Reviews30件

新規投稿
  • guest
    Usa
    4人が「参考になった」と評価
    Overall Comments5.0
    Current student(2017/8~2020/5)Mar 17, 2020
    私は総合的にPalomar College大好きです。
    全体で約20,000-25,000位在籍者がいると聞いています。パートタイム学生含め。
    >留学生とInternational office:
    留学生は150-200名在籍(学校スタッフ談)私が入学した年は60名くらい日本人がいました。結構多いほうだと思いますが、学生全体からすれば大した数ではないと思います。留学生の中では日本人、中国人が多いです。
    留学生は必ずInternational officeにお世話になります。スタッフは大変親身になって私たちの事を考えてくれる素晴らしいスタッフです。日時は限られていますが、留学生用のカウンセラー(主に授業の取り方など相談できる)もいます。ここにいるスタッフのおかげで公私ともに問題なく過ごせています。
    >ロケーション
    学校はSan Diego CountyのSan Marcosにあります。San Diegoから40分くらい北上します。大変静かでのんびりしたエリアですが、それなりに必要お店などはあるのでわざわざSan Diegoに行く必要はありません。学校までは車通学する学生がほとんどです。留学生は徒歩、自転車、電車、バスを使う人が多いです。
    >住まい
    来た当初はホームステイをしている学生を多く見ましたが、その後は友人同士で住んだり、する人も多いです。私が聞く限り、ホームステイ$900-800くらい払ってるらしい。シェアメイトを見つけて住んでる人は$500-800位のようです。(私の所感です)シェアする場合は当然、食費や生活費は含まれない値段です。シェアメイトは口コミ又はCraigslistで探す人多いです。私はCraigslistで家具付きの部屋を探しました。
    >教授
    私が出会った教授は大変親切な人が多かったです。中には、厳しく融通が利かない教授もいます。授業が分かりやすい教授もいれば、とにかくホワイトボードに、書きまくってノート取ることに忙しい場合もあります。教授によって同じ授業でも難易度が変わっているような気がします。
    >編入予定の場合
    セメスターごとにカウンセラーにアポを取って取るべき授業の確認をしたほうがよいです。情報提供は友人やクラスメートからも得られますが、彼らと自分は必ずしも同じ専攻でなかったり、希望する大学が違う場合も多いので正しい情報をカウンセラーやTransfer Centerで得るべきです。編入する場合は2年目の11月末までにApplyを済ませます。すべてonlineで可能なので簡単です。合否連絡は3月頃メールできます。
    >総合
    大学なので、自分からの色々聞いたり行動したりしないと情報は得られません。しかしその手助けを特にInternational officeスタッフがしてくれるので本当に助かりました。ほかの学校の事はわかりませんが、仮にカレッジをやり直すなら、またPalomar Collegeを選びたいです。シェアメイトや家の大家さんなどここSan Marcosでいい人に沢山巡り会いました。

    この口コミは参考になりましたか? URL

  • guest
    Usa
    2人が「参考になった」と評価
    Teacher4.5
    Current student(2018/8~2020/5)Sep 7, 2019
    カリフォルニアのサンマルコスと呼ばれる地域にあるPalomar Collegeという大学に通っています。カリフォルニアということもあり、気候は最高で、海も近く素晴らしい経験をしています。大学ではあらゆる分野を学び、成績を維持しています。

    この口コミは参考になりましたか? URL

  • guest
    Japan
    3人が「参考になった」と評価
    International, Japanese Ratio2.5
    Former student(1990/4~1990/12)Jan 15, 2018
    私はこの大学の語学学校に行ってましたが日本人が多かったです。 他に中東、韓国、ブラジル。大学に行けば比率はかなり変わりますが、語学学校内は日本人同士で常に集まっていた感じです。先生はとても親切でした。

    この口コミは参考になりましたか? URL

  • guest
    Japan
    2人が「参考になった」と評価
    Curriculum
    Enroll the schoolFeb 20, 2017
    パロマカレッジでは約60もの専攻がありおもに舞台芸術、アート 心理学 ビジネス 国際学などがあります。そのほかには住宅地の真ん中に学校がありホームステイをしながら学校に通うのなら最適な学校でしょう。比較的都会ではない方なので勉強しやすい上になに不自由なく過ごせる場所です

    この口コミは参考になりましたか? URL

  • guest
    Japan
    5人が「参考になった」と評価
    Atmosphere4.5
    Former student(2003/1~2005/12)Jan 3, 2016
    留学カウンセラーに日本人の方が居て、とても親身に相談にのってくれました。majorの数も多く、敷地も広々としていて良かったです。最初のESLの時だけ日本人が多くて、それぞれのmajorのクラスになるとほとんどいなくなり、英語を勉強する身としてはちょうど良く、楽しい留学生活を送れました。

