」など大学進学に備える時期となります。そしてAレベル試験を2年時終了の際に受け、その結果をもとに大学進学が決まるため、非常に重要な試験となっています。

英語

イギリス英語の大きな特徴は「発音」「ボキャブラリー」「スペル」です。アメリカ英語と比較すると、日常生活の名称やフレーズ、スペルが異なるため、アメリカ式で英語を勉強していた日本の学生は慣れるまで人によっては多少時間がかかるかもしれません。

ですが、イギリス英語は母音がかなりはっきりと発音されるので、すべての言葉に母音が含まれている日本語が母国語の日本人にとっては、発音しやすい英語ではあります。

概要

イギリスの正式名称は「United Kingdom of Great Britain and Northern Ireland」。「United Kingdom」「UK」とも略されます。イングランド、スコットランド、ウェールズ、北アイルランドの4つの国から構成される立憲君主制国家です。

日本語での正式名称は「グレートブリテン及び北アイルランド連合王国」「グレートブリテン及び北部アイルランド連合王国」で、「イギリス」や「英国」と称されるが一般的です。その他にも「英」「連合王国」「ブリテン」と呼ばれることもあります。


日本語による漢字表記は「英吉利」です。「イギリス」の語源については、ポルトガル語の「Inglez」に由来すると言われています。漢字表記の「英吉利」は、先行していた中国語に由来するとされています。

日本での「イギリス」という表現は、イングランド単体をイメージすることが多く「UK」や「グレートブリテン」を表現するには、正しくないとも考えられています。

イギリスの面積は244,820km²で、日本の約3分の1です。しかしイギリスの大半はなだらかな丘陸地及び平原で占められているため、可住地面積は日本の倍近くあるとされています。

イギリスの事実上の公用語は英語(イギリス英語)であり、広く使用されていますが、コーンウォール語、ウェールズ語、スコットランド語、スコットランド・ゲール語、アルスター・スコットランド語、アイルランド語が、各地域では話されていて、各地域を構成している国では公用語にされています。

基本情報

編集する
国名
イギリス
面積
243,600 km²
人口
6,180万人(2010年)
首都
ロンドン
言語
英語(ウェールズ語、ゲール語等使用地域あり)
宗教
英国国教など
通貨
ポンド
電圧
220-230V(プラグ:BFタイプ)
外務省URL
http://www.mofa.go.jp/mofaj/area/uk/index.html
海外安全情報
http://www2.anzen.mofa.go.jp/info/pcinfectionspothazardinfo.asp?id=154
wikipedia
http://ja.wikipedia.org/wiki/イギリス
大使館URL
http://ukinjapan.fco.gov.uk/ja/
SNS

口コミ

新規投稿
  • oichi
    日本
    1人が「参考になった」と評価
    買い物、飲食3.0
    元滞在者(滞在期間:2013年10月~2014年10月)2017/01/07
    皆さんご存じの通り、物価は高いです。行く前から知ってたし、現地でもそう感じました。知らずに行く人なんて居るわけないですよね?あと、そこまで飯不味い訳ではありません。日本人がやってるレストランもあるし、探せばうまい飯は食えます。

    この口コミは参考になりましたか? URL

  • bonjuice
    日本
    1人が「参考になった」と評価
    教育、学業3.0
    元滞在者(滞在期間:2002年8月~2003年6月)2016/09/26
    交換留学で6th formにいました。 しっかりと目的等ないとたいへん苦労します。 なかなか自分のつたえたいこと、わかってほしいことがいえる語学をつけるのは難しいとおもいますが、しっかり準備されていくことをおすすめします。

    この口コミは参考になりましたか? URL

  • yuari
    日本
    0人が「参考になった」と評価
    気候1.5
    元滞在者(滞在期間:1988年6月~1991年3月)2016/09/03
    イギリスは、天気がとにかく悪いイメージで食事はフィッシュアンドチップス、ごちそうは中華料理でした。いまは、だいぶ変わったのかなーーーーー 他にコメントが見当たりませんが、とにかく寒くて暗いイメージでした。

    この口コミは参考になりましたか? URL

  • 退会ユーザー
    日本
    1人が「参考になった」と評価
    国民性5.0
    元滞在者(滞在期間:2014年8月~2014年9月)2016/05/18
    1ヵ月間語学留学をしていました。最初の頃は不安だらけでしたが、見ず知らずの私にも優しく接してくれる人たちが多く、安心して生活できました。この留学は一生の思い出になりました。また絶対に訪れたいと思います。

