• 合格率:98%
  • 学生数:3,757
  • 学費:$12,643
口コミを投稿する
質問を投稿する
比較リスト追加

基本情報

編集する
アメリカ
都市
エイダ
学校名/名称
イースト・セントラル大学
East Central University
ECU
学校形態
大学
設立種類
公立
創立年
1909年
共学・別学
共学
キャンパス環境
僻地の街(都市部から35マイル以上離れた都市群)
キャンパス規模
中規模 (FTEの登録が3,000〜9,999)
主にキャンパス居住者 (学部生の25〜49%未満がキャンパス内に住む、また50%以上がフルタイムで出席している)
電話番号
+1 580-332-6347
ウェブサイト
https://www.ecok.edu
SNS

ランキング

ランク ランキング媒体
データがありません

イースト・セントラル大学の相対評価

  • 合格率: 98%(下位10%)
  • 4年以内の卒業率: 34%
  • 平均SATスコア: 969(下位30%)
  • 学部生の奨学金: 77%(下位30%)

学費

州外の学生

学校がある州内の非居住者を対象にした1年目の学費です。留学生は基本的にこちらの学費が対象になります。

$12,643

(全学校での平均 - $17980)

州内の学生

学校がある州内の居住者を対象にした1年目の学費です。家族が納税者である州内の学生は安い場合があります。

$5,241

(全学校での平均 - $14340)

卒業と進級の割合

卒業率

卒業率が高いほど学生の勉学に対する意欲が高く、大学のサービスが行き届いていると考えられます。

33.5% 33.5%
34%
(全学校での平均 - 42%)

2年目の在学率

入学して1年後に在学をしている学生の割合です。割合が高いほど学生の満足度が高いと考えられます。

62.5% 62.5%
62%
(全学校での平均 - 68%)

卒業後の収入

$25,000以上の年収を得る割合

卒業後6年以内に$25,000を超える年収を得ている、もしくは24〜35歳の高卒者の平均収入より高い卒業生の割合です。

61.3% 61.3%
61%

卒業生の収入

在籍時に国の財政援助を受けた卒業生の、10年後の収入の中央値です。

$34,500

(全学校での平均 - $38,138)

学生内訳

学部生

3,757

男女比率

女性: 61% 男性: 39% 61% 39%

女性61% 男性39%

女性 61%
男性 39%

入学時の平均年齢

白人: 65.5% インディアン/アラスカン: 15.8% 混血: 8.5% 非居住外国人: 5.8% ヒスパニック系: 4.8% 黒人: 4.1% 不明: 1.7% アジア系: 0.4% ハワイアン/アイスランダー: 0.1% 65.5% 15.8% 8.5% 5.8% 4.8% 4.1%

白人65.5% インディアン/アラスカン15.8% 混血8.5% 非居住外国人5.8% ヒスパニック系4.8% 黒人4.1% 不明1.7% アジア系0.4% ハワイアン/アイスランダー0.1%

白人 66%
インディアン/アラスカン 16%
混血 8%
非居住外国人 6%
ヒスパニック系 5%
黒人 4%
不明 2%
アジア系 0%
ハワイアン/アイスランダー 0%

入学時の平均年齢

24.2

25歳以上の学部生の割合

26.4% 26.4%
26%

フルタイムの割合

フルタイム: 81.5% パートタイム: 18.5% 81.5% 18.5%

フルタイム81.5% パートタイム18.5%

フルタイム 82%
パートタイム 18%

アカデミック・プログラム

学部・専攻数

参加可能な学部・専攻の数です。

22

学問フィールド

Health Professions And Related Programs
Public Administration And Social Service Professions
Business, Management, Marketing, And Related Support Services
Education
Parks, Recreation, Leisure, And Fitness Studies
Biological And Biomedical Sciences
Social Sciences
Psychology
History
Visual And Performing Arts
Homeland Security, Law Enforcement, Firefighting And Related Protective Services
English Language And Literature/Letters
Computer And Information Sciences And Support Services
Mathematics And Statistics
Liberal Arts And Sciences, General Studies And Humanities
Physical Sciences
Family And Consumer Sciences/Human Sciences
Communication, Journalism, And Related Programs
Legal Professions And Studies
Area, Ethnic, Cultural, Gender, And Group Studies
Multi/Interdisciplinary Studies
Foreign Languages, Literatures, And Linguistics

キャンパス・セキュリティー

キャンパスの犯罪件数(学生10,000人当たり)

