写真

  • 写真はまだありません

口コミ

新規投稿
  • Shirokuro
    日本
    1人が「参考になった」と評価
    総合コメント4.5
    滞在者(滞在期間:2014年11月~)2016/01/27
    クリスマスについて。 フランスはクリスマスが一年で最大のイベントなので、11月に入るともうクリスマスの雰囲気になります。まず、店は商戦のためデコレーションから何からクリスマスモードになりますし、街はイルミネーションできらきらです。このイルミネーションには、来た当初はかなり感動したものです。市役所前の広場にも大きなツリーが飾られきれいにデコレーションされ、夜はライトアップされてとても素敵です。メインのナショナル通りはもちろん、そこから入る道もライトアップされています。ロワール川に架かるウィルソン橋も、普段は旗が一定間隔でひらめいているのですが、それがすべてイルミネーションに変わります。橋のたもとには観覧車や、最近ではスケート場も設置され子供たちで賑わっています。 また、駅前にはクリスマス市が毎日開かれ、こちらも多くの人で賑わっています。私がお気に入りだったのはヴァンショー(ホットワイン)です。いろいろなスタンドで売られています。今でもこれを飲むとクリスマスシーズンだなと実感します。 2015年からは、街中にもぽつぽつとスタンドが出るようになりました。place châteauneuf の駐車場にも出ていたかと思います。 また、週末にはいろいろな場所でクリスマス市が開かれ、こちらは常設しているものとはまた雰囲気が異なり、個人のアーティストや職人が参加していてとても楽しいです。 フランスではクリスマスは実家に帰って家族と過ごすので、クリスマスプレゼントも家族全員分用意しなければならず、お店にとっても一番の稼ぎ時のようで(実際にかなり売れます)とにかくいろいろなイベントが満載ですので、ぜひ参加して雰囲気を味わってみてください。ちなみに25日は祝日になりますので賑わうのは24日の夕方まで。クリスマスの夜は家族と家で過ごすので、レストランも基本的には閉まりますのでご注意を。 そして面白いのですが、クリスマスが終わっても街のデコレーションはしばらく撤去しません。どうもお正月・クリスマスがセットなようなのですが、新年が明けても残っているので、日本人としてはちょっと変な感じです。

    この口コミは参考になりましたか? URL

  • Shirokuro
    日本
    1人が「参考になった」と評価
    総合コメント2.0
    滞在者(滞在期間:2014年11月~)2016/01/27
    フランスでは有名な話ですが、日曜日・祝日はほぼ全ての店が閉まります。パリ等大都市を別にして、ほぼすべてそうです。もちろんトゥールも然りです。 ですので、街は閑散としています。ただ、place Plumeau のあたりやPlace Jean Jauresあたりのカフェは開いているところもあります。また、多くはないですが、大きいスーパーマーケット、街中のカルフールマーケットとモノプリは午前中は開いています。 フランスに来た当初は、ホームステイだったこともあり週末暇で困りました。天気がいいとぶらぶらと川沿いを散歩するのも良かったですが、最初の滞在期間が冬だったこともあり天気も悪く寒かったのであまり外出しませんでした。 フランスは、日曜は家庭でゆっくり、というのがスタイルなのでそれもよしと思って家で雑用をしたり勉強したりして過ごしていました。今はネット環境も整っているので家に居てもできることはいっぱいあるので困らないと思いますが、せっかくフランスにいるので何か日本とは違うことがしたいなぁと思ったものでした。 という感じであまりおでかけの選択肢はないのですが、公園は日曜も開いていて、天気がいいとたくさんの家族連れで賑わっています。Gardin Botaniqueは広くて、動物がいる一角もありますし、ベンチもたくさんあるのでただぼーっとすることも出来ます。これはロワール川沿いも同じです。が、やはり暖かく天気がよくないと・・・という感じではあります。

