Reviews10件

新規投稿
  • Teitoku0721
    Japan
    1人が「参考になった」と評価
    Curriculum1.5
    Current student(2019/4~2021/9)Sep 29, 2019
    先生は良い人材が揃っている印象です。しかし、学校のまわりになにも娯楽施設がなく、交通手段も限られているのでとても不便です。正直、生徒のほとんどが日本人なので、英語を学びたいと思うなら、普通に留学することを進めます。

    この口コミは参考になりましたか? URL

  • guest
    Japan
    5人が「参考になった」と評価
    Curriculum3.0
    Former student(2014/4~2016/9)Oct 2, 2016
    先生達がとても優しかったです。他大学に編入した際も協力的でよかったです。生徒の質は低めだと思います。学費は高めです。但し奨学金(返さなくてよい)を貰えれば大丈夫です。兎に角学校の教師、職員が優しくとても協力的です。ですが8割が日本人生徒という点が良くも悪くもあります。

    この口コミは参考になりましたか? URL

  • Guest_1
    Japan
    1人が「参考になった」と評価
    Curriculum
    OtherNov 28, 2015
    ハワイ東海インターナショナルカレッジに関して 質問あればどうぞ。 基本的な情報はすぐに手に入ると思いますが、 細かい所や実態はネット検索してみても出づらいですね…。 ここに長く書き連ねる事はしませんが、要望ありましたら。

    この口コミは参考になりましたか? URL

  • pupu
    Japan
    4人が「参考になった」と評価
    Overall Comments1.5
    My friend has studiedOct 30, 2015
    留学の目的がHTICにあっているか入学前に良く検討した方が良いと思います。 2015年4月にワイキキからカポレイに移転になりました。校舎はUHWOの隣りで寮には食堂が無いのでUHのカフェテリアまで行きます。 HTICのセールスポイントにUHWOと提携している風にのっているようですが、現在ではまだ整っている制度になっているとは思えないのでそこを期待していくと話しが違う!と思うでしょう。 まず入学するのはCPという英語を勉強する簡単にいうと語学学校のようなクラスです。 CPには100%英語を日常使っている生徒はいません。 日本から行くと特別な場合( 親戚がいるとか )以外は寮に入らなければなりません。 寮には上のクラスのLAの学生もいるので、日本人以外もいますが同室になるのはかなり難しいでしょう。なので、授業は英語オンリーですが教室を一歩でたら日本語オンリーの生活です。 学校以外で英語を日常使いたいと外に出たくても、HTICのある場所はカポレイと言っても周りには何もない所で、買い物に行くにもバスに乗らなくてはなりません。 ハワイというと治安が良いイメージがあると思いますが、学校のある地域は違います。 暗くなってから出歩くなんて!バスに乗るなんて!とんでも無い‼︎という現地の方もいる所です。 バスもワイキキの観光客が乗る路線は問題無いですが、HTICの学生が使う路線はちょっと違うカラーです。 学校は車取得には関わらないスタンスを取ってますが、行動している学生は自分か友だちの車かモペットです。 ハワイで英語を勉強したいという人にはお勧めしませんが、ハワイに住んでちょっと英語を使えるようになりたいというのが目的ならとても良い学校です。 学校には日本語で相談できる先生もいますしね。

    この口コミは参考になりましたか? URL

  • guestsun
    Japan
    2人が「参考になった」と評価
    Staff2.0
    Former student(2013/4~2015/9)Oct 2, 2015
    もちろん全員ではありませんが、全体的に無責任で傲慢なイメージでした。 あと進路に関わる重要な情報を伝えるのが非常に遅い。 学生への対応もいい加減で、中には男女差別するスタッフも残念ながらいます。 在校生の方、また入学予定の方は卒業後の進路をなるべく早めに考え、自身で調べたり周りの学生に聞いた方が良いです。スタッフへの相談はあまり期待しないでください。 ですが面倒見がよく優しい方も現在の学長含め数人いますので評価は+1.0で2.0にさせていただきます。

    この口コミは参考になりましたか? URL

  • ytkn
    Japan
    4人が「参考になった」と評価
    Overall Comments3.0
    Current student(2013/4~2015/3)Oct 13, 2014
    このHawaii Tokai International College(HTIC)は来年の4月にワイキキからカポレと呼ばれる田舎に移設します。現在もなお、建物は建設中ですが、おそらく、工事も予定通りに進むことでしょう。今のHTICの建物はカポレよりも何倍も立地が良く、当然ながら残念がる学生が大勢います。ですが、その移設先はなんとハワイ大学の敷地内!あの”ハワイの中の日本”と呼ばれてきた日本色に完璧に染まっていたHTICが本格的にグローバル化しようとしているんです!建設中の様子はHTICの公式サイトから閲覧できます。移設後は、CPレベルの生徒だけがHTICの学生寮に宿泊できるのですが、今のところ学生全員分の寮が建設されることはないため、ホームステイ、もしくはアパートメントに学生たちは住むことになるのでしょう。これは、生徒からしてみれば痛い問題かもしれませんが、しかし、これはHTICの生徒の英語のレベルを上げるチャンスでもあり、HTICの知名度を上げるチャンスでもあると思います。外住みの生活になれば、必然的に英語でのコミュニケーションが必須となり、生徒たちの英語に対するモチベーションも上がることでしょう。