    この口コミは参考になりましたか? URL

  • Hamio
    Japan
    11人が「参考になった」と評価
    Teacher5.0
    Current student(2013/8~2015/5)Feb 26, 2015
    自分はパロマカレッジに2年近く通っていますが、たくさんのいい先生に出会いました。パロマカレッジは規模がかなり大きいので、教授の数もたくさんいます。そのため、選択肢はかなり広く、この先生は自分にちょっと合わないなと感じても、同じ教科で違う先生を選択するということもできます。 僕の知り合いのアメリカ人には、パロマカレッジのこのような幅広い選択肢のためにわざわざ遠くから通っている人もいました。 先生を選ぶときに僕は、Rate My Professorsというサイトを利用しています。これは、生徒がその先生の授業を取ってみて、評価を付けたり、コメントをしたりするサイトです。ここで、学校内のいろんな先生の評価でクラスを取ることが出来ました。

    この口コミは参考になりましたか? URL

  • Yukokko
    Japan
    1人が「参考になった」と評価
    Love3.5
    Former student(2011/8~2013/8)Nov 26, 2014
    アメリカでの恋愛と日本での恋愛には、少し違う所があると思いました。高校生、大学生へとなるにつれて日本でも少なくなっていくかもしれませんが、日本のように“告白”から始まる恋愛というのは、アメリカではあまり無いように感じます。日本でも高校生、大学生くらいになれば告白せずとも好きな異性とデートに行ったりという事はあるでしょう。そして頃合いが来たら、“好きです、付き合ってください”というのも一般的になっているかと思います。同時によく恋愛漫画であるような、“告白”から始まる恋愛も多数日本には存在するかと思います。 アメリカでは、私の偏見かもしれませんが、そのような“好きです”という明確な言葉がないように思います。デートを何度か重ね、一線を越える事があっても、必ずしもそれは付き合っているとは言い難いようです。これは日本でも同じ事かもしれません。アメリカ人の多くには、“友達や家族に恋人として紹介されて初めて”自分達が付き合っている事を悟る人も少なくはないようです。アメリカ人の中には、日本人はイエス・ノーの境界線がない、押しに弱い人種だという事を知っている人もいます(日本人全員がそういう訳ではありませんが、全体を客観的に見た時によくそう捉えられます)。そこに付け込まれて、かっこいい/可愛い外国人だからという理由で流されずに、付き合っているのか不安ならば率直に聞く事が大切です。 アメリカでは、自分の意見を言わないと、どんどん人に流されていってしまいます。好きな人が出来たら、相手からのアプローチを待つのではなく、こちらからデートやお食事のお誘いをするのも大事だと思います。 パロマカレッジ内にも何組もカップルは存在します。日本のように公の場でキスやハグをするのがタブーという訳ではないようです。その為、キャンパス内でキスしているカップルも珍しくはありません。

    この口コミは参考になりましたか? URL

  • Yukokko
    Japan
    3人が「参考になった」と評価
    Security, Safety2.5
    Former student(2011/8~2013/8)Nov 26, 2014
    パロマカレッジは、治安が格別良い訳でもなく、格別悪い訳でもありません。日本の治安に比べると悪いかもですが…。何故そう思うのかと言うと、普通に生きていく上では滅多に危険にさらされる事はないからです。デトロイトやセントルイスなどの所謂スラム街などに行けば勿論治安は悪いですが、サンマルコス周辺にはそのような地域はありません。ですので、夜中一人で出歩いたり、いかにも怪しい人に着いて行かない限り、概ね住んでも大丈夫な地域でしょう。 ただ気になるのは、サンマルコスというのはメキシコに比較的近いですから、メキシコ人の移民が大勢います。彼らの中にはアメリカ人よりも低賃金で働かされていたり、お国柄貧しい方々もたくさん居ます。そのせいもあって、サンマルコスや周辺の町には、“治安の悪いメキシコ人”も中にはいます。メキシコ人皆が皆悪いと言っている訳ではありません。パロマカレッジにもたくさんメキシコ人の生徒や、メキシカンアメリカンの先生もいらっしゃいます。日本と同じで、良い人も多いけど中には少なからず悪い人もいる、というのは何処の地域にでも当て嵌まるという事ですので、誤解のないようお願いします。それでも私が聞いた話では、一人の留学生がメキシコ人に銃を突き付けられて金品を出せと脅されるという事件もありました。その留学生は夜一人で歩いていたみたいです。 一部のサンマルコスの住人には貧しい方も多い為か、盗みなどを働く人もいます。私も実際にアパートの駐車場にロックしていた自転車を盗まれた事がありました。犯人はアメリカ人なのかメキシコ人なのか他の国の人なのかは分かりませんが、アメリカでは少し目を離した隙にでも物を取られる事が多くあります。日本のように“誰かが交番に”などという考えは持たない方が良いかと思われます。

