留学希望者へのメッセージ

留学は異文化の環境に身を置きます。恐らく現地の人と価値観の違いを実感したり衝突することもあるかと思います。だけど、それを恐れないことが一番大切です。まずは、ありのままの自分でコミュニケーションをとること。伝えようとしない限り、向こうはきいてくれません。それを二度の語学留学で実感しました。ぜひ、積極的に違う環境へ飛び込んでみてください。得られるものもあるはず。何かご質問があればお気軽にどうぞ!

投稿記録

口コミ
8件
標準点
3.71点
回答
1件
ベストアンサー
1件
質問
0件
写真
18枚

基本情報

留学タイプ
語学留学
経験した滞在
学生寮
ビザの種類
学生ビザ
ビザなし
手続きした方法
全て自分で手続き
教育機関を通じて
留学前の職業
学生

口コミ

  • 国立成功大学への投稿
    duoduo
    日本
    5人が「参考になった」と評価
    学生寮4.0
    元在校生(通学期間:2014年9月~2015年1月)2016/01/31
    寮は生活の場ですから、非常に重要です。オンキャンパス、オフキャンパスのどちらも選ぶことができますし、現地でルームシェアをすることも可能です。ここでは、私が滞在していたオフキャンパスの太子寮(太子學舍 Prince dorm)についてお話しようと思います。 ・利点 ①台南駅、大学へのアクセスがよい 学外では、学校に一番近い位置にあります。初日は重いスーツケースとともに台南にやってくるだけで大変疲れます。また、台南駅についたところで、エレベーターやエスカレーターなんて便利なものありませんでした。現地のお兄さんに手伝ってもらって、階段を昇降できましたが、駅の改札をでるまでにとても疲れます。私は9月1日に到着したので、非常に暑い!立地にはほんと救われました。 ②他寮にはない二人部屋 これがこの寮を選んだ最大の目的です。現地台湾人か外国人の友人をつくりたかったので。しかも、料金は一人部屋しかない寮よりも安い。結果的に、親友ともいえる台湾人の友人ができました! ③最初はこの寮を選ぶ留学生が多い 私のクラスはとても多かったです。クラスメートが10人程度いたうち7割がこの寮でした。最初の不安な時期、同じ寮にクラスメートがいるのは心強いですよ。一緒に勉強できるし、不安なとき励ましてくれたり、遊びに誘ってくれたり。そんな彼らも、四か月後にはほぼ引っ越してしまいましたが。 ・難点 ①普通の寮 公式ホームページなどでは、ホテル式の寮であると書かれていますが、実際は普通の寮です。たまにイベントも開催してくれますが、「ホテル」のように手厚い ホスピタリティがあるわけではありません。期待しすぎない方がいいです。 ②電気代のチャージが必要 電気カードを差し込んでいる間、オン・オフに限らず常に消費されます。夏場は節約しようと思いエアコンを消していましたが、熱中症気味になりました…。私のチャージ回数は4か月程度で2、3回(確か500/回。あるいは好きなだけ)。ルームメイトと割り勘してたので、2人で合計4、5回はチャージしてました。 ・最後に 私個人はこの寮で友人と絆を深めることができたのでまあ満足していましたが、他の人たちは結構不満だったようです。一番注意してほしいことは、センターを通じて申し込む場合、しつこく確認しましょう。友人のなかには忘れられた人もいたようです。ご質問あればお気軽に!
    私の机
    ユニットバス
    玄関

    この口コミは参考になりましたか? URL

  • 国立成功大学への投稿
    duoduo
    日本
    4人が「参考になった」と評価
    カリキュラム、教材4.0
    元在校生(通学期間:2014年9月~2015年1月)2016/01/31
    2014年秋に語学留学していたものです。総合コメントのほうでは、一般的なクラス分け方法とクラスごとの学習進度などについて書きましたが、そこでふれていなかった個人班について書こうと思います。現在、公式ホームページでは日本語版を改装中のようですので、ご参考に。 ・個人班とは? マンツーマンのクラスです。先生と一対一で授業が進行するので、自分の習熟度にあった授業を受けることができます。先生を決めるには、授業でやりたいことやその目的、そして時間割表で空いてる時間をスタッフに申し出ます。すると、スタッフがアレンジメントをしてくれて、先生を選んでくれるというシステムです。なので、指名制ではありません。ただし、こちらの条件と先生のが合致していれば、指名できなくもないかと。どの先生もお忙しそうなので、指名が100%叶うというわけではありません。 ・授業の進め方は? こちらの目的次第です。テスト、予習・復習の有無も同様。授業数、受講目的によってはテストが実施される可能性もあります。私は中国語の本や新聞読解を目的としていたのでテストはありませんでしたが、その代わりに予習は大変でした笑 わたしの中国語レベルは、スピーキングに遠く及ばなかったので。授業自体は、英語と中国語で行われました。重要な単語、文法については英語で解説、中国語になれて来たら、意味の言い換え、内容の要約はこちらが中国語で説明し先生がコメントする、という形でした。 ・先生による違いは? 事前に渡すもの、教え方などなど先生によってだいぶ異なります。最初私をみてくれた先生は、英語と中国語を交えて台湾文化の説明をしてくれました。一方、後半の先生は、(私の習熟度があがってきたからか)授業は全て中国語で早口でした。笑 このように先生によって違いはありますが、学ぼうとする意思さえあれば基本的にみな優しいです。 ・授業料について 総合コメントで言い忘れてたことがあります。奨学金班、小班、個人班のどれも授業料は均一ではありません。特に奨学金受給者は注意してください。小班よりも多少高額であるにもかかわらず、ホームページに掲載されていませんでした。必ず、問い合わせをして確認したほうがいいです。クラスメートの外国人たちはこれについては相当不満気でした。