学生10,000人当たりの学校の犯罪件数です。実数ではなく、学校規模で左右されないように計算した件数になります。

33.9

(全学校での平均 - 20.4件)

キャンパス内 2014
違法武器 0
麻薬 0
0
殺人/非過失致死 0
過失致死 0
強制性犯罪 0
レイプ 1
セクハラ 1
非強制性犯罪 0
近親相姦 0
法定強姦 0
強盗 0
加重暴行 0
窃盗 6
自動車盗難 0
放火 0
学生寮 2014
違法武器 0
麻薬 0
0
殺人/非過失致死 0
過失致死 0
強制性犯罪 0
レイプ 1
セクハラ 1
非強制性犯罪 0
近親相姦 0
法定強姦 0
強盗 0
加重暴行 0
窃盗 5
自動車盗難 0
放火 0

入学生のテストスコア

SAT

SAT(Scholastic Assessment Test)とは、アメリカの高校生を対象とした大学進学適性試験です。Critical Reading(クリティカルリーディング)、Writing(ライティング)、Math(数学)の3教科で、各200~800点の間で評価されます。

Critical Reading 0 800 370 530 Math 0 800 430 560
名前 下限~上限 25%~75%
Critical Reading 0~800 370~530
Math 0~800 430~560

ACT

ACT(American College Testing)とは、アメリカの高校生を対象とした大学進学適性試験です。English(英語)、数学(Math)、Reading(リーディング)、Science(理科)、Writing(ライティング)の各教科で、1〜36点の間で評価されます。

English 0 36 16 23 Math 0 36 16 22
名前 下限~上限 25%~75%
English 0~36 16~23
Math 0~36 16~22

スポーツ

アメリカの大学スポーツはシーズン制で、秋・冬・夏の各シーズンで異なるスポーツに取り組みます。 NCAA(National Collegiate Athletic Association)は「全米大学体育協会」で、大会の運営を行っています。 Division(ディビジョン)の数字がI、II、IIIとランクがあり、数字が小さいほどレベルが高いとされます。

NCAA Division II (with football) 男性 女性
スポーツ NCAA Division II (with football) NCAA Division II (with football)
オールトラックコンバイン 0 0
野球 36 0
バスケ 19 14
フェンシング 0 0
フィールドホッケー 0 0
フットボール 102 0
ゴルフ 15 12
アイスホッケー 0 0
ラクロス 0 0
ボート 0 0
セーリング 0 0
スキー 0 0
サッカー 0 29
ソフトボール 0 25
スカッシュ 0 0
競泳/飛び込み 0 0
テニス 12 9
バレーボール 0 15
水球 0 0
レスリング 0 0
その他 0 0

口コミ

新規投稿
  • beafjacky
    日本
    2人が「参考になった」と評価
    学校の雰囲気5.0
    在校生(通学期間:2015年8月~2017年5月)2016/01/30
    学校自体がuniversityなのですが、正直そんなに大きな大学というわけではなく、コミュニテイーカレッジの大きさとも言い切れる大きさなので、大学はものすごくアットホームです。気がつけば、いろんな行先や大学のクラスで友人やクラスメイトと会うことになります。 なのでアメリカの友人と仲良くなりやすい気が私もします(気がつけばいつの間にか友達になってたなんてこともあります)。 また、教室の人数もそんなに多くないため先生も1人1人しっかり丁寧に教えてくれるイメージがあります。 特に留学生にとって少人数というのは本当に助かります。私は以前いた大学では200人規模のクラスがありわからないところを質問でクラスの時間に聞くのは気が引けたのですが、少人数であれば先生の方から理解しているかどうか聞いてくれることもありますし、周りのクラスメイトも留学生の存在を理解してくれるので質問がしやすいです。 授業のフォローアップに関しても先生1人に対しての人数が少ないので、質問に行けることも多いですし、授業後にいろいろ話を伺うことも可能です。 ちなみに街にはこの大学が一番大きな組織?会社?なので、スポーツの試合などがあると、街をあげて応援します。 特にアメフトで近くの街との試合があるとホームスタンドは基本満員で大歓声に包まれながら、選手と観客一丸になって戦います。 この雰囲気がアメリカの町の、大学の雰囲気なんだなと感じます。 これは留学して絶対に感じるべきポイントかと思います。