    この口コミは参考になりましたか? URL

  • Shirokuro
    日本
    1人が「参考になった」と評価
    住まい4.5
    滞在者(滞在期間:2014年11月~)2016/01/26
    ホームステイについてです。 私は日本の業者を通しての、学校が選んでくれたステイ先でした。このパターンか、もしくは自分で学校に申し込んで学校側に頼むというパターンばかりでした。 私は大当たりで、とても優しく受け入れにも慣れているご夫婦のもと、かなり自由に過ごさせてもらいました。食事も美味しく、門限はないし、掃除は週に2回程業者が入るし、洗濯も週二回してもらえるし・・・と嫌な思いをしたことは一度もありませんでした。 なので、最初は「フランスのホームステイ事情は悪くないなぁ」と思っていたのですが、ほかの友達の話を聞くと、ステイ先によって本当にピンからキリまであるということが分かりました。細かいところは個人によっても違うと思いますが、これはひどいと思ったのが、 ・好きな時間にトイレに行けない(うるさいので夜中は水を流してはいけない、最悪なのはおまるにしろと言われた) ・先にお風呂を使わせてもらえずお湯が出ないことがある ・水をたくさん使うと文句を言われるのでトイレやお風呂も気兼ねしないといけない ・食事がひどい(腐りかけものを出される、内容があまりにもお粗末) ・他のステイメイトに比べあきらかに対応が悪い などです。 こういう場合は、学校に言えばステイ先を変更してもらえます。自分で直接交渉しなくていいし安心です。みんなかなり我慢して、我慢しきれずに変更してもらうというパターンが多かったように思います。ステイ先をかえるというほかに、一人暮らしにするという人も多かったです。 わたしは逆のパターンで、3ヶ月ホームステイの後3ヶ月一人暮らしの予定でしたが、同じ家庭で了承をもらい、すべてホームステイにしてもらいました(業者が見つけてくれた一人暮らし用のストゥディオがいまいちだったということもあり)。私の場合はつねに他に5−6人ステイメイトがいて、あまり過干渉されなかったのがよかったということもあります。でももしフランスのご家庭に入り込んで仲良くしたいというならば、あまりステイメイトがいないほうがいいと思います。 なんにせよ、希望することとがあれば、最初に学校側(業者)にきちんと伝えておいてください(それでも駄目なときもありますが)。常識の範囲であれば大丈夫だと思います。ただし、施設面等であまり条件をつけすぎると、いいご家庭に当たりにくくなることもあるかと思いますのでご注意ください。

    この口コミは参考になりましたか? URL

  • Shirokuro
    日本
    1人が「参考になった」と評価
    買い物、飲食4.0
    滞在者(滞在期間:2014年11月~)2016/01/25
    フランスはいたるところでMarché(マルシェ、市場)が開かれていますが、トゥールももちろんあります。街中の大きいものですと、les Halles前に水曜と土曜日、トゥール駅周辺ではVelpeauで日曜日に毎週開催されています。すべて午前中のみです。土曜日のほうが賑わいますので、出店するスタンドも多くなります。 野菜や果物を中心に、チーズ肉や魚も売られています。新鮮で安い場合が多いのでいつもたくさんの人で賑わっています。特に果物はびっくりするぐらい安いです。 Velprauのマルシェは、洋品店も多くなんとなくごちゃごちゃしている感じなので、個人的にはles Hallesのマルシェのほうが好きです。そばにあるles Hallesは毎日開いている市場でもありますので、そちらでも買い物が出来ます(しかし野菜や果物はかなり割高です)。そちらには、パン屋や中華総菜のお店、香辛料店、ワインの店も入っていますし、奥には冷凍食品の店もあります。 そのほか、水曜と土曜には裁判所前のベランジェ通りで花市も開かれています。なかなかの規模なので、見ているだけでも楽しいです。 ほかにも、規模は小さいですが、いろいろな場所でマルシェがありますので、ぜひ足を運んでみてください。