    この口コミは参考になりましたか? URL

  • 台南への投稿
    duoduo
    日本
    2人が「参考になった」と評価
    気候3.0
    元滞在者(滞在期間:2014年9月~2015年1月)2016/01/28
    台南は1年を通じて温暖な気候です。「夏と秋しかない」と評されていることもしばしば。 ・真夏暑すぎな台南 8月の台南も経験したことがあったので、9月はそこまでじゃないだろって高をくくっていたら痛い目を見ました。笑 10月終わりまで暑いです笑 暑さを舐めちゃいけません。東京のコンクリート地獄とはまた違った種類です。あちこちにドリンクスタンドがあるので、水分補給はできますが・・・。夏に来られる方は、無理のない日程を組むことを強くお勧めします。冷房無しでは生きていけない。ただ、要注意なのは、建物の内外で温度が全く違います。室内は冷房が効きすぎているところもあるので、カーディアンとか羽織るものを準備したほうがいいと思います。あと、いくら暑いからといっても、近年の気候変動の影響もあってか、台南でさえ涼しいと感じる日もあります。決してタンクトップや薄着だけ持って行かないように気を付けてください。台南でしか過ごさない場合はセーターは不要。冬に台北に行く場合は必須ですが。 ・秋?な台南 私が滞在していた4か月間では、最低気温13度程度。それでも現地の台南人は寒くてしょうがないらしく、コートを羽織ったりダウンを着たりしてました。外国人は余裕で薄着してましたが。以前デング熱で話題になったように、蚊は非常に多い。夏だろうが秋だろうが関係ありません。気温も多少下がってきたら、長袖長ズボンで刺されることを防いだ方がいいです。 最後に。 暑さに耐性のない人は、真夏の台南は控えてたほうが良いかと思います。異国の地だからこそ、行動は慎重に。ある程度備えてからいくといいかと思います。

    この口コミは参考になりましたか? URL

  • ピーターバラへの投稿
    duoduo
    日本
    2人が「参考になった」と評価
    買い物、飲食3.5
    元滞在者(滞在期間:2010年9月~2010年12月)2016/01/28
    私が滞在していたときからすでに5年も経過しているので、現在とは多少異なると思います。参考になれば幸いです。 ・街の雰囲気 トレント大学と同様に、とてもゆったりとした時間が流れていました。東京のような大都市で過ごしてきた人にとっては、静かすぎると思うかもしれません。たまにストリート音楽家がいらっしゃって、歌声とギターを披露していました。街の状態は、汚いわけでもなく、格別に清潔なわけでもなく、普通。日本と違て面白いと思ったのは、民家が国旗を掲げているところが非常に多かった。飲食店街からそれて住宅街に入ると、カナダ国旗ばかり目につきました。national dayだったわけでもなかったので、少し不思議。 ・生活必需品 ウォルマートが近隣にあるので、バスにのって買い物に行きました。場所はおぼえてないんです、すみません…。ウォールマートの横に格安リサイクル店があり、一定数買い物すると割引券がもらえます。生活必需品はこれら2店で主に買い物してました。語学留学していたトレント大学にも生活品は売ってましたが、リネンはなかったので。champlain寮が販売していたリネンは薄っぺらくてとても冬は越せなかったし、行ってよかったです。 ・飲食店 現地の料理に飽きた時は、日本料理店に行きましょう。笑 格安のお店は札幌、hoshi、その他一店は下町の寿司屋みたいな感じです。どのお店も日本人ではなく、中国人と韓国人が経営してます。普通に美味しかった。現地のお店の中では、喫茶店とショッピングセンターに入り浸っていました。ただし、トレント大学からピーターバラの繁華街にでるまでもバスを使わなければならなかったので、留学中はそこまでいかなかった。あ、バスは学生証見せれば無料でした。
    ショッピングセンター
    喫茶店
    手羽先?のお店
    札幌
    downtownの街並み