    この口コミは参考になりましたか? URL

  • beafjacky
    日本
    2人が「参考になった」と評価
    スタッフの対応5.0
    在校生(通学期間:2015年8月~2017年5月)2016/01/30
    ここで実際にあった経験を1つ書きたいと思います。 私はこの大学に入る7−8月に、大学のとある専攻にあるプログラムに”1年後に”入るためにいろんな大学にメールを送り連絡を取っていたのですが、圧倒的にどの大学も連絡が返ってこないことが多かったです(全部で20通近く送ってます)。 ただこの大学のディレクターからすぐ返事が返ってきて、大学が始める3週間ほどまえにも関わらず、”1年後ではなくこの秋から入ることも可能”という返事が返ってきました(ちなみにプログラムの出願、転入はもう3−4月には終わってます)。 私はその時はアメリカで車で1−2時間で行ける場所に住んでいたこともあって、すぐに大学に向かいプログラムの担当の教員の方、インターナショナルオフィスと掛け合って、その当時所属していた大学院のオフィスとも掛け合って、3週間で大学のトランスファーを敢行し、見事に転入することができました。 これは日本の状況でいうと、A大学のB学部2年の夏休みにC大学のD学部に転校したいと、ふと思い立って、B大学のD学部の学部の責任者に秋学期始まる3週間前に連絡とって、責任者が「おっけー」って言ったのでその秋学期からC大学のD学部の2年生から転入するということを意味します。 本当にびっくりしました。もちろん転入もすごい!と思う方もいるかもしれませんが、始まる3週間前に許可を出す大学もすごいと思いませんか? 大学によりトップの権限で大きく動くところ、自由が利くところ、いろいろあります。 この大学はとても自由が利くという意味ではすごく対応をよくしていただきました。 もちろんTOEFLのスコア、プログラムに入るためのprerequisitesなどベースの部分は最低限必要とはなってきます。 大学選びの時に入学/転入の対応というのはすごく大事ですが、私はこの大学のその対応は素晴らしいと思います。

    この口コミは参考になりましたか? URL

  • beafjacky
    日本
    2人が「参考になった」と評価
    交通1.0
    在校生(通学期間:2015年8月~2017年5月)2016/01/14
    車以外の移動手段はありません。徒歩という手段もありますが、留学生にとって危険が多いことは間違いありません。(特に夜間は街灯も少なく危ないです) 自転車は使えますが危ないですし、使うこと前提で作られてる道もないので、歩道や横断歩道すらない場合もあります。なので、車道か人の家の芝生かになるのですが、車道は車のスピードが速く、ドライバーも未熟、交差点で赤信号右折可能、など危険がいっぱいで、芝生はスティッカーと言われるくっつき虫の強化版が生えていて、踏んだ瞬間にパンクの原因になります。 なので大学以外に行きたい、移動手段が欲しいのであれば車は必須です。 近くのスーパーにいくことすら、車なしでは無理です。 また 空港から大学への移動手段も友人に迎えに来てもらうか、タクシーで行ける距離ではありません。空港から車で1時間半の距離です。 ちなみに電車ももちろんありませんし、バスですらないです。 都心部からの移動手段は本当に皆無になります。 ちなみに車に関しては免許は国際免許ではいけません。3週間以上滞在でアメリカの免許が必要になります。免許取得は3000円くらいで簡単に取れるので、すぐに取りましょう。(身分証明書がわりにもなります。)

    この口コミは参考になりましたか? URL

  • beafjacky
    日本
    2人が「参考になった」と評価
    学生寮2.0
    在校生(通学期間:2015年8月~2017年5月)2016/01/14
    古い、汚い、シャワーの出が悪い、虫が多い、、、言い出すとキリがないです。特に虫は蜘蛛とコウロギが山ほど出ます。場所によってはテントウムシも大量発生します。 虫は覚悟してください。 シャワーに関しても、日本と違って温かい水が常時出るものでもありません。タンクに貯めた温水が出るので、ルームメイトが使った後すぐだとお湯がうまく出ない時もあります。 ただし、どこの大学の寮に入っても似たり寄ったりです。 大学の寮はホテルではないので... 注意しときたいのは、アルコールとタバコは厳禁です。あくまでも大学内です。 またルームメイトがいることしっかりと理解してください。 日本と違い、寮はルームシェアが一般的です。 一つの部屋の2つのベットなんて当たり前です。 もちろんトイレも風呂も共有です。 ルームメイトによって暮らしの質も変わると思います。 ちなみに私は日本が大好きなオタクな大学生にたまたま当たって、うまくいっている?とおもいます。 聞いた話によると、真夜中に大音量の音楽、ダンスが普通だったり、シャワー時間が長く、トイレが使えないなどいろんな不満がある時もあるので、しっかりコミュニケーションは必要だと思います。 居ごこちは正直良くないですが、大学内ということで通学には便利です。