    この口コミは参考になりましたか? URL

  • robin
    日本
    0人が「参考になった」と評価
    総合コメント3.5
    滞在者(滞在期間:2001年2月~)2016/05/14
    ロイヤルメール不思議話 受取人と差出人 先日、親戚の結婚祝いにイギリスから日本へプレゼントを送った。 2週間後、発送したはずの箱がこちらに戻ってきた。原因を問い詰めた所、 FromとToが記載されておらず、局員が誤解して、差出人に届けてしまったとの事。 次回からは、必ずFromとToを付記するようにと説明を受け、謝罪と共に無料で再発送してくれた。幸い、荷物は結婚式に間に合ったが、間違い方のレベルは、むしろ脱帽ものだった。 危険物の発送 空港のセキュリティーが強化と共に、近年小包の危険物対象項目が増えてきた。 アルコール入りの香水は、燃焼危険物マークがパッケージに付いている。危険物対象とは 知らず、クリスマスプレゼントに入れて発送した。後日、郵便局の手紙と共に荷物が戻って来た。香水だけが、荷物の中から没収されていた。危険物について、窓口できちんと確認する郵便局とそうでない局があり、きちんと対象物を認識しないままに、発送してしまった。 郵便局のカスタマーサービスに事情を説明。このケースについて、郵便局から事情調査が行われた。発送した郵便局の局員は、危険物発送について正しく説明したと嘘の回答。再度、意義申立ての後、局員の手落ちであった事を認知、謝罪として、郵便局から50ポンドの小切手が送付された。 発送前に、規定内容を今一度確認する必要性についてのよい学びの場となりました。
    ロイヤルメール

    この口コミは参考になりましたか? URL

新規投稿

  1. 1投稿先を選択
  2. 2関係性を選択
  3. 3口コミを書く
どの学校について口コミを書きますか?
留学エージェントの口コミを書く国・州・都市の口コミを書く
「いま在学している」「以前に留学した」など、あなたのよく知っている学校を選んでください

質問・相談

新規投稿
  • 質問者 haruna
    ロンドンの食事は美味しいものもありましたか?また、小雨が振り続くと聞きましたが気候は過ごしやすかったですか? [続きを見る]
    回答募集中 回答数:0
  • 質問者 goldeneye09
    ロンドン並びにロンドン近郊にある大学附属の語学学校に留学希望です 期間は1から3ヶ月 比較的初心者でも受け入れてくれる大学がありましたら教えてください T... [続きを見る]
    回答募集中 回答数:0
  • 質問者 kaini1107
    国際教養大一年生です。 来年度イギリスへの留学を考えています。 質問です、 イギリスの物価or1ヶ月の生活費は各地区でどのくらい違うのでしょうか? 住んで... [続きを見る]
    回答募集中 回答数:1
  • 質問者 kana0414love
    高校卒業後イギリスへの大学進学を考えています。国際関係法を学ぶにはどこがおすすめですか?また、進学までにはどのくらいの費用がかかりますか? [続きを見る]
    回答募集中 回答数:1
  • 質問者 mayf
    イギリス留学を検討しているのですが、日本から何か持ってきといたほうが良かったものなどはありますでしょうか? [続きを見る]
    回答募集中 回答数:3
  • 質問者 chosu
    2ヶ月の留学でいくら必要ですか? また、2ヶ月でどのくらいの英語力がつきますか?治安などは、大丈夫でしょうか? [続きを見る]
    回答募集中 回答数:3
全ての質問・相談をみる(40件)

新規投稿

質問の投稿にはログインが必要です。

滞在経験者

  • karinabe321
  • mizukasato321
  • genchan
  • hayamai321
  • taCarlos
  • c201072a
  • Yamagoya
  • kyokotomiyama1
  • massu_nagoya523
  • 全ての経験者をみる(207件)

    関連記事(外部サイト)

    全ての関連記事をみる(外部サイト「THE RYUGAKU」)

    イギリスの留学情報ならアブログ

    留学コミュニティサイト「アブログ」では、イギリスの国情報、大学、大学院、短大・コミカレ、専門学校、語学学校、高校、ボーディングスクール、留学エージェントのデータを公開しています。
    また実際にイギリス留学した経験者の口コミから、評判、費用、奨学金、留学後の就職、予防接種、ビザ申請の準備、携帯電話、イギリスでの口座開設に関する情報も確認できます。
    アブログには、イギリスの短期留学、学位留学、正規留学、大学留学、社会人のMBA留学、語学留学、親子留学など、あらゆるタイプの留学経験者が登録しています。
    ぜひ留学の準備にご活用ください。

    イギリスに対して...

    口コミを投稿する
    または

    イギリスに対して...

    質問を投稿する