口コミ・評判18件

新規投稿
  • ntm_momo
    日本
    0人が「参考になった」と評価
    国際色、日本人比率5.0
    在校生(通学期間:2014年9月~2018年7月)2017/11/15
    As there are lots of international students, student support are very good and you can make friends literally from all over the world.

    この口コミは参考になりましたか? URL

  • ntm_momo
    日本
    1人が「参考になった」と評価
    国際色、日本人比率5.0
    在校生(通学期間:2014年9月~2018年7月)2017/11/15
    Very diverse. Sussex has great international students support as there are many students from overseas

    この口コミは参考になりましたか? URL

  • K0813
    日本
    1人が「参考になった」と評価
    講師2.0
    元在校生(通学期間:2012年9月~2013年8月)2017/04/21
    (Institute of Development Studies) Almost all teachers too busy to supervise students. This might be the same in other institutions in the UK.

    この口コミは参考になりましたか? URL

  • ktkt
    日本
    1人が「参考になった」と評価
    カリキュラム、教材4.5
    元在校生(通学期間:1978年9月~1979年7月)2017/03/04
    専門的な知識を得るために必要な教材が豊富です。指定された書物を読み、レポートを書くことが多く、英作文の能力がかなり高い方向けです。教授陣は非常に細かな点に注意を払い、講義をして下さるので、大変勉強になります。図書館での学習と寮での読書、レポート作成が非常に重要です。

    この口コミは参考になりましたか? URL

  • Joueur_de_cor
    日本
    1人が「参考になった」と評価
    遊び4.5
    元在校生(通学期間:2012年8月~2013年8月)2016/01/05
    サセックス大学は、ロンドン以外ではかなり遊ぶのに条件のよい場所にあるのではないでしょうか。 まず、ロンドンへの近さ。キャンパス最寄りのFalmer駅からロンドンまでは1時間ちょっと。料金は曜日と時間帯によりけりですが、学割など活用すれば格安です。いくらだったかはっきり思い出せませんが、休日のロンドン地下鉄フリーパス付きで往復15ポンドとかだったような…私はよく夜のクラシックコンサートを日帰りで聴きに行っていました。21時に公演が終了して、ギリギリ充電には間に合いました。とても楽しめました。 そして、ブライトン自体も観光地なので、買い物には困りません。パブやコンサートホールなどもあります。夏はビーチでくつろぐのもいいですね。ただ私はあまりブライトンの街では楽しまなかったので、あまり多くは語れません。 また、Falmerの隣駅のLewesも素敵ですよ。アンティークショップが立ち並ぶ、可愛らしいイギリスの田舎町です。とてもフォトジェニックなので、よく晴れた日にカメラを持ってお散歩に行くことをお勧めします。田舎町と書きましたが、実際は高級住宅地というか、わりと裕福な方々が住んでいるようです。

    この口コミは参考になりましたか? URL

  • Joueur_de_cor
    日本
    2人が「参考になった」と評価
    国際色、日本人比率3.0
    元在校生(通学期間:2012年8月~2013年8月)2016/01/05
    特に何か期待していたわけではありませんが…まず、全体的な印象としては中国の学生が多い。時々、キャンパス内でここは中国かと思うぐらい多い。Under graduateはどうか知りませんか、Post graduateだと本当に中国人比率が高いです。 中国人のフラットメイトに聞いたところ、中国の教育システムが破綻していること、超一流大学(すごい倍率らしい)以外は箔がつかないことから、みんな海外の大学院に行く、というようなことを言っていました。本当かどうかは確かめていません。 日本人比率は専攻によるのではないでしょうか。日本人に人気の開発学関係であれば、クラスメイトに日本人がいることも珍しくないと思います。むしろ日本人留学生のほとんどはこの専攻だと思います。 私の専攻はMA ELT (English Language Teaching) で、30名ほどのクラスメイトの中で日本人はもう一人いました。多くは英語の先生を目指す人のための専攻、ということで、留学生比率は高かったと思います。圧倒的に多いのが中国、そしてフィリピン、インドネシア、クウェートから一人ずつだったと思います。イギリス人は5-6人ぐらいだったような…。

