アイルランド留学の特徴

「Land of Sains and Scholars(聖人と学者の島)」と呼ばれるアイルランドでは教育水準が高いということで有名です。7世紀頃からヨーロッパの様々な国から多くの留学生を迎え、ヨーロッパの教育をリードしてきたアイルランドには、現在もヨーロッパのみならず世界各国から留学生が集います。

またフレンドリーな国民性と言われており、日本人も少ないので英語力を伸ばすのには最適な環境を維持することができるでしょう。

公用語はアイルランド語と英語ですが、主に授業は英語で行われます。アイルランドの大学には美しい自然や、歴史ある建造物に囲まれたキャンパスをもつ学校が多いのが特徴です。

教育制度

アイルランドの教育制度はファーストレベル、セカンドレベル、サードレベルの3つの段階からなり、ファーストレベルでは国民学校、Gaekscoi、多宗教派学校という3つの教育機関で行われます。

校区というものが存在しないので、保護者は子供に適した学校を選びます。その後、ほとんどの生徒がセカンドレベルへ進みますが、その半数以上は職業訓練校に進みます。この点からもアイルランドでは社会訓練と職業教育に重きを置いているということが分かります。

またセカンドレベルの初めの一年では「トランジションイヤー」という制度を設けており、学業よりも自由研究やグループ学習を通し、個の形成を重視するという理念のもと行われます。ただしトランジットイヤーは自由に選択できるので、そのまま進級する生徒もいます。

サードレベルは総合大学、技術研究所、専門学校、教育大学にわかれます。全て国立で国が教育費を負担してるのも特徴です。

英語

アイルランド英語の大きな特徴は「th」の発音が「d」か「t」の発音となります。これはアイルランド語の影響が大きいとされ、イギリス英語やアメリカ英語と異なる点と言えます。

thの発音が苦手な日本人にとっては「three」「thought」といった単語は発音しやすいといえるでしょう。ただしRの発音はしっかりと発音されますので、どちらかといえばアメリカ英語に近いです。

概要

アイルランドの正式名称は「Éire」。公式の英語名称として憲法で「Ireland」と定められています。また「1948年アイルランド共和国法」では「Republic of Ireland」を公称とする旨を定めています。

日本語での表記は「アイルランド」「アイルランド共和国」とされ、日本政府は「アイルランド」を用いています。アイルランド語名に由来するエールと呼ぶこともあります。漢字表記では「愛蘭土」です。「愛」と略されます。

アイルランドの面積は70,270km²で、日本の5分の1の大きさもありません。

アイルランドの公用語は、アイルランド語を第1公用語とし、英語(アイルランド英語)を第2公用語と規定されています。しかし一部の地方を除き、ほとんどの地域では英語が使われています。

アイルランドは、2005年の英エコノミスト誌の調査で「最も住みやすい国」に選出されている国です。

基本情報

編集する
国名
アイルランド
面積
70,270 km²
人口
約459万人(2011年アイルランド国勢調査速報値)
首都
ダブリン
言語
アイルランド語(ゲール語)及び英語
宗教
約87%がカトリック教徒
通貨
ユーロ
電圧
220~240V(プラグ:BFタイプ)
外務省URL
http://www.mofa.go.jp/mofaj/area/ireland/index.html
海外安全情報
http://www2.anzen.mofa.go.jp/info/pcinfectionspothazardinfo.asp?id=151
wikipedia
http://ja.wikipedia.org/wiki/アイルランド
大使館URL
http://www.irishembassy.jp/home/index.aspx?id=33616

写真・動画

  • アイルランドの貴重な快晴日
  • Dublin Night View

口コミ

新規投稿
  • guest
    日本
    1人が「参考になった」と評価
    国民性5.0
    元滞在者(滞在期間:2009年4月~2009年12月)2016/12/02
    ワーホリで滞在しました。 親しみやすい国民性でお話し好きです。 でもみんな結構適当です。 その適当さを愛せるかどうかで好き嫌いが別れるかもしれません。 パブでのアイリッシュミュージック生演奏は外せない魅力です。

    この口コミは参考になりましたか? URL

  • guest
    日本
    0人が「参考になった」と評価
    国民性5.0
    元滞在者(滞在期間:2009年3月~2009年12月)2016/12/02
    DublinやClareに滞在していました アイルランド人は親しみやすく話好き、そして適当 その適当さを不便に感じる人もいれば心地よく感じる人もいると思います。 パブでのアイリッシュミュージック生演奏は必見です。

    この口コミは参考になりましたか? URL

  • Mamemochi
    日本
    1人が「参考になった」と評価
    国民性4.0
    元滞在者(滞在期間:2005年9月~2009年6月)2016/01/29
    日本と同じく島国で、日本人と似た国民性のある人達がたくさんいました。色々な国に行きましたが、最も好きな国の一つです。冬は寒すぎず、夏には日が長く、過ごしやすい気候だと思います。なんと言ってもギネスが美味しいです!