    この口コミは参考になりましたか? URL

  • Shirokuro
    日本
    1人が「参考になった」と評価
    買い物、飲食2.0
    滞在者(滞在期間:2014年11月~)2016/01/24
    文房具についてです。 安ければもちろん質は悪く、多少の値段がしても質はよくないです。しかも全然おしゃれじゃありません。いいものも売っていますが、高いです。日本のように安くていいものははっきりいってありません。なので、日本の文具(ペン類)もたくさん売られています(が、当然かなり割高です)。そのなかで比較した結果、他より少し安くていろいろあるというのは、トゥールの北にあるCulturaかと思います。 もっと事務的なものですとBuroterもよく利用していますが、事務用品でもなぜかCulturaのほうが安いことが多いので、そこで手に入らないものだけBuroterを利用しています。Culturaは文具だけではなくいろいろな工作用品や手芸用品、画材用品も売っているので見ていても楽しいです。 街中ですと、Papieterie Tereygeol か Cadres et Papiers が便利ですが、高めです。質を求めなかったり、特殊なものでなかったら、大型スーパーで買うほうがずっと安いです。 また、フランスのノートは罫線がにほんのものとは違うし、なんといってもがっかりしたのが、ルーズリーフがないことです。厳密にはあるのですが、2つ穴のみです。はさむバインダーも、いつの時代のだろう・・・と思ってしまう程です。 消しゴムも質が悪いです。こちらの人は、ペンで書いて間違ってもぐりぐりと消すだけなので消しゴムの必要があまりないのかもしれません。ということもあってか、シャーペンの芯も少なく、HBより濃いのはまず見つかりません。 ですので、私を含め、日本人は日本から取り寄せるか帰国時に購入するか、という感じで日本のものを使っている人が多いです。 まったく気にならない場合は、安いものを手に入れるのも可能なのでかまいませんが、気になる方は日本からある程度持って来られることをおすすめします。

    この口コミは参考になりましたか? URL

新規投稿

  1. 1投稿先を選択
  2. 2関係性を選択
  3. 3口コミを書く
どの学校について口コミを書きますか?
留学エージェントの口コミを書く国・州・都市の口コミを書く
「いま在学している」「以前に留学した」など、あなたのよく知っている学校を選んでください

質問・相談

新規投稿
  • 質問・相談を募集中です(質問・相談を投稿する)

新規投稿

質問の投稿にはログインが必要です。

滞在経験者

  • Shirokuro
  • ORCA
  • Annakarina
  • トゥールの留学情報ならアブログ

    留学コミュニティサイト「アブログ」では、トゥールの都市情報、大学、大学院、短大・コミカレ、専門学校、語学学校、高校、ボーディングスクール、留学エージェントのデータを公開しています。
    また実際にトゥールに留学した経験者の口コミから、評判、費用、奨学金、留学後の就職、予防接種、ビザ申請の準備、携帯電話、トゥールでの口座開設に関する情報も確認できます。
    アブログには、トゥールの短期留学、学位留学、正規留学、大学留学、社会人のMBA留学、語学留学、親子留学など、あらゆるタイプの留学経験者が登録しています。
    ぜひ留学の準備にご活用ください。

    トゥールに対して...

    口コミを投稿する
    または

    トゥールに対して...

    質問を投稿する

    留学経験者に個別相談を依頼する

    留学経験者に依頼を出して、個別に留学について相談することができます。

    留学経験者の紹介の流れ

    STEP 1:【無料】相談依頼を出す

    STEP 2:【無料】応募者の経験者プロフィールを見てから正式依頼を判断

    STEP 3:正式に依頼

    正式依頼までは全て無料です!
    まずは相談したい経験者が見つかるか無料で確認してみませんか?

    必須お名前
    必須メールアドレス
    必須性別
    必須検討している国・学校(複数記入可)
    留学先として検討している国や都市、学校があればご記入ください。
    必須プラン
    エッセイ添削は、文量及び専門性によって価格が異なります。合格エッセイは志望校に合格した際に提出したデータを受け取ります。あくまでも参考用でコピー使用は禁止しております。
    必須依頼したいこと
    必須相談・依頼内容
    経験者が応募するべきか判断する重要な情報になります。依頼したい内容を具体的にご記入ください。

    この問い合わせの完了をもって、利用規約 および プライバシーポリシー を読み、内容に同意したものとみなされます。