ryotaさんのアイコンです

ryota

  • 性別非公開

投稿記録

口コミ
22件
標準点
3.84点
回答
0件
ベストアンサー
0件
質問
1件
写真
0枚

基本情報

留学タイプ
正規留学
経験した滞在
Dormitory
Apartment
ビザの種類
Student
手続きした方法
エージェントを利用
留学前の語学力
Intermediate
留学前の職業
Part-time worker

口コミ

  • ノッティンガムへの投稿
    ryota
    Japan
    1人が「参考になった」と評価
    Traffic4.0
    Staying now(2014/1~2016/4)Jan 26, 2016
    ノッティンガムから旅行に行くのはロンドンに住んでいる人の事情と比べると、やはりちょっと不便です。時間を惜しむかお金を惜しむか、の選択を常に迫られるというか。 まずロンドンへ行きたいならCoachといわれる長距離バスか電車、あるいは飛行機という選択になります。Coachならロンドンのヴィクトリアステーションまで往復10~15ポンド、電車なら50ポンドくらい(たぶん)、そして飛行機は場合に寄りますが、そもそもノッティンガムから空港(イーストミッドランズかバーミンガム)、空港(ヒースロー、スタンステッド、ルートン、ギャトウィック)からロンドンの間にも結構距離があるので、結局その間もCoachか電車に乗る羽目になると思います。私のおすすめはCoachか電車です。 イギリス国外に旅行するなら飛行機かあるいはロンドンから出ている長距離バスに載ることになるかと思いますが、ロンドンからドイツに旅行した友人はバスで24時間以上かかったそうなので、かなりしんどそうですね。 飛行機ならRyanairがあるので、イタリアやフランスなどに行くのに20~50ポンドとかで行けちゃいます。ただ、Ryanairの就航するStansted空港に行くのに30~50ポンドくらいかかるのでそのあたりのバランスを考えてみる必要はあるかなと思います(あとRyanairは10キロの荷物×1しか無料で持ち込めないです)。 いずれにしてもイギリスに留学する一つのメリットはヨーロッパ旅行がしやすいことなので、いろいろな情報を集めれば格安でいろんなところに行けると思います。

    この口コミは参考になりましたか? URL

  • ノッティンガム・トレント大学への投稿
    ryota
    Japan
    0人が「参考になった」と評価
    Price3.0
    Current student(2015/1~2016/2)Jan 26, 2016
    ・生活費&雑費 大都市と比べるとノッティンガムの物価はかなり控えめです。 私はかなり切り詰めた生活をしていましたが、100ポンドが最低限の食費+雑費だと思います(なので年間1200~1300が最低限)。 外食の価格は軒並み高いので、外食の回数が増えるなら100ポンドでは生活できません (1回10~15ポンドはかかります。KFCやマクドナルドなら最低5ポンド前後。これでもロンドンと比べれば格安だと思いますが)。 公共交通機関は都市の規模を考えるとかなり充実しているといえるでしょう。 バスはノッティンガム+郊外を網羅しています。何社かバス会社がありますが、公共のNCTが一番カバー範囲が広く、大抵の人はこのバス会社を使っています。 学生だと定期券の割引が利くので、月大体42ポンドですが、購入期間が長ければ長いほど安くなります。例えば、年間定期を買えば336ポンド(月28ポンド)まで下がります。 また、NTUとノッティンガム大学は9月から6月末まで有効のバス定期を200ポンドで販売していて、各大学と旧市街にある定期券売り場で買うことができます。 定期券なしなら1回2ポンドか1日乗車券を3.5ポンドで買えます。 トラムは1回2ポンドか往復券2.5ポンドだったはずです。トラムかバスのどちらかを使えば郊外に住んでいても不便はしないかと。バスは平日であれば夜間バスも3時くらいまでは走っているので、夜遅くまで出歩くことがあっても安心です。

    この口コミは参考になりましたか? URL

  • ノッティンガム・トレント大学への投稿
    ryota
    Japan
    1人が「参考になった」と評価
    Overall Comments3.0
    Current student(2015/1~2016/2)Jan 26, 2016
    ・奨学金など NTIC,NTUともにいくつかの奨学金がオファーされています。 NTICでは成績優秀者の1000ポンドの奨学金(全体の成績の70%=ディスティンクション)と、NTUに上がる1か月前(締め切りが設定されていました)までに1000ポンド以上支払えば、500ポンドの学費軽減のサービスがあります。 成績優秀者の奨学金に関しては、翌年に表彰式に招待されます。 大学院の奨学金は多岐にわたりますが、大抵の奨学金はNTICから上がる生徒は対象になっていないものが大半なので、他大学も含めてあらかじめ調べておいたほうが良いかと思います。近隣であればノッティンガム大学がありますし、それ以外だとアストン大学、バーミンガム大学、レスター大学などは近隣の州にある大学です。 一部の生徒は奨学金を得るよりアルバイトを見つけて穴を埋めているようですが、留学生には少々難しいかなと思います。(そもそも時間的な余裕がないです) ノッティンガムの中には日本人のコミュニティもありますし、ビジネススクールには日本の専門家のようなイギリス人の方もいるので、その人たちのつてで短期か1度限りのバイトを見つけることは可能だと思います。

