口コミ・評判5件

新規投稿
  • h_aya
    日本
    2人が「参考になった」と評価
    学生寮4.0
    元在校生(通学期間:2001年9月~2005年5月)2015/12/31
    カーネギーメロンでは、一年生だけ学生寮に入ることを強制されます(大学院生を除く)。学生間の交流を深める目的と、おそらくは大学側の運営費として寮費が大きい割合を占めているのだと思われます。 どこの寮に割り当てられるかは入学直前まで決まりませんが、入学前にアンケートで自身の希望や生活スタイルを聞かれます(宗教、人種、朝方/夜型、性格、などなど)。これは特別な理由がなければ基本的に一年目は二人一部屋で住むルールがあるため、できるだけ相性の合うルームメイトと組めるように、学校側が運営しているのかと思います。 寮の種類は様々で、一部屋にベッドが2つと洗面所、洗面所は共同、マンションスタイルの部屋などなど、ありましたが、キャンパスに近ければ近いほど、部屋は小さめだったような気がします。私自身がキャンパスから徒歩10分ほど離れた学校が借り上げているマンションでしたが、キッチン、リビング(勉強机がそこに置かれていました)、ベッドルーム、バスルームとかなり広めの部屋を二人でシェアしていました。ただ、やはりルームメイトとの相性はあるもので、個人的には入学3ヶ月ほどでお互いそりが合わず、寮のDorm Surpervisorに相談して隣部屋の寮生と変えてもらった記憶があります。友人の中にはルームメイトと気が合って、卒業してからも親友として付き合っている人もいるので、こればかりは実際に会ってみないと分からない楽しみがあります。 二年目からは寮を出て自分でマンションを借りるなり、友達数人と家を借りるなり、寮に住み続けるなり、選択肢が与えられます。寮に住み続ける場合は希望を優先される確立が年ごとにあがっていくらしく、キャンパスに近く、それでいてバスルーム付きの1人部屋に3、4年生が暮らしていました。そのような寮は、メーリングルームや食堂など、集団生活をする上での利点もあれば、プライバシーの問題など難点もありますが、アメリカ的な学生生活を送る上で貴重な体験ができることは間違いありません。

    この口コミは参考になりましたか? URL

  • h_aya
    日本
    1人が「参考になった」と評価
    交通4.0
    元在校生(通学期間:2001年9月~2005年5月)2015/12/31
    よく驚かれますが、在学中に一度も車を必要としたことがありませんでした。そのせいか今でも免許を持っていません。 ピッツバーグは学園都市的な所もあり、また製鉄産業が衰退してから低所得者層が地域的に定住していることから、バスの交通がとても発達しています。だいたいの場所へは急を要さなければバスで行くことができましたし、学生証を持っていればすべてのバス(空港から学校付近までのシャトルバスも含む)が無料で乗れました。電車など他の交通機関がなかったので唯一の公共交通手段として縦横無尽にバスでどこへでも行ったのを覚えています。 また、当時住んでいたのはShadysideというキャンパスから徒歩で20分ほどの住宅街でしたが、この辺りは古くからのお屋敷があったり、実業家が住むちょっとした邸宅などがあり、環境がとても良かったことを覚えています。隣のSquirrel Hillはユダヤ系住民の多い庶民的なエリアでよく食材を買い出しに行き、隣の大学 University of Pittsburghがある付近はOaklandと行って若者が集まるクラブやレストランが点々とするエリアでした。散歩がてら、このような場所を歩きながら課題の材料を探したことも幾度となくあります。 最後に、Carnegie Mellon だけだとは思いませんが、夜遅くまでキャンパスで勉強している学生を自宅付近まで送り届けてくれるEscort Serviceがありました。深夜ダイヤがキャンパス中に張ってあり、それに合わせてキャンパス内のバス停で待っていると小型のシャトルバスがピックアップしてくれて、大学周辺の主なエリアまで送ってくれました。寒い日は夜通し課題を進めている者にとっては、ありがたいサービスだったのを覚えています。

