tomo917さんのアイコンです

tomo917

  • Female
  •  / 1978年生まれ

留学希望者へのメッセージ

イギリスロンドンの大学院で1年間過ごした留学時代は、私にとって思い出がたくさん詰まった、宝物のような時間でした(相当大変だったけど)。皆さんの留学に役立てるような情報がご提供できればうれしいです。

投稿記録

口コミ
7件
標準点
4.36点
回答
0件
ベストアンサー
0件
質問
1件
写真
0枚

基本情報

留学タイプ
正規留学
経験した滞在
Dormitory
Shared house
ビザの種類
Student
手続きした方法
全て自分で手続き
留学前の語学力
Intermediate
留学前の職業
Worker

口コミ

  • ロンドンへの投稿
    tomo917
    Japan
    1人が「参考になった」と評価
    Shopping4.0
    Stayed there(2004/7~2005/9)Nov 27, 2014
    物価の高いロンドンで賢く買い物を楽しむための情報です。 その1:スーパー スーパーは日々の生活の味方。私が住んでいたGloucester roadという駅にはTesco、Sainsbury's、Waitroseという3つのイギリスを代表するスーパーがありました。 Tescoは庶民的、Tesco expressというコンビニのような24時間営業のものも多く、とても便利です。家の近くのSainsbury'sはとても大きく、なんでも揃って重宝しました。白菜やネギ、椎茸なんかも手に入りました。駅と同じ建物にあるWaitroseは高級路線で、オーガニック食材なども豊富。お菓子や紅茶などはお土産にも最適です。 その2:セール 英国のセールは日本と同様、夏と冬にありますが、一番楽しいのは冬、クリスマス直後のセールです。12/26はBoxing day(クリスマスプレゼントのboxを開けることから)と呼ばれる休日なのですが、この日から大セールが始まります。デパートもオックスフォードストリートなどの買い物街も、前日のクリスマスの静けさがウソのように人で溢れ返ります。ハロッズですらバッグや洋服が格安になったりするので、本当に欲しいものがある人は混雑覚悟でBoxing day当日に行くのがおすすめです。 その3:アウトレット 実はロンドン市内には英国ブランドのアウトレットがいくつかあります。例えばバーバリーはファクトリーアウトレットがzone2のHackney Centralという駅にあります。すぐ側にアクアスキュータムとプリングルのアウトレットもでき、はしごもできたりします。またPaul Smithのアウトレットはボンドストリートの裏という街のど真ん中にあったりもします。探してみると結構お手軽な値段で英国ブランドが手に入ったりしますよ。

    この口コミは参考になりましたか? URL

  • インペリアル・カレッジ・ロンドンへの投稿
    tomo917
    Japan
    0人が「参考になった」と評価
    Equipment5.0
    Former student(2004/7~2005/9)Nov 26, 2014
    学校の設備ではないのですが、卒業式を行うロイヤル・アルバート・ホールについて。 大学院の卒業式は、授業終了の翌年6月にありました。場所は、学校の裏手で、ケンジントン・ガーデンズの目の前にあるロイヤル・アルバート・ホール。1871年に設立された、大きくて丸い、赤レンガの美しい建物です。 卒業式では、みんなガウンをレンタルして着用し、厳粛な雰囲気の中、ホールの舞台上で証書を渡してもらいます。家族も列席が可能です。ただとても人数が多いので、証書を渡される様子は大きなスクリーンで映されたりもします。この荘厳なホールで仲間とともに卒業式を迎えるのはとても感慨深い経験でした。 このロイヤル・アルバート・ホール、普段はオペラやお芝居、コンサートなどが開催されています。過去には相撲も催されたことがあるとか。そして何より、ロイヤル・アルバート・ホールと言えば、BBC Proms。夏のロンドンの風物詩でもある、8週間にも及ぶクラシックコンサートイベントです。1941年から続くこのコンサートでは毎日様々な演目が演奏されます。人気の演目や演者の場合はチケットを取るのも大変ですが、それ以外は当日でも取れたりします。また、立ち見席は格安で提供されているので、Pre-sessionalの間などは気分転換によく聴きに行っていました。

    この口コミは参考になりましたか? URL

  • ロンドンへの投稿
    tomo917
    Japan
    0人が「参考になった」と評価
    Education4.5
    Stayed there(2004/7~2005/9)Nov 18, 2014
    ロンドン大学、という大学が単体で存在するわけではない、と言うことは皆さんご存知でしょうか。ロンドン大学は、20のカレッジ・研究所から構成されており、それぞれのカレッジで独自のカリキュラム、学位を提供しています。有名なところだとキングスカレッジやロンドンビジネススクールなどがあります。通学している間、他カレッジとの接点はほとんどありませんでしたが、実は図書館や生協は相互利用できるそうです。 ちなみに、日本には各カレッジ同窓会の集まりであるロンドン大学会 (LDK) があります。1997年に設立され、現在は以下の11カレッジが参加しています。 Birkbeck/Imperial College London(ロンドン大学自体は2007年に脱退)/Institute of Education/King's College/London Business School(LBS)/London School of Economics and Political Science(LSE)/London School of Hygiene and Tropical Medicine/Queen Mary/Royal Holloway/School of Oriental and African Studies(SOAS)/University College London(UCL) ロンドン大学会では、年1回の合同パーティに加え、Drop-in Party(誰でも参加できる月1回のパーティ)が開催されています。Drop-in Partyはロンドン大学卒業生のみならず、他大学の卒業生や留学を考えている人も参加できるので、もし興味があれば一度参加してみてはいかがでしょうか。 http://www.londondaigakukai.org/

