フランス留学の特徴

QSQS Best Student Cities 2016(世界最高の留学先都市ランキング)ではロンドン、メルボルン、シドニー、シンガポールなど高水準の教育を受けられることで有名な都市を抑えて、パリが1位です。

世界遺産登録数ランキングでも4位、世界三大料理の1つでもあるフランス料理など、勉強以外でも充実した異文化経験ができるのがフランスの魅力です。そんなフランスへは高校留学、語学留学、料理留学、大学留学などがあります。

教育制度

フランスの義務教育は6~16歳です。基本的に幼稚園~大学まで学費は無料です。フランスの初等教育は5年で、英語、ドイツ語といった外国語を小学校低学年から勉強します。またフランスの食育は非常に進んでおり、味覚の一週間という催しもの以外にも、普段の給食もコース風です。

中等教育は前期の4年と後期の3年で分かれます。前期中等教育の最終学年では本人の希望で進学ヘ向けた普通高校か、専門知識を身につけるために工業高校に進学します。後期中等教育の普通高校では国際バカロレアに向け勉強します。

試験に合格すると希望する大学へ願書を提出し通うことができます。一方、工業高校では専門的な学習を行い、2年の課程終了後に国家試験を受け、合格した場合、CAPやBEPの取得が可能です。

概要

フランスの正式名称は「République française」。通称「France」と言われています。また「RF」と略称されます。

日本語の正式な表記は「フランス共和国」です。通称は「フランス」です。漢字表記としては「仏蘭西」「佛蘭西」「法蘭西」と表記されます。「仏」「佛」と略されることが多いです。

フランスの面積は674,800km²で、日本の約1.8倍の大きさです。

フランスの公用語は、憲法上でフランス語とされています。またオック語、ピカルディ語、ブルトン語(ブレイス語)、アルザス語、フランス・フラマン語、コルシカ語、クレオール諸語など77の地域語が各地で話されています。 その他、ポルトガル語、イタリア語、マグレブ・アラビア語、ベルベル諸語も移民によって話されています。

2010年のフランスのGDPは世界第5位で、観光客入国数では世界一の国となっています。

基本情報

編集する
国名
フランス
面積
674,800 km²
人口
約6,560万人(2013年1月1日暫定値,仏国立統計経済研究所)
首都
パリ
言語
フランス語
宗教
カトリック,イスラム教,プロテスタント,ユダヤ教
通貨
ユーロ
電圧
220V(プラグ:C・SEタイプ)
外務省URL
http://www.mofa.go.jp/mofaj/area/france/index.html
海外安全情報
http://www2.anzen.mofa.go.jp/info/pcinfectionspothazardinfo.asp?id=170
wikipedia
http://ja.wikipedia.org/wiki/フランス
大使館URL
http://www.ambafrance-jp.org/-Japonais-
SNS

口コミ

新規投稿
  • moeeeca
    日本
    1人が「参考になった」と評価
    総合コメント4.0
    滞在者(滞在期間:2017年3月~)2017/06/29
    人種の坩堝であるとともに考え方や習慣、流れる空気も全てが日本と違い、たまに戸惑うこともありますが毎日が発見で面白いです。 私の場合はフランス人と一緒に住んでいるのでフランス語の習得が早いように感じます。 頼ればすごく優しい国民性と聞いていた意味を実感しています。 様々な違いからちょっとした葛藤はありますが、それでも経験から学ぶことも多いので最初だけでもフランス人と住むのはおすすめです。

    この口コミは参考になりましたか? URL

  • youpi
    日本
    1人が「参考になった」と評価
    治安、安全3.0
    滞在者(滞在期間:2009年10月~)2017/02/06
    同じ街でも地域によって治安は全然違います。治安が悪い地域だと危なくて近寄れないですが、そうではない地域だと暮らしていくのに全く不便はないです。私が住んでいる場所は治安が悪くないので、もう慣れていますが、やはりパリなど都会はスリも多いですし、きちんと自分の事を考えるのは大切ですね。

