口コミを投稿する
    質問を投稿する
    比較リスト追加

    基本情報

    編集する
    韓国
    都市
    論山
    学校名/名称
    建陽大学校
    건양대학교
    Konyang University
    学校形態
    大学
    大学院
    設立種類
    私立
    創立年
    1991年
    学生数
    -
    学生の男女比率
    -
    学生の国籍割合
    -
    教員数
    -
    スタッフ数
    -
    クラス数
    -
    対応言語
    -
    加盟・認定団体
    -
    施設
    -
    取得できる学位
    -
    電話番号
    +82 41-730-5114
    ウェブサイト
    http://www.konyang.ac.kr/

    口コミ

    新規投稿
    • Yangmr26
      日本
      1人が「参考になった」と評価
      国際色、日本人比率4.0
      元在校生(通学期間:2010年3月~2011年2月)2016/01/10
      建陽大学は韓国の中でもかなり田舎なので外国人留学生ははっきりいって少なかったです。私が留学したときは語学堂には中国人、カンボジア人、日本人、グアテマラのみでした。あまり留学生がいないせいか、道端で日本語で話しているとじろじろ見られることもありました。でも日本人学生が少ないおかげで韓国語の勉強は集中してできたと思います。また総長からは日本人を優遇してもらったので食事会や学費の面でかなり援助してもらいました。それに比べ中国人は各学科、語学堂にいたので中国人同士でつるんだりしていました。日本に興味がある中国人やカンボジア人とは仲良くなりました。建陽大学の日本語学科の生徒がお世話をしてくれたのでお互いに言語を教えあったりしました。日本人は全部で10人以下だったので他の大学に比べると少ないほうだと思います。日本語学科の先生の中には日本人の先生方も何人かいらっしゃいましたが先生方とはあまり交流がなかったです。(日本語ができる韓国人教授とは仲良くなりました。)また、留学に行ったころは韓国語ができなかったのですが、留学生支援センターの先生の中に日本語が上手な先生がいたのでその先生が最初のころはたくさん支援してくださいました。日本人が少ないので勉強に集中したい人にとってはいい学校だと思います。

      この口コミは参考になりましたか? URL

    • Yangmr26
      日本
      2人が「参考になった」と評価
      学生寮5.0
      元在校生(通学期間:2010年3月~2011年2月)2016/01/10
      建陽大学には寮が4つありました。(私が把握している分で)4人部屋、男子寮、4女子寮といろいろと分かれている寮でした。そのなかで私が住んでいた寮は建陽大学の中でも一番新築できれいな寮でした。人数は4人部屋ですが部屋の中が二つに分かれており実質的には2人部屋のような感じでした。部屋内のトイレとシャワー室を4人で共同で使う感じでした。部屋内はベッド、勉強机、クローゼットがあり、オンドル・エアコン完備でした。記憶は確かではありませんが5階か4階までが男子専用階、それより上が女子専用階でした。寮にはエレベーターがあり、地下にはランドリールームとスポーツジムと会議ルームがありました。各階には浄水器(冷水・お湯どっちも出る)と当時はありませんでしたが現在は冷蔵庫もあるようです。各階には班長がおり、毎週掃除検査と点呼がありました。寮での生活はとても快適でしたが寮内でご飯などを食べてはいけず、外の食堂が夏休みなどでしていないときは不便でした。こっそり食べるときもありました。夏はエアコンがずっとついているので快適でしたが冬はオンドルが暑いくらいつけてあったので常に半そででした。笑 よく韓国の寮ではシャワーが水しか出ないとか水圧が弱いとか聞きますが、この寮は定期点検の時間帯以外はそういった問題はあまり感じられませんでした。クローゼットも一人に1つあったので洋服は大量に収納できます。くつを入れるスペースもあるので女の子には快適に過ごせる寮だと思います。韓国の中でも結構いい設備で綺麗で気持ちよく生活できました。

      この口コミは参考になりましたか? URL

    • Yangmr26
      日本
      1人が「参考になった」と評価
      学校の雰囲気4.5
      元在校生(通学期間:2010年3月~2011年2月)2016/01/06
      建陽大学は韓国の論山市というところにあり、ソウルから約2時間ほどの場所にあります。韓国の中でもかなり田舎のほうでこんなところに大学?!みたいな印象でした。学校は学科がたくさんあり、医学部は別キャンパスにありました。構内は広いほうでもなく講義棟は5つくらいでした。寮は私がいったときは4つありました。校内は緑がおおい印象で散歩するにもちょうどいい感じでした。大学の総長がきれい好きらしくてゴミ箱もいたるところに設置してあり清潔感のある学校でした。寮もきれいで住みやすかったです。食堂もたくさんあったのでお昼に混雑はしますがそこまで気になるほどでもなかったです。生徒が自由に遊べるバスケットボールコートやテニスコートやカラオケ、ゲームセンター(小さい)、郵便局、銀行、カフェなども校内にあったので田舎でも生活には便利な施設がそろっていました。特に郵便局と銀行が校内にあるのでかなり助かりました。寮にはジムもありました。学校先生方も留学生に親切でした。また、留学生サポーター制度があり、ボランティアで一人に一人ずつ韓国人学生がついてくれてプライベートで遊んだり、韓国文化を学んだりする制度があったので韓国語の上達にも役立ちました。日本人学生が少なく少し心配しましたが、親切な先生や生徒のおかげで楽しく1年を過ごせました。

