口コミを投稿する
    質問を投稿する
    比較リスト追加

    Basic information

    Edit
    Country
    Uk
    City
    London
    School name
    University College London
    ユニバーシティ・カレッジ・ロンドン
    UCL
    ユニヴァーシティ・カレッジ・ロンドン
    ロンドン大学
    Type of the school
    University/College
    Graduate school
    Form of the school
    Public
    Establish year
    1826年
    Number of students
    7名
    Ratio of male and female between students
    -
    Percentage of nationalities between students
    -
    Number of teachers
    -
    Number of staffs
    -
    Number of classes
    -
    Available languages
    -
    Affiliated/accredited organizations
    -
    Facilities
    -
    Degree
    -
    Phone number
    +44 20 7679 2000
    Website
    http://www.ucl.ac.uk/
    SNS

    Rankings

    rank Source
    #17 Academic Ranking of World Universities Academic Ranking of World Universities (ARWU)(2016)

    University College Londonの相対評価

    • N/A

    Reviews

    Write a review
    • SosekiNatsume
      Japan
      1人が「参考になった」と評価
      Overall Comments5.0
      Former student(1990/8~1991/7)Jul 14, 2017
      ユニバーシティ・カレッジ・ロンドンは、ロンドン大学を構成するカレッジの一つです。 ユニバーシティ・カレッジ・ロンドンは、ロンドンの中心部、大英博物館の近くにキャンパスを構え、英文学などの人文系科目から工学、サイエンスなどの理系科目まで高い研究評価を得ています。ユニバーシティ・カレッジ・ロンドンは、オックスフォード、ケンブリッジに次ぐイギリス第三に古い大学として有名ですが、それ以外にもイギリスで初めて女子学生を受け入れた大学であり、また法学、建築学、薬学の各分野において体系的教授を始めた大学としても知られています。ユニバーシティ・カレッジ・ロンドンの日本との関連性では、明治維新期に日本の使節団が送られたこと、そして小泉純一郎元首相が留学していた点が挙げられます

      この口コミは参考になりましたか? URL

    • taimiley
      Japan
      1人が「参考になった」と評価
      Overall Comments5.0
      Former student(2014/9~2015/6)Jun 5, 2017
      大学は綺麗で歴史と趣が感じられる。過去に夏目漱石や明治政府の重鎮が学んでいたこともあり、日本との所縁も深い。メインの建物に記念碑も建っている。 大学の規模は大きくサークル活動も盛んであることから、日本で言う早稲田大学のような印象を受けた。交換留学であったが、スポーツの部活や、ダンスサークルなどに参加することができ、大学生活を満喫できた。 一方、外国人が多く英国人が少ないことから、英国人と仲良くなり、英国文化を感じることは少し努力を要した。

      この口コミは参考になりましたか? URL

    • tadamail2016
      Usa
      2人が「参考になった」と評価
      Security, Safety
      OtherJun 29, 2016
      安全な上に、国際都市ロンドンに中心にあるUCL大学は最高です。アジア人も多く近くに寮施設等もあるため、安心して学習できる環境が揃っています。どの寮に入るかにもよりますが、わたしの場合はすぐ近くで便利この上ありませんでした。

      この口コミは参考になりましたか? URL

    • natalieallison_desu
      Japan
      2人が「参考になった」と評価
      Extracurricular activity5.0
      Current student(2015/9~2017/9)Dec 7, 2015
      Great! Diverse group of students and activities of all types to suit students from all different backgrounds.