    この口コミは参考になりましたか? URL

  • beafjacky
    日本
    1人が「参考になった」と評価
    食堂2.5
    在校生(通学期間:2015年8月~2017年5月)2016/01/14
    基本、ピザ、ハンバーガー、フライドポテト、サンドウィッチ等のこってりしたものしか基本ありません。 大学にはミールプランがあり週に10回、14回、20回と選び、セメスター始めに購入できます。(寮生は必ず購入が必要) 食事ができる場所は2箇所あり、食堂とフードコートのようなところがあります。 食堂はビュッフェ形式の食べ放題、フードコートは3つの店がコンビニのような店舗の中に入り込んでいる形であります。 食堂では基本アメリカンの食事しか出てきません。前述したようにフライドポテト、ハンバーガー、ホットドッグ、フライ系、スパゲッティー、ピザ、タコスなど。 ただし、味は日本のより美味しいです。というのも肉の厚さが日本の比ではありませんし、何枚でも肉をハンバーガーに挟めます。野菜も好きに入れ放題です。 タコスも自分好みにに作れます。これがかなり美味しいんです。 ピザに関しても、自分でトッピングをして焼くことができ、自分好みのプチピザが焼けます。これも美味しい。ワッフルも焼けますし。 ドリンクもドリンクバーがあり飲み放題。ソフトクリームもあります。 これがミールプラン使用なしだと10ドルです。 また食堂では魚もたまに出てきますが、基本はフライで、魚自体もナマズなど癖の強い魚が多いです。 フードコートはバーガーの店、パパジョーンズ(ピザなど)、コーヒーショップ、サンドイッチの店があり、現金/カードかミールトランスファーというのを使い、ミールプランでもたべれるものがあります。 食堂で飽きたり、時間がないときはこっちもオススメです。 食事は期待しないほうがいいです。(太ります)

    この口コミは参考になりましたか? URL

全ての口コミをみる(7件)

新規投稿

  1. 1投稿先を選択
  2. 2関係性を選択
  3. 3口コミを書く
どの学校について口コミを書きますか?
留学エージェントの口コミを書く国・州・都市の口コミを書く
「いま在学している」「以前に留学した」など、あなたのよく知っている学校を選んでください

質問・相談

新規投稿
  • 質問者 dormir001
    留学を考えているのですが、語学学校から始めるか学部から始めるか迷っています。授業の質や大学内の雰囲気はどのような感じですか?大学付近の雰囲気も知りたいです。 [続きを見る]
    回答募集中 回答数:0

新規投稿

質問の投稿にはログインが必要です。

回答

  • 質問に回答したことはまだありません

周辺環境・アクセス

住所
1100 E 14th St, Ada, OK 74820 アメリカ

留学経験者

  • beafjacky

関連記事(外部サイト)

管理者様:学校側からのコメントはありませんか?

今すぐ無料でご登録いただけます - ビジネス会員登録を行うと、新規口コミ&質問の自動通知、口コミへの返信、質問への公式回答、学校情報の追加など、多くの機能をご利用になれます。

詳しい案内を見る

イースト・セントラル大学の情報ならアブログ

留学コミュニティサイト「アブログ」では、イースト・セントラル大学の学校概要、卒業生や在校生による口コミ、評価・評判、写真、動画、留学希望者からの質問を掲載しています。
学校概要としては、国・都市、キャンパスの住所、電話番号、ウェブサイトURL、各種SNS、学部、専攻、プログラム、コースなど手軽に情報収集することができます。イースト・セントラル大学の公式のブログやTwitter、Facebook、YouTube、Flickrから写真や動画を確認できます。
アメリカの学校には偏差値という基準はありませんが、イースト・セントラル大学の合格率や入学難易度から偏差値に近い情報を確認できます。
口コミでは、講師、カリキュラム、教材などの学業面だけでなく、設備、食堂、学校の雰囲気、国際色、日本人比率などの学内環境や買い物、飲食、遊び、治安、安全、物価、自然環境、交通、医療、子育てなどの周辺環境、ホームステイ、学生寮、その他レジデンスなどの住居環境、そして課外活動、コストパフォーマンス、恋愛、スタッフの対応などをチェックできます。イースト・セントラル大学が自分に合っている学校か確認しよう!