    この口コミは参考になりましたか? URL

  • ruka3058jp
    韓国
    1人が「参考になった」と評価
    教育、学業4.5
    滞在者(滞在期間:2016年12月~)2017/02/06
    フランス語の勉強がしたく,日本での仕事を辞め女の子一人でビザから学校の登録まで全部済まして,南フランスの小さい街 Pau(ポー)とおうところまで来ることになりました。
    やっと定着して1ヵ月若干の時間が経ったばかりですが,自分から肌に感じるのは "始めでここを選んで本当によかった!"とのことです。
    私が通ってる語学学校は Université de Pau et des Pays des l'Adourと申し, 既存の2学期制ではなく 4~6月のcours intensif学期が含まれた3学期制です。さらに夏休みの特別コースも選ばれるようになっており, 各学期の始めにレベルテストを受けクラスを決めるようになってます。クラスも常にA0から用意されてるので,2学期目, 3学期目から留学を始めたいフランス語初心者にも適切なプログラミングだと思います。
    国立大学ですが先生達も私立に比べれないほど熱心に教えてくださって感動。一人一人学生のレベルを慎重に見て,学期始めの1ヵ月の間は先生から学生との面談を要請し,クラスのup/downも勧めて下さいます。
    学校の規模から見るとアジア系の学生は少いとは言えませんが日本人は本当に数少いので, 日本語に触らないようにするのであればここまでのところはありません(笑) そして日本人が少い分日本語を学びたがる現地のフランス人と友達になり易いので, 自分で頑張れば勉強はもちろん人間関係も広げるチャンスは幾らでもある街だと思います。
    そしれ学校の交換留学システム上, アメリカからの学生がいつも多くて, もし英語が苦手ではなければ留学初期,学業に辛いところがあってもより簡単にクラスメイト達とコミュニケーションができます。お陰で英語もフランス語もお互い勉強できて嬉しく日々勉強してます。

    この口コミは参考になりましたか? URL

  • yona
    フランス
    1人が「参考になった」と評価
    医療、子育て4.0
    滞在者(滞在期間:2009年1月~)2017/02/02
    日本では少子化問題が叫ばれている一方で、待機児童の問題やシングルマザーの貧困化などがあり、子育てに対する支援が行き届いていないのが現状のようです。
    筆者が暮らすフランスでは2016年の出生率2.01で先進国の中でもトップクラスの出生率で、しかも国や自治体からも手厚く保障されていると感じます。
    ここではフランスでの子育てに関する違いをご紹介します。
    1、ママは働く!
    フランスでは専業主婦がほとんどいません。みな働いています。仕事をしながら子育てもこなすのはとても大変なことですが、日本ほど休日を取ることが難しくないですので融通が利くと言えます。休んだからといって職場で白い目で見られることもないです。みんな同じように休んでますから。
    2、パパも育児に参加
    職場でのお休みに融通が利くので、もちろんパパも育児に参加します。日本では最近話題にも上りますが、フランスではパパの育児休暇は当たり前。筆者も長女が生まれた後、初めての外国での育児に不安でしたが旦那がしばらく手伝ってくれたので、とても助かったという経験があります。
    3、社会が子供に優しい
    日本ではベビーカーで地下鉄やバスに乗ると肩身の狭い思いをしますが、フランスではそんな問題ありません。ラッシュアワー時ですら、ベビーカーを乗せている人を見かけます。ただ筆者ははやり日本人ですから、やはり時間帯を選びましたが。
    4、待機児童問題
    これはフランスでもあります。仕事をしているママさんが優先ですし、住んでいる市町村にもよるので日本と同じような問題はあります。
    でも日本より入れる可能性は高いと思います。筆者も長女は2歳まで入れませんでしたが、二人目は1歳から入ることができました。子供の数にもよっても優先順位が上がるようです。
    5、産後ケア
    筆者は実は出産するまで産後ケアというものを知りませんでした。第一子出産が少し難しかったことから、筆者はこの産後ケアを計10回受けました。筆者自身のケアはもちろんですが、育児に対しての相談にも乗ってもらえてとても心強かったです。そして保険(セキュリテソウシャル+ムチュアル)ですべてカバーされ無料でした。
    いかがでしたか?
    仕事を持つ女性が育児しやすい社会だからこそ、出生率が高いのかなと感じます。フランスは仕事とプライベートが同等の価値感を持っている社会だと言えそうです。
    フランスの育児事情