    この口コミは参考になりましたか? URL

  • Joueur_de_cor
    日本
    1人が「参考になった」と評価
    カリキュラム、教材4.0
    元在校生(通学期間:2012年8月~2013年8月)2016/01/05
    私の専攻はMA ELT (English Language Teaching)だったので、このコースについてお話します。 サセックス大学のELT (他校ではTESOLやTEFL/TESLと呼んだりもします)は、職務経験を必要としないコースです。そのためだと思いますが、あまり専門的な選択制のコースに分けられることはなく、前期・後期でそれぞれ基本の一コマ、その他に前期はLanguage Analysis、後期は選択授業を一コマ、という構成でした。 選択授業は先生によりけりでしたが、基本的にどの授業のカリキュラムもよく練られている内容で、とても楽しかったです。 といっても、はじめのうちは海外の大学の授業スタイルに慣れていなかったため、論点ペーパーのようなものを渡され積極的に発言を求められる授業の進め方に最初は戸惑いました。しかし、前期の終わり頃に、ふと論点に対する自分の意見を導き出せるようになっていることに気付き、計算された授業構成にとても感動しました。 不満があるとすれば、自分の努力不足もありますが、一年では短いということ。まともな文章の書き方が身についてきた頃にもう卒論を書かなければいけないので、相応のバックグラウンドがなければやはり2年は必要だと思いました。

    この口コミは参考になりましたか? URL

  • Joueur_de_cor
    日本
    2人が「参考になった」と評価
    講師4.0
    元在校生(通学期間:2012年8月~2013年8月)2016/01/05
    私の専攻はMA ELT (English Language Teaching)でしたので、このコースの講師のことについてお話します。 どこでもそうだと思いますが、色々な講師がいました。よかった授業もあれば、いまいちだったものもあります。特に素敵な講師だと思ったのはCourse ConveinerのAndrewでした。彼の授業は、論点を示し、学生に自分で考えるためのヒントを与えながら、最後には自分なりの考えを導けるようにさせるというものでした。大学院生として在籍した一年の中で、いちばん興味深かったのはコースコンテンツよりもこの彼の授業スタイルだったと言っても過言ではありません。 いまいちだった講師は、何がいまいちだったかというとクラスルームのファシリテーションでした。色々な意見を引き出し、意見を位置づけ、新しい視点を加え…といったことが不得意で、これは学生側の努力も足りないのだと思いますが、授業から持ち帰るものが少なかったです。 以上は私の意見ですが、日本のような一方的に教えられるスタイルの授業を期待していると、また違った意見になると思います。中国人の若いクラスメイトたちも、教えてもらうことを期待していたようで、授業からなにも学べていない、と不満を話していました。

