基本情報

編集する
イギリス
都市
ロンドン
学校名/名称
キングス・カレッジ・ロンドン
King's College London
ロンドン大学キングスカレッジ
KCL
University of London
学校形態
大学
大学院
設立種類
公立
創立年
1829年
学生数
-
学生の男女比率
-
学生の国籍割合
-
教員数
-
スタッフ数
-
クラス数
-
対応言語
-
加盟・認定団体
-
施設
-
取得できる学位
-
電話番号
+44 20 7836 5454
ウェブサイト
http://www.kcl.ac.uk/index.aspx
SNS

ランキング

ランク ランキング媒体
#50 世界大学学術ランキング 世界大学学術ランキング(2016)

キングス・カレッジ・ロンドンの相対評価

  • データなし

口コミ

新規投稿
  • aladdin_jasmine
    日本
    2人が「参考になった」と評価
    設備4.5
    在校生(通学期間:2015年9月~2016年6月)2016/01/21
    キングスカレッジの図書館は幾つかあり、キャンパスによっては併設されている場合もあります。私が使うStrandキャンパスには図書館がないので10分ほど歩いたところにあるキングスカレッジのMaughan Libraryをよく利用します。白く美しい歴史的な建物ですが内部はガラス張りのエレベーターというようにモダンな造りのとても大きな図書館です。出入り口には自動改札式のゲートがあり、必ず学生証が必要になります。忘れてしまった場合にはガードの人に断れば入れてくれるので窓口で1 Day Passを発行してもらいます。また本を借りる際やコピー機を利用する場合にも学生証が要ります。各学問ごとの分類されコンセント付きの勉強机がいたるところにあるので、勉強場所探しに困ることはありません。地下にはカフェもあるので休憩もできます。この他にはプレゼンテーションの練習等ができるGroup Study RoomやComputer Roomなどもあります。毎日深夜1時まで開いていて多くの学生が勉強している姿が見受けられます。銀行口座開設などに必要な書類等はこの図書館にあるCompassとよばれる窓口で発行してくれます。

    この口コミは参考になりましたか? URL

  • aladdin_jasmine
    日本
    2人が「参考になった」と評価
    国際色、日本人比率4.0
    在校生(通学期間:2015年9月~2016年6月)2016/01/21
    私の在籍しているファンデーションコースは言い換えれば『留学生のための学部進学準備過程』であるため、イギリス出身の学生はいないことが大きな特徴です。文系のInternational Foundation programme(IFP)と理系のInternational Science Foundation Programme(ISFP)があります。私がいるIFPは150人弱の学生のうち日本人は2,3人だと思います。他の国からの留学生に比べれば極端に少ないですが、日本人同士かたまって日本語で話すというようなことは全くありません。大学を全体的に見ても日本人は少ないですが、留学生はかなり多いです。各国ごとのSocietyも数多くあり、郷土料理を楽しむイベントなどもあります。例えば、Christian Societyや大学のStudent Supportチームが留学生対象に集まりを開き、ロンドンでの生活の話をしてくださったり、他の国からの学生と交流する機会を作ってくれることもよくあります。こうしたイベントの情報は学内の掲示板や、FacebookやTwitterなどで確認します。また海外の大学と数多く提携しているので学部課程では他の国へ交換留学などで行くチャンスもあるかと思います。

    この口コミは参考になりましたか? URL

  • aladdin_jasmine
    日本
    3人が「参考になった」と評価
    食堂3.5
    在校生(通学期間:2015年9月~2016年6月)2016/01/19
    Strandキャンパスの食堂はFirst floor(2階)にあります。ランチメニューは日替わり(例えば、ラム肉と根菜の煮込みなど)です。その他にも、ピザやサンドイッチ、サラダ、デザートなどの軽食やも置いてあり、ドリンク類も充実していますます。コーヒーのスタンドはキャンパス内に何カ所かあるので寒い冬の日にいつでも温かい淹れたてのコーヒーを飲むことが出来ます。Student Service Room内でもKing's Lunchと呼ばれるLaunch Box(サラダランチやチキンなど)やフルーツ、クッキーなどを販売しています。1回の食事の価格の目安は£5〜£7程だと思います。ファンデーションコースの学生が利用するランゲージセンターですが、お菓子を売っている自動販売機のみ設置されているのでほとんどの人が周辺に買い出しに行っています。休憩スペースに電子レンジはおいてあります。キャンパスの周りにもカフェやレストラン、スーパーがあるので食事に困ることはありません。私は毎日家からお弁当を持って行きますが、あまり自炊したお弁当を食べている学生は見かけません。お弁当は席に空きがあれば食堂で食べても問題はないです。Student Service Roomをはじめ、建物内外に休憩スペースやベンチもあるので食事場所に困ることもほとんどありません。