      この口コミは参考になりましたか? URL

    • Yangmr26
      日本
      2人が「参考になった」と評価
      カリキュラム、教材5.0
      元在校生(通学期間:2010年3月~2011年2月)2016/01/06
      建陽大学は韓国の中でもかなり田舎にあり、当時日本人留学生は他の大学に比べてかなり少ないほうでした。建陽大学の留学生は主に中国人でした。なので私が在籍していたクラスも私ともう一人の日本人留学生を除いては全員中国人でした。授業内容は初級クラスは中国語が可能な先生がたまに中国語を交えながらしていましたが、日本人留学生はある程度のレベルだったので教科書はかなり簡単な基本文法や単語などでした。中級クラスはTOPIKの試験に向けた勉強内容で、教科書は建陽大学の先生が作ったオリジナルの教科書でした。初級・中級・上級によって教科書が変わります。授業は朝9時から4時までで、先生によって話す授業、文法の授業、作文の授業など分かれていました。授業は教科書をメインに進められていましたが先生によってはプリントを使ったりもしました。宿題はかなり多く出されていましたので本当に韓国語を上達させたい人にはぴったりの学校だと思います。上級クラスになると討論などの授業も増えてきました。私はTOPIKの上級に合格するのが目標だったので4時までの授業でしたが居残りをして勉強をしたりしていました。また、カリキュラムの中には課外授業や部活動などもあり、中国人の友達も増えましたし、先生との距離も日本の大学より近い感じがしました。学期ごとにクラス替えテストなどもあるので自分に合ったレベルのクラスで勉強ができると思います。

      この口コミは参考になりましたか? URL

    新規投稿

    1. 1投稿先を選択
    2. 2関係性を選択
    3. 3口コミを書く
    どの学校について口コミを書きますか?
    留学エージェントの口コミを書く国・州・都市の口コミを書く
    「いま在学している」「以前に留学した」など、あなたのよく知っている学校を選んでください

    質問・相談

    新規投稿
    • 質問者 k___ke
      ソウル地域に留学しようか、田舎の地域に留学しようか迷っています。みなさんはどれくらいの韓国語の能力を持って韓国の大学に留学しましたか? [続きを見る]
      回答募集中 回答数:0
    • 質問者 kankokuryuugaku123
      大学周辺の様子(飲食店・ショッピング・治安等)、 入寮する事になっているので、学校からの距離や寮での様子過ごし方等、教えてください。 [続きを見る]
      回答募集中 回答数:0

    新規投稿

    質問の投稿にはログインが必要です。

    回答

    • 質問に回答したことはまだありません

    周辺環境・アクセス

    住所
    30-1 Nae-dong, Nonsan-si, Chungcheongnam-do, 大韓民国

    写真・動画

    • 写真・動画はまだありません

    留学経験者

    • Yangmr26

    管理者様:学校側からのコメントはありませんか?

    今すぐ無料でご登録いただけます - ビジネス会員登録を行うと、新規口コミ&質問の自動通知、口コミへの返信、質問への公式回答、学校情報の追加など、多くの機能をご利用になれます。

    詳しい案内を見る

    建陽大学校の情報ならアブログ

    留学コミュニティサイト「アブログ」では、建陽大学校の学校概要、卒業生や在校生による口コミ、評価・評判、写真、動画、留学希望者からの質問を掲載しています。
    学校概要としては、国・都市、キャンパスの住所、電話番号、ウェブサイトURL、各種SNS、学部、専攻、プログラム、コースなど手軽に情報収集することができます。建陽大学校の公式のブログやTwitter、Facebook、YouTube、Flickrから写真や動画を確認できます。
    韓国の学校には偏差値という基準はありませんが、建陽大学校の合格率や入学難易度から偏差値に近い情報を確認できます。
    口コミでは、講師、カリキュラム、教材などの学業面だけでなく、設備、食堂、学校の雰囲気、国際色、日本人比率などの学内環境や買い物、飲食、遊び、治安、安全、物価、自然環境、交通、医療、子育てなどの周辺環境、ホームステイ、学生寮、その他レジデンスなどの住居環境、そして課外活動、コストパフォーマンス、恋愛、スタッフの対応などをチェックできます。建陽大学校が自分に合っている学校か確認しよう!

    建陽大学校に対して...

    口コミを投稿する
    または

    建陽大学校に対して...

    質問を投稿する