口コミを投稿する
    質問を投稿する
    比較リスト追加

    Basic information

    Edit
    Country
    Australia
    City
    Melbourne
    School name
    University of Melbourne
    メルボルン大学
    Type of the school
    University/College
    Graduate school
    Form of the school
    Public
    Establish year
    1853年
    Number of students
    -
    Ratio of male and female between students
    -
    Percentage of nationalities between students
    -
    Number of teachers
    -
    Number of staffs
    -
    Number of classes
    -
    Available languages
    -
    Affiliated/accredited organizations
    -
    Facilities
    -
    Degree
    -
    Phone number
    +61 3 8344 4000
    Website
    http://www.unimelb.edu.au/
    SNS

    Rankings

    rank Source
    #40 Academic Ranking of World Universities Academic Ranking of World Universities (ARWU)(2016)

    University of Melbourneの相対評価

    • N/A

    Reviews

    Write a review
    • Yoshiky12
      Japan
      2人が「参考になった」と評価
      Overall Comments
      OtherOct 8, 2017
      2010年に日本の大学より編入しBachelor of Arts の社会学と犯罪学を専攻しました。日本の大学の単位が認められたので本来3年のコースを2年で2011年に卒業できました。現地生徒や多くの留学生と共に多くの科目を勉強しました。3年のコースのうち1年目を免除されたのですが基本的に1年生は必須科目が3−4科目ありました。勉強量は日本よりだいぶ忙しいです。Yoshikyは2年次の科目から履修しましたが、科目の形式はチュートリアルとよばれる少数グループのディスカッションクラスとレクチャーがありました。毎週の課題リーディングが最低でも1科目40−50ページと多く準備が大変であり、忙しい週には読みきれないままで授業が??という時もありました。2年次に専攻を決め3年次にさらに詳しくセオリーについて研究したりするパターンでした。課題は主にエッセイでした。平均して2500−3000語程度の課題がでます。 メルボルン大学では3年間を通じて必須科目を含めた24科目パスできれば卒業できます。 講師陣は世界からのエキスパートが多く犯罪学では多くの著名な教授から学ぶことができました。またネットワークが広く深く、様々な経験やインターンシップなどの経験もできます。 学費に関しては他のビクトリアの大学に比べると少し割高ですが、数万円程度の違いであればメルボルン大学をおすすめします。 現在は大学学部を卒業して6年経ちますが、2015年より大学院でMaster of Education を専攻しています。この分野もまた学んでいるものがより実践的で多くの習った内容が仕事でも使えています。

      この口コミは参考になりましたか? URL

    • hyde_tom623
      Japan
      2人が「参考になった」と評価
      Curriculum4.5
      Former student(2016/7~2017/6)Jul 13, 2017
      1年間交換留学でBachelor of Artsに在籍、Art Historyを専攻していました。授業の仕組みは基本的には1semester(学期)に4subject(教科)で、それぞれのsubjectがlecture(全体講義)とtutorial(10~15人程度でlectureに関してのディスカッション)から構成されています。Art Historyの授業に関しては、基本90分のlectureと60分のtutorialという形式で、それぞれのsubjectに対し10~30ページの文章が2,3個づつ課題として毎週出されていました。また内容的にも全てを網羅する一貫したテキストがないので、毎週のテーマに沿った内容の文章を本や論文、インターネットから引用する形でした。subjectによってテキストがあるものもありますが、基本的にテキスト自体が高く(50~60ドルほど)、また課題がPDFで配られるのみの場合もあるのでPC、もしくはiPadなどのタブレットでテキストを読むのがおすすめです。授業のレベルとしてはハイレベルで毎週の予習をこなしてやっとついていけるくらいでした。また予習の段階で自分の考えをある程度まとめておくと授業でもスムーズについていけると思います。 他にも教養科目のようなBredthというsubjectもあり、少し変わったものなどもありました。私はそこからワインに関するsubjectを取り、ワインの歴史を学んだり実際にテイスティングやレストランでの課外学習などもありとても楽しくそして深く学ぶことが出来ました。

      この口コミは参考になりましたか? URL

    • ChrissyinMelb
      Taiwan
      2人が「参考になった」と評価
      Teacher4.5
      Current student(2017/2~2018/12)Jun 8, 2017
      Lectures are well taught by experienced professors. Studyload is quite heavy but the knowledge gained in class are definitely beneficial.