    この口コミは参考になりましたか? URL

  • duoduo
    日本
    1人が「参考になった」と評価
    カリキュラム、教材4.0
    元在校生(通学期間:2010年9月~2010年12月)2016/01/27
    2010年にESLレベル2 English for university programを受講していました。受講内容は、読み書き、発音とスピーキング、文法などです。各教科ごとに先生が分かれており、みな女性でした。それぞれテキストを大学内のショップで購入します。 ・読み書き テキストに沿って進められていきます。内容はカナダ文化でした。予習と復習が義務付けられ、定期的に小テストがあったと思います。先生によって進め方が異なるようですが、私の先生は基本的に口頭説明がほとんどで、板書きはほぼありません。読み書きといっても授業ではリーディング、宿題でライティングが基本でした。個人的には宿題の方がためになったなと思いました。先生は英語で作成する際の文章構成をいつも意識していたので、その経験がめぐりにめぐって帰国後のレポートや論文の構成に活きてきました。宿題でだされるのは、文章構成のアウトラインと作文です。作文には、ミスの訂正、感想、gradeなどがつけられます。 ・発音とスピーキング 授業で「音の出し方」についてのプリントが毎回配布され、授業の頭で発音の理解度を確認、また、決められた音を使って短文作成や短いプレゼンを行ないました。受講生はアジア人がほとんど。それも中国人と日本人が大部分です。アラブ人も苦戦していたようで、会話では「難しいよね」というやりとりばかり。笑 なかなか大変でしたが、期末プレゼンの評価は学生・先生からフィードバックされたので、自分の達成度が客観的にわかるだけでなく、発音へのダメ出しでへこんだりしました。 ・文法 当初、先生は厳しめだったので、いつも緊張して授業を受けていました。日本で習った文法よりもさらに細かく知れたので、とても面白いと思いました。授業が進むごとに先生も優しくなっていきました笑 大学受験のとき勉強した知識さえあれば、こちらで習う文法も日本で習うのと大差なく、難しくはないです。期末は自分の国の文化紹介についてのプレゼンだったかと思います。アラブ人、中国人、日本人、ロシア人のクラスでしたが、先生はどの文化にも関心が高いようで必ず質問をしていました。 ・成績について 普通に授業を受けて宿題を出していれば、落第にはなりません。

    この口コミは参考になりましたか? URL

全ての口コミをみる(8件)

質問・相談

  • 投稿した質問・相談はまだありません

回答

  • 元在校生 duoduo
    午後は研究活動が中心で、たまにクラスメートと宿題したり遊んだりしていました。友達のアパートでパーティーしたり、寮の屋上で悩み相談したり、誕生日会、クリスマスパーティー。
    初級奨学金クラスは当時他に日本人もいなかったし、自由人な外国人ばかりだったから、きままに過ごしていましたよ。
  • 元在校生 duoduo
    回答が遅れてすみません。

    実際に住んでみてどうだったか、ですが、日本人が期待する親日的な手厚い歓迎はないです(私があまり日台交流会のようなイベントごとに参加しなかったからかもしれませんが)。向こうのざっくばらんで開放的な文化があうかどうかで、臺灣生活が充実するか否かが決まると思います。

    授業の感想は、多少文法で苦労することもありましたが、台湾の中国語は繁体字ですし、特別難しいとは感じませんでした。友人によれば、一応プレイスメンステストで習熟度別にクラスが分かれるので、筆記・ヒアリングなどの試験の出来次第だと思います。ただ、申し訳ないことに、私は奨学金受給者の初級コースだったので、あまり参考にならないかもしれません(スタッフと全部英語でやりとりしてたら、ノーテストかつ問答無用で上記コースになってたのです・・・)。

    上記クラスだったので、クラスメイトは全員外国人(南アジア、東南アジア、アフリカ、ヨーロッパ、中南米)です。みんな初心者だったので特に優劣もなく、みんなでお互いの面白い間違いをネタにして笑い合うくらい仲の良いクラスでしたよ。ご飯みんなで食べに行ったり、誕生日会を開いたり、お別れ会やったり。一番仲の良いクラスでした。
    私のクラスは日本人は自分のみでしたが、他のクラスも一クラスでの日本人は2名ぐらいでした。友人によれば、最近は短期語学留学で来台する日本人も多くなったようですので、もう少し比率があがったかも。