    この口コミは参考になりましたか? URL

  • Yukokko
    Japan
    2人が「参考になった」と評価
    Extracurricular activity5.0
    Former student(2011/8~2013/8)Nov 26, 2014
    課外活動の一つとして、私は一時期ボランティアをしていた事がありました。実際にボランティアをしていたのは、半年間です。主に週一回、水曜日の放課後に行っていました。サンマルコスからスプリンターという電車に乗り、隣町のエスコンディードへ。そこからバスに乗り換えて、ボランティア先の最寄の所で下車。ボランティア先はエスコンディード・ヒューマン・ソサエティという所で、帰る場所のない動物を保護し、飼い主を見つけるという動物愛護の団体です。そこには犬や猫だけでなく、うさぎや鳥も保護されていました。 私は長年実家で犬を飼っていて散歩の経験がたくさんあるとの事で、犬の散歩係のボランティアをする事に決めました。最初のミーティングで説明会が行われ、書類に同意のサインをしました。そこから数週間は見習いという形で、先輩ボランティアの人に正しい散歩の仕方や遊び方、檻から出す時、入れる時はどうするか、などを教わりました。後半の方はボランティア内容を覚え、先輩の監視下を離れて説明通りに犬を散歩に連れて行き、糞の始末をし、遊んであげていました。私は犬担当でしたので猫などの他の動物の事情は知りませんが、多種多様な犬が保護されていました。チワワ、柴犬、ダックス、チャウチャウ、レトリバー、ピットブル、シーズーなど。どの子も良いわんちゃん達でした。 ボランティアを見つけたのは、インターネットサーチです。留学生活にも慣れてきたので学校と家との往復にも刺激が無くなり、何か経験上将来有益になるかもしれない(就活面などで)と思ったからです。ボランティア活動は、サンマルコス周辺でも結構募集が掛かっています。学校の掲示板に張り紙がないか見てみたり、インターナショナルオフィスの人に聞いてみるのもボランティアを探す方法だと思いますが、インターネットで探した方がより多くの情報を入手出来るので、興味のある方はまず“volunteer san marcos CA”などと検索してみるのが良いでしょう。

    この口コミは参考になりましたか? URL

  • Yukokko
    Japan
    0人が「参考になった」と評価
    Extracurricular activity5.0
    Former student(2011/8~2013/8)Nov 26, 2014
    私はパロマカレッジ在学中に、水泳部に所属していました。授業としての水泳ではなく、部活としての水泳部です。水泳のシーズンは春学期です。最初2011年8月の秋学期に入学した時、プールサイドにある水泳部のコーチのオフィスに出向いて、次の学期から入部したい意思を伝えました。その学期はシーズンオフでしたので、週に2回、放課後に自由に泳ぎに来ても良いとの許可を貰いました。 春学期になり、水泳のシーズンが始まると、毎日練習がありました。平日はお昼の1時から3時半。土曜日は早朝からありました(屋外プールなので、早朝は寒かったです)。試合も結構な数でありました、パロマカレッジで主催する試合なら移動などもなくて良いのですが、サンディエゴやリバーサイドなどの他校である試合には、コーチの運転するバスで向かいました。授業や課題に遅れを取らないよう、よく教科書やノートなどを持っていっていました。 私はパロマカレッジに2年間通いましたので、水泳部を経験したのは2学期間(2012の春学期と2013の春学期)でした。2年目のシーズンにはメンバーも入れ替わり、1年目とは違うまた新鮮な気持ちで練習や試合に励む事が出来ました。 パロマカレッジの水泳部のコーチにはメインのコーチが2人います。どちらのコーチもとても気さくで、ジョークも好きです。練習はきついですが、どちらのコーチも選手の事を一番に考えてくれる、本当に良いコーチでした。 試合が終わった後にはご飯に連れて行ってくれたり、早朝の練習の後には決まってベーグルを買ってきてくれていました。シーズン最後の試合の後には、部員の家でパーティーもありました。また、部員の泳法をより向上させるために、タブレットで泳いでいる姿をビデオに撮って、そのビデオを一緒に見ながら指導してくれたりもしました。 水泳だけでなく、パロマカレッジは他のスポーツも盛んですので、入部に迷っている方はまずはコーチに聞きに行くのが◎でしょう。

    この口コミは参考になりましたか? URL

口コミを投稿する

  1. 1Select posting target
  2. 2Select relationship
  3. 3Write review
For which School do you write a review?
Write a review of country or state or city
Please select a school that you are studying currently or studied before.

Palomar Collegeに対して...

口コミを投稿する
または

Palomar Collegeに対して...

質問を投稿する