    この口コミは参考になりましたか? URL

  • インペリアル・カレッジ・ロンドンへの投稿
    tomo917
    Japan
    0人が「参考になった」と評価
    Overall Comments4.5
    Former student(2004/7~2005/9)Nov 12, 2014
    大学院の選考から出願まで。 数多くある学校の中でなぜインペリアルカレッジを選んだかというと、私の専攻分野で最も先進的な勉強ができる場だと思ったからです。 今もかもしれませんが、当時は日本での知名度はほとんどなく、ロンドン大学(インペリアルカレッジは2007年までロンドン大学の一部でした)と言った方が分かってもらえるほど。でも、様々な調査で世界のトップ大学としてランクインしており、授業や教授のレベルの高さは実感してましたので、悩んだものの、最後は自信を持って決めることができました。 出願前には、学部時代の恩師の紹介で、たまたま来日していた教授に話を聞いたり(その時のご縁で、後に修士論文の指導教官になってもらいました)、まだ合格もしてないのに同窓会のイベントに参加させてもらって、同じ学部の大先輩を見つけて直接話を聞いたりと、なるべく生の情報を集めるよう努力しました。頂いた過去のシラバスのコピーなどは、どのような授業があるのかをイメージするのにかなり役にたちました。 卒業して確信していることは、学部によって多少の差はあるかもしれませんが、インペリアルカレッジの強みは「アカデミックのみならず、実務・実践を重視していること」だと思います。卒業後は、大学院での勉強の成果を自分のキャリアにつなげたいと思っていた私にとって、実践的な学びを得ながら、一つのテーマを追求することもできたのは貴重な体験でした。

    この口コミは参考になりましたか? URL

  • インペリアル・カレッジ・ロンドンへの投稿
    tomo917
    Japan
    0人が「参考になった」と評価
    Playing5.0
    Former student(2004/7~2005/10)Nov 11, 2014
    インペリアルカレッジの近くには3つの素敵な美術館・博物館があります。授業や課題の合間に気分転換にするのにうってつけの場がすぐそばにありますよ。 ひとつ目はVictoria & Albert Museum、通称V&A、アートとデザインの美術館です。サウスケンジントンの駅から学校に向かい右側にある重厚な建物の中には、家具や食器、宝石・貴金属、洋服など、美しいモノが数多く展示されています。中には鎧や茶道具、根付など日本文化を紹介するコーナーも。さらに、ここのミュージアムショップがとってもおしゃれ!かわいいアクセサリーなどはお土産にも最適です。 二つ目は道を挟んで反対側にある、Natural History Museum(自然史博物館)。こちらもまたお城のような建物で、建物の目の前のスペースが冬はスケートリンクになります。ここには恐竜の化石や動植物の標本、様々な岩石や鉱物、また宇宙について紹介するコーナーなど、わくわくするものが沢山あります。 最後はScience Museum 、自然史博物館の裏にあり、大学に一番近いのはこの博物館です。天文学、気象学、航海学、医学など、様々分野の科学の発展を示すものが置かれています。ジェームズ・ワットの蒸気機関の実物もあるそうです。子どもたちの遠足も多いようで、楽しそうな姿をよく見かけました。 ちなみに、英国の美術館・博物館のほとんどは入場料無料です。V&Aの中庭にはおしゃれなカフェもあったりするので、勉強の癒しを得に行ってみてはいかがでしょうか。

    この口コミは参考になりましたか? URL

全ての口コミをみる(7件)

質問・相談

  • 投稿した質問・相談はまだありません

回答

  • tomo917
    私の専攻分野で最も先進的な勉強ができると思いました。当時(今もかもしれませんが)、インペリアルカレッジの日本での知名度はほとんどなく、ロンドン大学(インペリアルカレッジは2007年までロンドン大学の一部でした)と言った方が通りがいいくらいでした。でも、授業や教授のレベルの高さは様々な調査、ランキングなどで実感してましたので、悩んだものの、最後は自信を持って決めることができました。

    また、他の大学との違いの一つとして、インペリアルカレッジがアカデミックのみならず、実務・実践を重視していることだと思います。卒業後は、大学院での勉強の成果を自分のキャリアにつなげたいと思っていた私にとっては、研究と実践のバランスが取れた最適な学校でした。

    事前に学部時代の恩師の紹介で来日していた教授に話を聞いたり(後に指導教官になってもらいました)、在校生でもないのに同窓会のイベントに無理やり参加させてもらって、同じ学部の大先輩を見つけて話を聞いたりと、なるべく生の情報を集めるよう努力しました。過去の在校生からもらったシラバスのコピーなどは、授業のイメージをするのにかなり役にたちました。実際に授業が始まってみると、想像以上に大変でしたが…


写真

  • 投稿した写真はまだありません。