    この口コミは参考になりましたか? URL

  • aladdin_jasmine
    日本
    2人が「参考になった」と評価
    交通4.0
    在校生(通学期間:2015年9月~2016年6月)2016/01/18
    キングスカレッジのファンデーションコースの学生は主にStrandキャンパスとイングリッシュランゲージセンターを利用します。Strandキャンパスの最寄り駅はDistrict/Circle lineのTemple駅でキャンパスまでは徒歩3-4分の距離です。ロンドンの中心に位置しているので他にもWaterloo駅やCharling Cross駅、数多くのバスも通学に利用できます。StrandキャンパスからDrury Laneのランゲージセンターまでは徒歩7-8分で移動できます。こちらの最寄り駅はCovent GardenやHolbornです。学生であれば(年齢別の)定期券も購入できるので交通費も押さえることが出来ます。この定期券はインターネットで申し込みをする形です。Zoneごとに料金が異なり購入したZone内であればどのバスも電車も乗り降り自由です。入金は週ごと、月ごとと選べます。参考までに私はZone1-4を1ヶ月ごとに買っており、料金は月£123程なので日本よりもやはり交通費は高いと感じますが、休日出かける際も便利なので通学用のOyster cardを作られることをおすすめします。

    この口コミは参考になりましたか? URL

  • aladdin_jasmine
    日本
    2人が「参考になった」と評価
    その他レジデンス4.0
    在校生(通学期間:2015年9月~2016年6月)2015/12/31
    キングスカレッジの留学生は学生寮に住んでいる人もいますが、フラットシェアをしている人も数多くいます。フラットシェアは家賃や光熱水費を押さえることが出来ますし、家の中でも英語が使える環境なので人気があります。友達同士でフラットを借りてシェアをしたり、国籍や性別、年齢もバラバラの人たちと一緒に住むことはとても楽しく良い経験になると思います。私の場合は、日本人家族が住む家の2階に住んでいます。日本人とシェアをするメリットは、生活のスタイルに大きな差があまり無いので、トラブルになりにくいことと、何かあったときには助けてもらえることです。現在住んでいる家はロンドンの日本人向けの情報サイトで募集を見つけ応募しました。特に契約などはなくスムーズに入居することができました。家賃も定期代と合わせても大学の学生寮に住むよりも安くおさまっています。最寄り駅から大学までは乗り換えなしで20〜30分ほどで通うことが出来ます。周辺にはスーパーやドラッグストアもあり夜でも明るく人通りがあるので安心です。街で日本人を見かけることもあり(ロンドン南西部は日本人が多いようです)、アジア系の住民が多いので日本食も手に入ります。

    この口コミは参考になりましたか? URL

全ての口コミをみる(29件)

新規投稿

  1. 1投稿先を選択
  2. 2関係性を選択
  3. 3口コミを書く
どの学校について口コミを書きますか?
留学エージェントの口コミを書く国・州・都市の口コミを書く
「いま在学している」「以前に留学した」など、あなたのよく知っている学校を選んでください