    この口コミは参考になりましたか? URL

  • ytkn
    Japan
    4人が「参考になった」と評価
    Curriculum3.0
    Current student(2013/4~2015/3)Oct 13, 2014
    この短大には主に二つのコース(レベル)が存在します。CPと呼ばれるコースとLAと呼ばれるコースです。International Studentと呼ばれる日本から来た日本人生徒もしくはアジア圏出身の生徒はまず、CPに入学します。このCPというプログラムは英語を母語としない学生のための育成プログラムであり、Core1~5までのレベル分けがなされています。大抵、英検3級取得者は、Core1から始まり、英検準2級取得者はCore1もしくは2からのスタートになります。そして、英検2級取得者のものはCore2、3、4、もしくは5から始まるでしょう。Coreのレベルを一つ上げるには、一定のGPA(成績)とTOEFLの結果が求められます。このTOEFLというテストはリスニング30分、ライティング25分、リーディング55分になります。TOEICよりも難易度は高く、大低のCoreの生徒は500点にも満たしません。(最低点は330点くらい)このCPプログラムにはスキップ制度が存在し、成績によってはCore2からCore4にCore3を受けずにいけたりします。そして、もう一つのLAプログラムというのは、CPを終了したものが受講できる次のステップです。このLAプログラムにはレベルはありませんが、自分の学びたい分野を自分で決めることができます。

    この口コミは参考になりましたか? URL

  • ytkn
    Japan
    1人が「参考になった」と評価
    Equipment3.0
    Current student(2013/4~2015/3)Oct 13, 2014
    この短大は19階まであります。では、これから1階から順に詳しく説明していきます。まず、1階にはセキュリティカウンター、カフェテリア(食堂)、自販機、ATM、そして両替機があります。ガラス張りの扉を開けて中に入ればセキュリティーカウンターがあり、24時間、必ずセキュリティースタッフが一人います。そこで、すべての監視カメラのモニターを常時チェックしています。そのセキュリティーデスクを抜けると、カフェテリアがあります。アメリカの法律では大学の寮に住む学生にはカフェテリアのミールクーポンと呼ばれる食券を購入することを義務として定めており、そのため、学生寮に住む人たちはこの食券を買います。ちなみに、なんと一食8ドル(日本円にして800円)です。もちろん、この価格にはみなさん不満に抱いています。そして2,3,4,5階は駐車場になっています。5階にはまた、コインランドリーが設置されており、洗濯機、乾燥機が備え付けられています。(各一回50セント=50円)この値段はハワイでは格安です。6階には教師のオフィス、教室、そして柔道場があります。7階には図書館と教室があります。この図書室はかなり小さいです。また、チューターと呼ばれる英語のネイティブスタッフが夜にのみ、英語の勉強を学生に一対一で教えます。8階は教室がずらりと並び、9階には会計室などのオフィスとなっております。10階から上は学生寮となっており、階によって男女別に分かれています。この短大のエレベーターはカードキーを挿入しなければ学生寮には入れない仕組みになっているため、夜間も安全です。

    この口コミは参考になりましたか? URL

  • ytkn
    Japan
    4人が「参考になった」と評価
    Overall Comments1.5
    Current student(2013/4~2015/3)Oct 13, 2014
    この短大ではビーチやハワイの観光スポットなどの名所から地理的に比較的近いため、大変満喫した生活を送れます。ハワイは様々な国や文化により影響されてきたため、日本料理、中国料理、また、韓国料理などがいたるところで売られており、食生活への心配はいりません。その上、街中では日本語翻訳をしてくれるガイドが多く見受けられます。しかし、観光ではなく語学留学となってくると、あまり英語の環境としては整っていないように思われます。この短大には大学受験のための勉強を何一つ強いられてこず、楽に入学してきたという東海大学付属高校からの学生がほとんどを占めています。なので平均的な学力はかなり低く、英語への勉強意識がうすい生徒たちが多く見受けられます。さらに、ハワイはアメリカ本土と比べ、アメリカ色に欠けているため、遊びがちな彼らはアメリカの文化をよく理解していないみたいです。目と目を見て話す、会話中の沈黙をなるべく避ける、など。もし、この短大に入学を希望しているのでしたら、その考えは改めるべきなのではないでしょうか。せっかく、はるばる遠い日本からアメリカへ高いお金を払って留学するのですから、日本人の少ない大学を選ぶ勇気が必要だと思います。

    この口コミは参考になりましたか? URL

  • guest
    Japan
    9人が「参考になった」と評価
    Overall Comments1.0
    Current student(2013/4~2015/3)Oct 13, 2014
    こちらの短大に入学しようと考えている方はいますか?単刀直入に言いますが、英語を上達させたくないのであれば、ぜひ入学してください。この学校には日本人学生が約160人、そしてネイティブの人が約7人います。そう、この短大に英語を求めてはなりません!ほとんどの学生が教師と会話ができる授業中にしか英語を使いません。その上、授業中にも関わらず日本人学生は互いに日本語で会話する始末。私は高校が東海大系列の高校で推薦入学をし、この誠に残念な大学生活をEnjoyしています。これからまだ希望のある学生たちの明るい未来を壊したくないと思い、こういった投稿をさせていただきました。そもそも、語学留学にハワイは選択してはならないということを踏まえたうえで、この先の将来をもう一度考え直して下さい。

    この口コミは参考になりましたか? URL

口コミを投稿する

  1. 1Select posting target
  2. 2Select relationship
  3. 3Write review
For which School do you write a review?
Write a review of country or state or city
Please select a school that you are studying currently or studied before.

Hawaii Tokai International Collegeに対して...

口コミを投稿する
または

Hawaii Tokai International Collegeに対して...

質問を投稿する