出典/参照サイト

National Center for Education Statistics
http://nces.ed.gov/
NCES(ナショナル・センター・フォー・エデュケーション・スタティスティック / 全米教育統計センター)とは米国での教育に関連するデータを収集、分析するための主要な連邦政府の実体です。NCESは国会の任務を遂行する為に、アメリカ教育の状況について完全な統計の収集、照合、完全な統計を報告し、レポート報告と発行、そして国際的な教育活動についてのレビューと報告を行っています。
Wikipedia
https://en.wikipedia.org/
Wikipedia(ウィキペディア)は、ウィキメディア財団が運営しているインターネット百科事典です。誰もが無料で自由に編集に参加できます。ウィキペディア上に掲載されている各大学の情報を参照しています。
College Scorecard
https://collegescorecard.ed.gov/
The College Scorecard(カレッジ・スコアカード)はアメリカ合衆国教育省が提供するウェブサービスです。コスト、卒業、負債、そしてカレッジ卒業生の収入において最も明白でアクセスをしやすく、且つ信頼のおける国際データを提供しています。
Office of Postsecondary Education (OPE)
http://ope.ed.gov/campussafety/(Campus Safety and Security)
http://ope.ed.gov/athletics/(Equity in Athletics)
OPEはアメリカ合衆国教育省が管轄する組織です。高等教育での改革、革新そして改善と高等教育へのアクセスの拡大、アメリカの学生向けにカレッジ競争率の上昇と経済的成功とアメリカの競争力を推進する国際理解能力の拡大のためカレッジと大学のキャパシティ強化に取り組んでいます。
Facebook
https://www.facebook.com/
Facebook(フェイスブック)は、Facebook社が運営するインターネット上のソーシャル・ネットワーキング・サービス(SNS)です。Faecbookが提供するAPIを利用し、各学校の公式Facebookページにあるデータを取得しています。
Youtube
https://www.youtube.com/
YouTube (ユーチューブ)は、2005年に米国で設立された無料で利用できる動画共有サービスです。Youtubeが提供するAPIを利用して、各大学の動画データを取得しています。
Flickr
https://www.flickr.com/
Flickr(フリッカー)とは、アメリカのYAHOO!社が運営するオンラインの写真共有サービスです。Flickrが提供するAPIを利用して、各学校の画像データを取得しています。
Google Maps
https://www.google.com/maps/
Google Maps(グーグル マップ)は、Google社がインターネットを通して提供している地図サービスです。Google Mapsが提供するAPIを利用してデータを取得しています。
Academic Ranking of World Universities
http://www.shanghairanking.com/
ARWU(世界大学学術ランキング)は、1200の大学を毎年ランク付けしトップ500を公開しています。ランク付けは、「①ノーベル賞やフィールズ賞の受賞スタッフと卒業生」「②トムソン・ロイターによって選ばれた高く引用されている研究者の数」「③ネイチャーアンドサイエンス(自然科学)の雑誌で発表された記事の数」「④科学引用指数(サイエンスサイテーションインデックス)で索引付けの記事」「⑤拡張社会科学引用指数(エクスパンディドソーシャルサイエンスサイテーションインデックス)」「⑥一大学あたりの性能」の6つの客観的指標を使い、世界中の大学をランク付けしています。
U.S. News & World Report
http://www.usnews.com/
US News & World Report(USニューズ&ワールド・レポート)はアメリカのニュースと情報のマルチプラットフォームです。1983年から大学ランキングを毎年発表しています。

イースト・セントラル大学に対して...

口コミを投稿する
または

イースト・セントラル大学に対して...

質問を投稿する

留学経験者に個別相談を依頼する

留学経験者に依頼を出して、個別に留学について相談することができます。

留学経験者の紹介の流れ

STEP 1:【無料】相談依頼を出す

STEP 2:【無料】応募者の経験者プロフィールを見てから正式依頼を判断

STEP 3:正式に依頼

正式依頼までは全て無料です!
まずは相談したい経験者が見つかるか無料で確認してみませんか?

必須お名前
必須メールアドレス
必須性別
必須検討している国・学校(複数記入可)
留学先として検討している国や都市、学校があればご記入ください。
必須プラン
エッセイ添削は、文量及び専門性によって価格が異なります。合格エッセイは志望校に合格した際に提出したデータを受け取ります。あくまでも参考用でコピー使用は禁止しております。
必須依頼したいこと
必須相談・依頼内容
経験者が応募するべきか判断する重要な情報になります。依頼したい内容を具体的にご記入ください。

この問い合わせの完了をもって、利用規約 および プライバシーポリシー を読み、内容に同意したものとみなされます。