質問・相談

新規投稿
  • 質問者 Daisuke_0422
    プレセッショナルコースのIELTSのリクアイアメントが足りない場合どうすればよろしいでしょうか?交渉などは可能でしょうか? [続きを見る]
    回答募集中 回答数:1
  • 質問者 eigo
    大学院で応用言語学・ELTを専攻予定ですが、キングスカレッジロンドン大学の他校に勝る点は何でしょうか? [続きを見る]
    回答募集中 回答数:1
  • 質問者 chirominmi
    UCLのファウンデーションコースからKCLへの進学、または逆にKCLのファウンデーションからUCLへの進学は可能でしょうか。このようなパスウエイはめったに... [続きを見る]
    回答募集中 回答数:0
  • 質問者 mako31
    king's college londonのロースクールについて、留学されたことのある方、教えてくださいませ。例えば、図書館、カフェ、テストにつ... [続きを見る]
    回答募集中 回答数:0
  • 質問者 a6116075
    出願に際しての準備について。留学するためのスコアメイキングや奨学金獲得のための準備をどのように行ったのか知りたい。また、出願先大学の決定は出願のどれくらい... [続きを見る]
    回答募集中 回答数:0
  • 質問者 zoe313
    イギリス・ロンドンで留学する場合、金銭面・生活面について具体的に教えてほしい。また、初めての海外留学なので、どこのエージェントが親身になって相談してくれて... [続きを見る]
    回答募集中 回答数:1
全ての質問・相談をみる(10件)

新規投稿

質問の投稿にはログインが必要です。

回答

  • 質問に回答したことはまだありません

周辺環境・アクセス

住所
Stamford St, London SE1 8WA イギリス

留学経験者

  • aladdin_jasmine
  • momo
  • uklove
  • terayamai
  • costello
  • takai
  • kochi2014

関連記事(外部サイト)

管理者様:学校側からのコメントはありませんか?

今すぐ無料でご登録いただけます - ビジネス会員登録を行うと、新規口コミ&質問の自動通知、口コミへの返信、質問への公式回答、学校情報の追加など、多くの機能をご利用になれます。

詳しい案内を見る

キングス・カレッジ・ロンドンの情報ならアブログ

留学コミュニティサイト「アブログ」では、キングス・カレッジ・ロンドンの学校概要、卒業生や在校生による口コミ、評価・評判、写真、動画、留学希望者からの質問を掲載しています。
学校概要としては、国・都市、キャンパスの住所、電話番号、ウェブサイトURL、各種SNS、学部、専攻、プログラム、コースなど手軽に情報収集することができます。キングス・カレッジ・ロンドンの公式のブログやTwitter、Facebook、YouTube、Flickrから写真や動画を確認できます。
イギリスの学校には偏差値という基準はありませんが、キングス・カレッジ・ロンドンの合格率や入学難易度から偏差値に近い情報を確認できます。
口コミでは、講師、カリキュラム、教材などの学業面だけでなく、設備、食堂、学校の雰囲気、国際色、日本人比率などの学内環境や買い物、飲食、遊び、治安、安全、物価、自然環境、交通、医療、子育てなどの周辺環境、ホームステイ、学生寮、その他レジデンスなどの住居環境、そして課外活動、コストパフォーマンス、恋愛、スタッフの対応などをチェックできます。キングス・カレッジ・ロンドンが自分に合っている学校か確認しよう!

キングス・カレッジ・ロンドンに対して...

口コミを投稿する
または

キングス・カレッジ・ロンドンに対して...

質問を投稿する

留学経験者に個別相談を依頼する

留学経験者に依頼を出して、個別に留学について相談することができます。

留学経験者の紹介の流れ

STEP 1:【無料】相談依頼を出す

STEP 2:【無料】応募者の経験者プロフィールを見てから正式依頼を判断

STEP 3:正式に依頼

正式依頼までは全て無料です!
まずは相談したい経験者が見つかるか無料で確認してみませんか?

必須お名前
必須メールアドレス
必須性別
必須検討している国・学校(複数記入可)
留学先として検討している国や都市、学校があればご記入ください。
必須プラン
エッセイ添削は、文量及び専門性によって価格が異なります。合格エッセイは志望校に合格した際に提出したデータを受け取ります。あくまでも参考用でコピー使用は禁止しております。
必須依頼したいこと
必須相談・依頼内容
経験者が応募するべきか判断する重要な情報になります。依頼したい内容を具体的にご記入ください。

この問い合わせの完了をもって、利用規約 および プライバシーポリシー を読み、内容に同意したものとみなされます。