    この口コミは参考になりましたか? URL

  • guest
    日本
    1人が「参考になった」と評価
    治安、安全5.0
    滞在者(滞在期間:2016年9月~)2016/09/24
    非常に安全で、夜一人で歩いても問題ありません。街の人たちも、非常に温かく挨拶は基本。交通機関も、トラムが主流なので、決して危ないエリアなどもなく満足できるでしょう。多くの路地にライトが設置されているので、夜も真っ暗ということはないです。

    この口コミは参考になりましたか? URL

新規投稿

  1. 1投稿先を選択
  2. 2関係性を選択
  3. 3口コミを書く
どの学校について口コミを書きますか?
留学エージェントの口コミを書く国・州・都市の口コミを書く
「いま在学している」「以前に留学した」など、あなたのよく知っている学校を選んでください

質問・相談

新規投稿
  • 質問者 ri_a2mix
    留学先を決める際に基準としたことはありますか。それぞれの大学の学部の特徴などはどうやって見つけましたか。 [続きを見る]
    解決済み 回答数:0
  • 質問者 yy_yy
    アクティビティに参加したいと思っているのですが、語学学校の者でも大学のアクティビティに参加できますでしょうか? また、実際に参加してる留学生はいますでしょうか? [続きを見る]
    回答募集中 回答数:0
  • 質問者 bubu5kg
    フランスへの留学を考えていますが、テロなどが気になります。今はフランス留学を避ける方が多いのでしょうか? [続きを見る]
    回答募集中 回答数:2
  • 質問者 kiku342
    フランスで長期、語学を学びたいと考えています。 格安の語学学校の場合、ビザが出ないこともあると伺いましたが 実際の所どうなのでしょうか? それと、格安以外... [続きを見る]
    回答募集中 回答数:1
  • 質問者 ojisayo
    生活費が安い地域はどこでしょうか。フランスに留学したいのですが、パリは生活費が高そうだな…と悩んでいます。 [続きを見る]
    回答募集中 回答数:0
  • 質問者 退会ユーザー
    秋から留学予定です。 日本から留学先へ持っていくべきものはなんですか?また、持っていけばよかったな〜と後悔しているものを教えてください。 [続きを見る]
    回答募集中 回答数:4
全ての質問・相談をみる(18件)

新規投稿

質問の投稿にはログインが必要です。

滞在経験者

  • nishinomiya1963
  • momo1101
  • moeeeca
  • hero04jan
  • ikua0614
  • paris_78
  • aicocotte
  • yschan09
  • mizukasato321
  • 全ての経験者をみる(76件)

    関連記事(外部サイト)

    全ての関連記事をみる(外部サイト「THE RYUGAKU」)

    フランスの留学情報ならアブログ

    留学コミュニティサイト「アブログ」では、フランスの国情報、大学、大学院、短大・コミカレ、専門学校、語学学校、高校、ボーディングスクール、留学エージェントのデータを公開しています。
    また実際にフランス留学した経験者の口コミから、評判、費用、奨学金、留学後の就職、予防接種、ビザ申請の準備、携帯電話、フランスでの口座開設に関する情報も確認できます。
    アブログには、フランスの短期留学、学位留学、正規留学、大学留学、社会人のMBA留学、語学留学、親子留学など、あらゆるタイプの留学経験者が登録しています。
    ぜひ留学の準備にご活用ください。

    フランスに対して...

    口コミを投稿する
    または

    フランスに対して...

    質問を投稿する