    住んだのは学校から一番近いオフキャンパスの寮、太子prince dormの二人部屋です。台湾人がルームメイトでした。部屋は、二人部屋なので結構広いです。ベッド2、机2、中央に洗濯竿ひいて、ちょうどド良い感じ。ユニットバス?でトイレとシャワーが一緒。そのセクションはあまり綺麗ではなかったです。バスタブは無。トイレも流せないので、夏場の処理は考えました。夏場は、クーラーつけないと地獄です。
    それでも住めば都というか、友人やルームメイトにも恵まれていたのでとても楽しかったです。

    回答になりましたでしょうか。
  • 元在校生 duoduo
    私の記憶では、延長手続きの仕方や期限、移民署(手続きの場所)の住所など必要情報は教えてもらいましたが、一緒に手続きにいくなどの手伝いはしてもらっていません。英語で書かれた情報用紙を配られただけです。英語ができず手続きに不安のある人も、語学センターのスタッフに再度方法を確認したぐらいです。私のときは、結構外国人の友人同士で固まって手続きに行くか、寮のルームメイトや語学交換で知り合った台湾人と一緒に行って手伝ってもらってましたよ。
    学校側の対応としては、きけば教えてくれるし、わからなければ何度でも丁寧に説明はしてくれるけど、一緒に手続きするようなサービス環境は残念ながら整っていないです。だからこそ、助けてくれる友人をつくったほうがいいかもしれません。
  • 元在校生 duoduo
    回答が遅れましてすみません。成功大学文学院華語中心の元在校生です。

    まず、宿舎について。
    たいていの語学留学生はオフキャンパスのNando1,2(成功大学苑)か Prince dorm(太子学舎)をつかいます。前者はシングルルームのみ、後者はシングルとダブルのどちらもあります。てっとりばやくルームメイトがほしい場合は、Prince dormのダブルがいいかも。家賃もダブルのほうやすいですよ。
    正規の学生もだいたい同じ寮です。

    次に先生について。
    中国語の先生はみな女性です。性格や年齢はさまざま。はきはきした先生、おっとりした先生、文学的な先生、いろいろです。結婚されてる方もいて、イベントにお子さんをつれてきたり。雰囲気はみな明るくて、堅い生真面目な先生はいませんでした。

    留学生について。
    国籍は様々です。年度や季節によって違いはありますが、秋入学であれば、欧米やアフリカからの留学生もやってきます。アジア系が5、60%、欧米30%、アフリカ20%ぐらいでしょうか。滅多に会うことのない国の人も多いですよ。中米、南米、南アジアとか。

    最後に、生活について。
    台南はとにかく暑い。涼しいときは15度。とにかく体調管理には気をつけましょう。よく食べて寝て、無理な活動はしない。ご飯はおいしいですが、味が濃かったり、水が硬水だったりするので、馴れるまでは大変かもしれません。向こうの人はのんびりしてるので、あまりせかせかしないほうがいい気がします。
    あと、台湾人の性格ですが、男女ともにはっきりしていますし、言うべきところは主張してきます。あまり面を食らわずに、相手の文化も尊重した上で、こちらもいうべきことははっきり伝えたほうが良好な関係を築けます。

    以上、お答えになりましたでしょうか。

    寮、先生、留学生、生活のどれも、私が投稿した記事がありますので、そちらもご覧くださいね(語学留学のところに書かなくてすみません)。
    なにかありましたらまた質問してください!
  • 元滞在者 duoduo
    語学系の大学というのは、語学留学を見据えてということでよろしいでしょうか。正規留学(現地の言語で大学の授業をうける)だとおちからになれないかもしれまんが、語学留学に関して回答させていただきますね。

    現地の日本人などにきいたところ、台北の師範大学や台湾大学は日本人留学生を多く受け入れているようです。どちらかには日本人のみのクラスが設けられていると聞いたことがあります(意図してのことなのかはわかりません)。上述の二大学は昔から日本人学生が多いので、日本人慣れしていると思いますよ。

    日本台湾教育センターが設立されてから、わりとどの大学も積極的に受け入れしてるように思います。台湾北部の私立だと淡江とか東呉など。東呉には日本語学科もあるので、友人を作りやすいかも。南部国立大学ならば高雄師範大とか中山大学。国立大学なら基本的に師範大学を選ぶ方が多いかもしれません。
    自分でお探しするなら、語学留学ホームページに日本語ページがあるか調べてみるとよいかと。
    日本人慣れしておらず、交通が不便な地域などは、台湾慣れしていない人にはお勧めできません。

    以上、ご参考にしていただければ幸いです。
全ての回答をみる(6件)