      この口コミは参考になりましたか? URL

    • masahirosuzuki9
      Japan
      2人が「参考になった」と評価
      Student dormitory3.0
      Former student(2011/7~2013/8)Feb 22, 2016
      大学のエントランスの向かいにある大学院生用の寮に半年ほど在住していました。食事つき(味は正直それほど良くない)だが家賃は少し高め。月50ドルほど上乗せすると、シャワーつきの個室にアップグレードできます。

      この口コミは参考になりましたか? URL

    • stars96x
      Japan
      4人が「参考になった」と評価
      Student dormitory3.5
      Current student(2015/2~2017/12)Jan 23, 2016
      2015年にメルボルン大学の学生寮University Collegeで過ごしました。 ここを選んだ理由はみどりがたくさんあって外観、内装が綺麗なこと人数が他の量に比べて少なくはないが多くもないこと1年目の生徒でも広い部屋がもらえることUnlimited Internetがあることと一番の決め手はopen dayの時に一緒に回ってくれた生徒さんがとても親切だったことでした。 ここのスタッフはみんなとても優しく私が病気にかかった時もスタッフに事情を話せばすぐ病院を予約してくれて大事に至らなかったですしいつもご飯をよそってくれた方もいつも面白い話をして盛り上げてくれました。 夕食後にある授業(tutorial)もとても良かったです。大学の授業よりも人数が少なく先生として教える大学院の生徒さんは同じ寮に住んでいるので距離も近く親身になって教えてくれました。 友達も独り暮らししている子達よりたくさんできてみんなでクラブに行くみたいなのも楽しかったです。 ただ生活費が高く大体週700AUDで大学が休みの期間は寮が閉まってしまうのでstayすることができないです(stayするなら100AUD/day)。

      この口コミは参考になりましたか? URL

    See all reviews(6件)

    Write a review

    1. 1Select posting target
    2. 2Select relationship
    3. 3Write review
    For which School do you write a review?
    Write a review of country or state or city
    Please select a school that you are studying currently or studied before.

    Questions

    Post a question
    • 質問者 otterpoyo
      交換留学でオーストラリアのどこの大学にいくべきか迷っています。 どのような雰囲気で、どのぐらい日本人がいましたか? [続きを見る]
      回答募集中 回答数:1
    • 質問者 hako527
      交換留学またはスタディアブロードの手続きや、サプライチェーンコースの内容について教えて頂けますと助かります。 [続きを見る]
      回答募集中 回答数:0
    • 質問者 colineri
      この秋セメスター2からメルボルン大学大学院master of international relationsに留学予定です。公式ホームページで出ている以外... [続きを見る]
      回答募集中 回答数:0
    • 質問者 ayn_dolphine
      費用はどのように捻出されていましたか? 留学を検討した初めの英語力とオーストラリア渡航時のIELTSスコアとそこまでにかかった期間を教えて欲しいです。 [続きを見る]
      回答募集中 回答数:0
    • 質問者 seaka_le
      学生寮での生活はどのようなものなのでしょうか?その他メルボルン大学での日常生活について伺いたいです。 [続きを見る]
      回答募集中 回答数:0
    • 質問者 mcdeyoncdro
      Residential collegeに入ることは難しいのでしょうか。Trinity CollegeでFoundation Studiesを経由して入学予... [続きを見る]
      回答募集中 回答数:0
    See all questions(12件)

    Post a question

    質問の投稿にはログインが必要です。

    Answer

    • 質問に回答したことはまだありません

    Environment/Access

    Address
    Swanston Street Parkville, Victoria, Australia 3010

    Alumnus

    • hyde_tom623
    • ChrissyinMelb
    • masahirosuzuki9
    • stars96x

    関連記事(外部サイト)

    管理者様:学校側からのコメントはありませんか?

    今すぐ無料でご登録いただけます - ビジネス会員登録を行うと、新規口コミ&質問の自動通知、口コミへの返信、質問への公式回答、学校情報の追加など、多くの機能をご利用になれます。

    詳しい案内を見る

    University of Melbourneの情報ならアブログ

    留学コミュニティサイト「アブログ」では、University of Melbourneの学校概要、卒業生や在校生による口コミ、評価・評判、写真、動画、留学希望者からの質問を掲載しています。
    学校概要としては、国・都市、キャンパスの住所、電話番号、ウェブサイトURL、各種SNS、学部、専攻、プログラム、コースなど手軽に情報収集することができます。University of Melbourneの公式のブログやTwitter、Facebook、YouTube、Flickrから写真や動画を確認できます。
    australiaの学校には偏差値という基準はありませんが、University of Melbourneの合格率や入学難易度から偏差値に近い情報を確認できます。
    口コミでは、講師、カリキュラム、教材などの学業面だけでなく、設備、食堂、学校の雰囲気、国際色、日本人比率などの学内環境や買い物、飲食、遊び、治安、安全、物価、自然環境、交通、医療、子育てなどの周辺環境、ホームステイ、学生寮、その他レジデンスなどの住居環境、そして課外活動、コストパフォーマンス、恋愛、スタッフの対応などをチェックできます。University of Melbourneが自分に合っている学校か確認しよう!

    University of Melbourneに対して...

    口コミを投稿する
    または

    University of Melbourneに対して...

    質問を投稿する