      この口コミは参考になりましたか? URL

    • mio_9
      Japan
      1人が「参考になった」と評価
      International, Japanese Ratio3.5
      Current student(2014/9~2015/6)Nov 23, 2014
      UCLは、一般的にとても国際色豊かな大学とうたわれるだけあり、本当に文字通り国際色は豊かです。さてここまでも事実なのですが、では実際にどれだけの学生が「交流」しているかについて書きます。 ひとつ言えるのは、やはり「国籍同士、あるいは民族的に近い学生同士でかたまる傾向がある」ということです。 実際に授業のクラス内では、確かに多国籍の学生が一緒に学ぶのですが、レクチャーではほとんど交流はなく、ひとつの授業でまとまった友達をつくるのは、自分から積極的に話しかけても難しかったりします。大学に来て、授業をうけて、そのまま帰るor次の授業にいくというパターンが毎日続き、また座る席などもだんだん無意識的に固定されていくので、しばらく経つと結構友達ができにくくなるパターンもあります。また少人数で、ディスカッションベースの授業もありますが、そこでもただ授業中のみの付き合いになるパターンが多いので、確かに授業で意見交換などはできますが、授業外の付き合いができる友達を作ろうとすると難しい。 私は授業後できるだけ話しかけていますが一緒に遊んだりごはんを食べたりできる友達に発展した例は多くないです。 日本人比率については、大学としてはあまり多くないです。早稲田大学や一橋大学から1年or半年留学に来ている学生が多いですが、それぞれの大学から5~10人ずつ程度なので、多くはないです。 総じて、中国と韓国の学生はたくさんいますし、キャンパス内を歩いているとかならず5人ほどで固まって歩いている中国人の学生か、韓国人の学生を目にします。 また、ムスリム系の学生はやはりムスリム系の学生と一緒にいたり、欧米は国ごとで固まるので、なかなか国際性豊かな大学とはいっても、国際的な「交流」が授業外である大学とは言いづらいかもしれません。 これはどこの大学でも同じかもしれませんが!! やはり、たくさんの国籍が集まる大学だからこそ、パラドックスですが、自分と似た人を見つけて、自分の「居場所」を確保しようとする動きも多く見られます。 でももちろん、わたしの場合もそうですが、たくさんの国籍をもった人たちに出会える大学です。 分かれ目は、自分が勇気をもって一歩踏み出して、笑顔で「where are you from?」と話しかけて、そこから上手く話を発展させていけるかどうかですね! 私もまだまだがんばります!

      この口コミは参考になりましたか? URL

    See all reviews(9件)

    Write a review

    1. 1Select posting target
    2. 2Select relationship
    3. 3Write review
    For which School do you write a review?
    Write a review of country or state or city
    Please select a school that you are studying currently or studied before.

    Questions

    Post a question
    • 質問者 nemu
      イギリスでは修士は1年だと思います。建築系学科を目指しておりますが、他のヨーロッパ圏は修士は2年生で2年目は殆どをインターンに費やし、そこで就職を見つける... [続きを見る]
      回答募集中 回答数:0
    • 質問者 beetle0309
      大学院進学前にファンデーションコースを受けるかどうかで迷っています。入学条件さえクリア出来てしまえば必要ないものでしょうか?それとも授業に慣れるという意味... [続きを見る]
      回答募集中 回答数:0
    • 質問者 green_mind_gypsy
      ロンドン大学から英語のコンディショナルオファーをもらっています。どういったルートでで準備するのが良いでしょうか? [続きを見る]
      回答募集中 回答数:1
    • 質問者 tnpn2016
      uclのupc以外のカレッジのファウンデーションコースからuclにいくことは現実的に考えて可能なことなのでしょうか? [続きを見る]
      回答募集中 回答数:0
    • 質問者 Acky0777
      UCLのマスターへ留学したいと考えております。経験者の方で、留学準備の際に気を付けるべきことを教えてください。 [続きを見る]
      回答募集中 回答数:0

    Post a question

    質問の投稿にはログインが必要です。

    Answer

    • 質問に回答したことはまだありません

    Environment/Access

    Address
    Gower St, London WC1E 6BT イギリス

    Alumnus

    • SosekiNatsume
    • taimiley
    • natalieallison_desu
    • mio_9
    • kmkh
    • Collegehall639

    関連記事(外部サイト)

    管理者様:学校側からのコメントはありませんか?

    今すぐ無料でご登録いただけます - ビジネス会員登録を行うと、新規口コミ&質問の自動通知、口コミへの返信、質問への公式回答、学校情報の追加など、多くの機能をご利用になれます。

    詳しい案内を見る

    University College Londonの情報ならアブログ

    留学コミュニティサイト「アブログ」では、University College Londonの学校概要、卒業生や在校生による口コミ、評価・評判、写真、動画、留学希望者からの質問を掲載しています。
    学校概要としては、国・都市、キャンパスの住所、電話番号、ウェブサイトURL、各種SNS、学部、専攻、プログラム、コースなど手軽に情報収集することができます。University College Londonの公式のブログやTwitter、Facebook、YouTube、Flickrから写真や動画を確認できます。
    ukの学校には偏差値という基準はありませんが、University College Londonの合格率や入学難易度から偏差値に近い情報を確認できます。
    口コミでは、講師、カリキュラム、教材などの学業面だけでなく、設備、食堂、学校の雰囲気、国際色、日本人比率などの学内環境や買い物、飲食、遊び、治安、安全、物価、自然環境、交通、医療、子育てなどの周辺環境、ホームステイ、学生寮、その他レジデンスなどの住居環境、そして課外活動、コストパフォーマンス、恋愛、スタッフの対応などをチェックできます。University College Londonが自分に合っている学校か確認しよう!

    University College Londonに対して...

    口コミを投稿する
    または

    University College Londonに対して...

    質問を投稿する