    この口コミは参考になりましたか? URL

  • Joueur_de_cor
    日本
    2人が「参考になった」と評価
    食堂2.0
    元在校生(通学期間:2012年8月~2013年8月)2016/01/04
    はっきり言って、食堂にはあまり期待しないほうがいいと思います。入学したての頃に何回か利用しましたが、通う気にはなりませんでした…。 唯一まあまあだなと思ったのは、キャンパス内にあるイーストスロープのパブのハンバーガーぐらいでした。 私はオンキャンパスの寮に住んでおり、食事は全て自炊していました。大学院生で、授業は週二回、14:30開始なので、ランチも自分のキッチンで済ませてから向かっていました。5週間のプレセッショナルの時期のみ、朝から夕方までみっちり授業があったので、サンドイッチなど買って済ませていました。 普段料理をしない人もいるかもしれませんが、きっと日本のお米や醤油味噌の味付けが恋しくなると思いますので、学食やテイクアウトだけで乗り切るつもりでは厳しいと思います。頑張って料理をするか、食べさせてくれる日本人の友人を見つけることをお勧めします。 因みに自炊に関してですが、基本的な肉、野菜は日本とあまり変わらないものが手に入り、そこまでメニューに困ることはありません。手に入りやすい野菜はキャベツ、にんじん、じゃがいも、ピーマン、トマト、ネギ、ナスなど。米や日本の調味料は中華食材店や日本食材店で。私はイタリア産の日本米?を買っていて、お値段はあまり日本と変わりませんでした。醤油やみりんなどは日本の倍かそれ以上しますが、買えない値段ではありません。 炊飯器は、お下がりでなければ入手しづらいので、レンジで炊けるプラスチックでできた炊飯器を持って行くと便利ですよ。Amazonなんかで格安で手に入り、現地で捨てて来れます。

    この口コミは参考になりましたか? URL

  • Joueur_de_cor
    日本
    2人が「参考になった」と評価
    学生寮4.0
    元在校生(通学期間:2012年8月~2013年8月)2016/01/04
    Stanmer Courtという名前のオンキャンパスの寮で暮らしていました。大学院生が選べるオンキャンパスの寮としてはベストな選択だったと思います。2012年当時一番新しいのはNorth Fieldという寮でしたが、壁が薄くて隣人の音がうるさいと聞きました。実際に遊びに行ったときも、階段など作りが簡素な印象を受けました。Stanmer Courtは二番目に新しく、設備もしっかりしています。人によっては、日本のように温かくないトイレや、バスタブのない浴室、固いベッドマットレスが気に入らないかもしれませんが、そこはオンキャンパス寮であれば諦めないといけないですね。 いちばん生活の満足度を左右するのは、設備よりもフラットメイトだと思います。アジア人はアジア人で固められる傾向があり、私のフラットメイトも4人が中国人、1人がタイ人でした。インターナショナルな環境を期待していると少しがっかりするかもしれません。わたしのフラットメイトは幸いみんないい子ばかりで楽しかったですが、だらしない子と一緒になると、共有するキッチンや冷蔵庫まわりのことでストレスがたまると思います。特に中国の子の料理は油が飛び跳ねることが多くキッチンが汚れるので、そこは私も多少ストレスでした。ただし週一で清掃の人がしっかり綺麗にしてくれますよ。

    この口コミは参考になりましたか? URL

口コミを投稿する

  1. 1投稿先を選択
  2. 2関係性を選択
  3. 3口コミを書く
どの学校について口コミを書きますか?
留学エージェントの口コミを書く国・州・都市の口コミを書く
「いま在学している」「以前に留学した」など、あなたのよく知っている学校を選んでください

サセックス大学に対して...

口コミを投稿する
または

サセックス大学に対して...

質問を投稿する

留学経験者に個別相談を依頼する

留学経験者に依頼を出して、個別に留学について相談することができます。

留学経験者の紹介の流れ

STEP 1:【無料】相談依頼を出す

STEP 2:【無料】応募者の経験者プロフィールを見てから正式依頼を判断

STEP 3:正式に依頼

正式依頼までは全て無料です!
まずは相談したい経験者が見つかるか無料で確認してみませんか?

必須お名前
必須メールアドレス
必須性別
必須検討している国・学校(複数記入可)
留学先として検討している国や都市、学校があればご記入ください。
必須プラン
エッセイ添削は、文量及び専門性によって価格が異なります。合格エッセイは志望校に合格した際に提出したデータを受け取ります。あくまでも参考用でコピー使用は禁止しております。
必須依頼したいこと
必須相談・依頼内容
経験者が応募するべきか判断する重要な情報になります。依頼したい内容を具体的にご記入ください。

この問い合わせの完了をもって、利用規約 および プライバシーポリシー を読み、内容に同意したものとみなされます。