    この口コミは参考になりましたか? URL

  • h_aya
    日本
    1人が「参考になった」と評価
    学校の雰囲気4.5
    元在校生(通学期間:2001年9月~2005年5月)2015/12/31
    カーネギーメロンは米国の中でも特に国際的な雰囲気の強い学校だったと記憶しています。ロボット工学やソフトウェアエンジニアリングが強いせいか、その学科の学生達は欧米人を始め、中国・韓国・日本を筆頭にしたアジア人、また当時はインドの学生がほぼ同じ割合くらいで在籍していました。 学部ごとに「色」が違うのはどんな大学でも同じでしょうか。同じ美術学科でもデザイン学科と建築学科ではなんとなく学生と教授の雰囲気が異なったものです。ただ、カリキュラム上、別学科や別学部の授業を受けることもでき(Double MajorやMinorを選択する人はかなり多数でした)、学校としてInterdisciplinary(学科間交流)をキーワードに掲げていたので、頻繁にいろいろな学科の生徒と課題を進めることがありました。また、授業外での活動(クラブや同好会など)もオープンな雰囲気で頻繁にあり、学生同士や家族も連れ添って休日を楽しむ機会も多々ありました。 構内の環境もこれ以上ないくらい、恵まれていました。ピッツバーグは製鉄工業で昔栄え、その後一度廃れてしまった町ですが、私が在学していた時期は大学都市として活気を見せ始めていました。バスで20〜30分以内の領域に大学が少なくとも5校はあったと記憶しています。そのせいか、学生が街中に当たり前のように溶け込み暮らしやすくありました。カーネギーメロンはその中でも規模は小さめでしたが、キャンパス内には拓けた芝生があり、そこを横断してそれぞれの学舎に行ったものです。建物は増築を重ねたせいか、近代的なものから少し時代を感じるものまでありましたが、それらの違いを見るのも一つの楽しみでした。

    この口コミは参考になりましたか? URL

  • h_aya
    日本
    2人が「参考になった」と評価
    講師5.0
    元在校生(通学期間:2001年9月~2005年5月)2015/12/31
    カーネギーメロン大学のデザイン学科に在籍していました。 当時の教授群は、温厚な学部長を筆頭に様々なバックグラウンドや経験を持った教授が揃っていました。大企業でのインハウスデザインを経験した方、現役アーティストとして活動している方、複数企業のデザイン顧問をされている方、アカデミアの中でデザインを教えている方・・・それぞれが持つ得意分野で授業内容が構成されているので、教えられる側としては、様々な視点や知識、体験談などが聞けて面白かったものです。 異なる背景を持つ教授たちですが、共通していたのはデザインという分野への情熱と言えます。それを理由に、授業中の態度や課題への評価は類を見ない厳しさでした。理由のない遅刻や欠席は論外ですし、課題への取り組み過程や思考回路、発表の仕方、学生同士のクリティーク(批評)の質、議論への態度など、本当に様々な面で常にもっと上を目指すように教えられました。また、それらを向上させるのに特に具体的な指示は出されず、授業外の時間を如何に効率的に、効果的に使うかは、個々の判断に委ねられていたことが印象的です。 在学四年間で教えられた学問の内容のさることながら、こういった教授群に鍛えられた課題(仕事)に向き合う姿勢、考え方、他人との接し方、プロフェッショナリズムは社会人になった今の土台になっていると言っても過言ではないと強く感じます。学内で終わることなく、学生たちの次の一歩を踏む出す準備を、厳しく指導してくれる教授たちに恵まれました。

    この口コミは参考になりましたか? URL

  • h_aya
    日本
    2人が「参考になった」と評価
    カリキュラム、教材5.0
    元在校生(通学期間:2001年9月~2005年5月)2015/12/31
    It is not an exaggeration when I say that the four years that I spent at Carnegie Mellon University built the foundation of who I am as a working designer today. The curriculum, known to be of high standards, is built around fundamentals and real world applications of design, which is strengthened by professors who come from a plethora of backgrounds and a motivating competitiveness among students. The curriculum not only taught me the principles of the subject I studies, it showed me the mannerism and attitude of working with peers from different backgrounds, and engrained in me early on the professionalism that is required when working in the real world. Carnegie Mellon goes beyond academia and well prepares you for the next step in your life.

    この口コミは参考になりましたか? URL

口コミを投稿する

  1. 1投稿先を選択
  2. 2関係性を選択
  3. 3口コミを書く
どの学校について口コミを書きますか?
留学エージェントの口コミを書く国・州・都市の口コミを書く
「いま在学している」「以前に留学した」など、あなたのよく知っている学校を選んでください

カーネギーメロン大学に対して...

口コミを投稿する
または

カーネギーメロン大学に対して...

質問を投稿する

留学経験者に個別相談を依頼する

留学経験者に依頼を出して、個別に留学について相談することができます。

留学経験者の紹介の流れ

STEP 1:【無料】相談依頼を出す

STEP 2:【無料】応募者の経験者プロフィールを見てから正式依頼を判断

STEP 3:正式に依頼

正式依頼までは全て無料です!
まずは相談したい経験者が見つかるか無料で確認してみませんか?

必須お名前
必須メールアドレス
必須性別
必須検討している国・学校(複数記入可)
留学先として検討している国や都市、学校があればご記入ください。
必須プラン
エッセイ添削は、文量及び専門性によって価格が異なります。合格エッセイは志望校に合格した際に提出したデータを受け取ります。あくまでも参考用でコピー使用は禁止しております。
必須依頼したいこと
必須相談・依頼内容
経験者が応募するべきか判断する重要な情報になります。依頼したい内容を具体的にご記入ください。

この問い合わせの完了をもって、利用規約 および プライバシーポリシー を読み、内容に同意したものとみなされます。