    この口コミは参考になりましたか? URL

  • Ayapan
    日本
    1人が「参考になった」と評価
    気候2.0
    滞在者(滞在期間:2015年10月~2016年10月)2015/12/20
    事前に分かっていたことですが、アイルランドの天気は変わりやすく、一週間のほとんどは雨です。折りたたみ傘を重宝します。また風邪も強いので、レインコートは必須です。また11月頃から日が暮れるのも早く、4時には外は真っ暗。また朝の8時頃もまだ暗いので起きるのが辛いです。天気が悪いというイメージのアイルランドですが、貴重な晴れの日もあるので、その時に見るアイルランド特有の緑溢れる自然の風景はすばらしいです。たまにしか晴れないからこそ、晴れた時の喜びは大きいです。
    アイルランドの貴重な快晴日

    この口コミは参考になりましたか? URL

  • guest
    日本
    0人が「参考になった」と評価
    国民性4.0
    滞在者(滞在期間:2013年6月~)2015/10/31
    アイルランドは日本と同じ島国です。ヨーロッパとはいえ、欧米の自己主張を全面に押し出す様な事は比較的少なく、謙虚さを美徳としどこか日本の国民性に親近感を持たせます。 アイルランド全国民合わせても東京都の人口の半分以下で、首都ダブリンでさえもどことなくのんびりとした雰囲気がただよっています。 都市から車で十数分離れればすぐ牛や羊が放牧されている農場地帯となり、人より家畜の数の方が断然多い自然豊かな国土が、大らかな国民性を作りだしています。 イギリスの統治下に置かれたり、宗教闘争、大飢饉など暗い歴史を持ちながらもアイルランド人は全体的に朗らかでフレンドリー、そしてとてもおしゃべりです。街中で突然話かけられて、世間話をしたりなんてこともしょっちゅうあります。 お酒が大好きなアイルランド人。中でもビールとパブの文化はこの国独特で、どんなに小さな村でも必ずひとつパブはあり、その地域の社交の場のだそうです。平日でも日が沈まないうちから、パイントグラス片手におしゃべりをするのがこの国の人々の何よりの娯楽なのです。
    Dublin Night View

    この口コミは参考になりましたか? URL

新規投稿

  1. 1投稿先を選択
  2. 2関係性を選択
  3. 3口コミを書く
どの学校について口コミを書きますか?
留学エージェントの口コミを書く国・州・都市の口コミを書く
「いま在学している」「以前に留学した」など、あなたのよく知っている学校を選んでください

質問・相談

新規投稿
  • 質問者 agitae1
    留学についていろいろ研究中です。一番興味があるのは、アイルランドダブリンです。 こちらを参考にします。 [続きを見る]
    回答募集中 回答数:1
  • 質問者 hirooomi
    今年の春休みに短期留学を考えています。 アイルランドの語学学校はやはり日本人の比率は少ないですか? 今、高校生なのですが語学学校には同年代の人たちはいるで... [続きを見る]
    回答募集中 回答数:4
  • 質問者 退会ユーザー
    訛りに癖があると聞きましたが、教材英語でしっかり学べば聞き取れる範囲なのでしょうか。また、毎日のようにパブで飲んでる人がいるそうですが酔っぱらいに絡まれる... [続きを見る]
    解決済み 回答数:0

新規投稿

質問の投稿にはログインが必要です。

滞在経験者

  • yoshipanyor
  • m_gogo25
  • Chicharito
  • yutakitajima0304
  • anm0728
  • pon_ma_n
  • Mamemochi
  • cremacatalana
  • Mike
  • 全ての経験者をみる(20件)

    関連記事(外部サイト)

    全ての関連記事をみる(外部サイト「THE RYUGAKU」)

    アイルランドの留学情報ならアブログ

    留学コミュニティサイト「アブログ」では、アイルランドの国情報、大学、大学院、短大・コミカレ、専門学校、語学学校、高校、ボーディングスクール、留学エージェントのデータを公開しています。
    また実際にアイルランド留学した経験者の口コミから、評判、費用、奨学金、留学後の就職、予防接種、ビザ申請の準備、携帯電話、アイルランドでの口座開設に関する情報も確認できます。
    アブログには、アイルランドの短期留学、学位留学、正規留学、大学留学、社会人のMBA留学、語学留学、親子留学など、あらゆるタイプの留学経験者が登録しています。
    ぜひ留学の準備にご活用ください。

    アイルランドに対して...

    口コミを投稿する
    または

    アイルランドに対して...

    質問を投稿する