    この口コミは参考になりましたか? URL

  • ノッティンガム・トレント大学への投稿
    ryota
    Japan
    1人が「参考になった」と評価
    Other Residence3.0
    Current student(2015/1~2016/2)Jan 26, 2016
    ・住宅事情 居住環境については、初めの8か月程度がカレッジが提示してきた学生寮に住んでいました。それ以降は自分で見つけたPrivateの物件に住んでいます。 カレッジあっせんの学生寮:6000ポンド(月750)+デポジット(250ポンド) Privateの物件:300/月+デポジット(400)+仲介手数料(150か250) カレッジの紹介してきた学生寮は大学から徒歩5分の距離で便利ですが明らかに相場よりは高いです。確かに築年数は浅く綺麗で、風呂キッチントイレすべてついているスタジオと呼ばれる物件なので、安全で整った環境でしたが、カレッジが提案してくる物件は常に割高であることは言っておく必要があるでしょう。 ルームシェアかハウスシェアに抵抗のない人であれば200~400ポンド程度でいい物件が見つかるはずです(200だと狭くなったり、古くなったりするでしょうが・・・) スタジオを留学生が借りるのは少し難しいです。 というのは、大抵の不動産会社は英国内で働いている保証人を求めてくるからです。 私が部屋を借りた不動産会社は6か月分の家賃を前払いすることで保証人の代わりをする制度を持っていたので、格安のスタジオを借りられました。保証人が必要か前払いで済ませられるのかは物件の見学をする前に確認しておきましょう。 また、物件の契約期間にも気を付けたほうがいいと思います。大抵の場合契約期間は1年なので、学校のタームが7月までなのに部屋の契約は3月に切れる、となった場合、普通は4か月だけの更新はしてくれません。1月入学でなければふつうは起こりえませんが、一応注意しておくに越したことはないでしょう。

    この口コミは参考になりましたか? URL

  • ノッティンガム・トレント大学への投稿
    ryota
    Japan
    1人が「参考になった」と評価
    Overall Comments3.0
    Current student(2015/1~2016/2)Jan 26, 2016
    ・ビザ申請関連 私の場合、英語コース→大学院準備コース→大学院と進んだので、ビザ更新は2度行いました。ハードルが高いのは一度目の大学院準備コースに入る際のビザ更新です。 なぜかというと、資金証明の金額が高いからですね。滞在予定月数×600ポンド(ロンドンなら800だったはず)+コースの学費の証明が必要でした。 逆に大学院の為のビザに関しては、Pre-masterが大学院に上がる人の場合は資金証明の額が極端に低くなるみたいで、2年目は880ポンド?をその時点で証明できればOKという感じで拍子抜けした記憶があります。日本国籍者は本来資金証明が不要なのですが、カレッジも大学も必ず資金証明を提出するように言ってきます。 なお、ビザの申請時には500ポンドくらいの手数料がかかりました(涙)。国外から行うと安くなるはずですが、申請中はどこにもいけません(パスポートが手元にないので)。 必要書類については事前に把握しておきましょう。 日本の奨学金を借りている場合は総額が表記されているか、月当たりの貸出金額と期間が明記されている書類を必ず取り寄せましょう。 ビザの延長の申請に関してのサポートはNTICのほうが親切だと感じました。NTICは英語がうまくない生徒のことを前提にしてサポートをしている印象です。 NTUはやらないといけないことを提示してきて、説明してそれで終わりだったので。 ただ、ヘルプデスクがずっとオープンしているので、気軽に分からないことは聞きに行けたので、ほうっておかれるわけではありません。大学院に入る前には簡単な説明会もありました。

    この口コミは参考になりましたか? URL

全ての口コミをみる(22件)

質問・相談

  • 投稿した質問・相談はまだありません

回答

  • ryota
    他都市のカプランカレッジに通っていましたが、正直言ってご本人次第だと思いますよ。それまでの英語力にもよりますし。

    留学すれば毎日英語を使うし、友達とも英語で話すのでもちろん英語力を上げるチャンスは増えます。モチベーションもあがります。
    ただすべてはご自身次第かと。毎日習ったことをきっちり復習して、率先して発言して、授業以外でもインプット、アウトプットの練習をして、それを授業で試すってのができれば、3か月でも結構な成長は期待できると思います。(それ以降その英語力を維持したり、さらに向上させられるかもまた同じ答えになりますが)

    食事に関しては、ホームステイなら期待しないほうがいいかもしれません。
    ただ、場合によりけりですね。ホームステイしてる友人はみんな食事がいやになって、一人暮らしに切り替える人もいますし
    外食は高いですが、味は日本のチェーン外食店をイメージしてもらえればいいかと思います。ただ、自炊するなら食事はそんなにつらくないですよ。

写真

  • 投稿した写真はまだありません。