うーしゅーさんのアイコンです

うーしゅー

  • 性別非公開

投稿記録

口コミ
16件
標準点
3.15点
回答
0件
ベストアンサー
0件
質問
5件
写真
0枚

口コミ

  • うーしゅー
    Japan
    1人が「参考になった」と評価
    Overall Comments5.0
    Former student(2015/9~2016/1)Jan 31, 2016
    清華大学の良いところは中国人学生がみんなまじめに勉強をするということである.私は中国人の学生と,専門の授業をとっていたので授業中に外国人は他にいなかったが(また中国語を受ける授業については全くわからないが),言語がそこまで流暢でなくても,自分のいいたいことがしっかりと論理的に通っていればきちんと反応を返してくれるし,学歴の低い中国人が日本人に対して示す単純な日本人嫌い(フォビア)もありません.むしろ清華大学には過去にアメリカや日本に留学したことのある先生が多く,留学生のつらさを知っているため,やさしく接してくれます.また,研究のレベルも非常に高く,どんどん進んで先生の科研に参加して自らどんどん進んでいく,成功していく,このアグレッシブ,ポジティブな姿勢は本当に私の考えを改めました. このような研究の側面だけではなく,部活動も非常に多く,また活発に活動している.たとえば,留学生の寮の前にはテニスコートや400mトラックが設置されているが,朝にも夜にも走っていたり運動していたりしている人が多い.勉強だけではなく身体にも気を付けている点は素晴らしい. 学部レベルの授業でも先生は非常にやる気のある先生は多く,その分宿題予習復習多いですが,やり遂げた時の達成感は相当なものです.

    この口コミは参考になりましたか? URL

  • うーしゅー
    Japan
    1人が「参考になった」と評価
    Overall Comments4.5
    Former student(2015/9~2016/1)Jan 31, 2016
    清華大学は理系が強く,北京大学は文系が強いというイメージがあります.しかし分野によっては一部逆転している部分もあることがあります.これは,学部レベルではなかなか分かりにくいかもしれませんが,たとえば学部レベルでも理系要素が多い経済学などは北京大学とかなりいい勝負をしています.また,社会学,政治学などでも数理モデルを用いた分析はかなり清華大学の強みだといえるでしょう.そのため,私は私の研究分野が強い大学を考えると(文系であるにも関わらず)清華大学を選択するというのが自然の選択であったように思います. 学部生合わせて自分の理由を話すとするならば,以前北京大学に留学していた際に,清華大学の友人から寮の設備が相当いいという話を聞いていたことも一つの重要な選択の理由であったかもしれません.北京大学の寮は一か月およそ3000元であるのに対し,清華大学は2400元程度と低く抑えられているのもよい点です. また,環境という側面から言えば清華大学と北京大学はどちらも互角の勝負です.どちらのキャンパスも非常に大きく,湖があり,自然が豊富です.どちらも北京市海淀区で隣り合っているので昔からのライバルです.立地的な優劣はありません.

    この口コミは参考になりましたか? URL

  • うーしゅー
    Japan
    1人が「参考になった」と評価
    Natural environment1.0
    Former student(2013/2~2014/1)Jan 31, 2016
    北京に留学する上で気を付けるものの中に上位にくるものとして「空気」がある.北京市内では天気予報とは別に空気予報と言うのを発表しており,特に冬には数日間PM2.5の一定空間に占める割合が増加し,ひどいときには50m先の視界さえも空気の汚染によって見えなくなってしまうという事態がしばしばある.ただし,空気汚染がひどい場合は中国政府は空中に硫化水銀を打ち込んで強制的に雨を降らせて空気中の汚染物質を無理やり地面に落とすということも行っている(そのため,地中に汚染がたまっていく.硫化水銀 雨 で検索). 我々が実生活レベルで気を付けなくてはならないのは空気である.わたしが2013年に留学した時にはPM2.5専用のマスクを持っていったが,それでも結局通常のマスクだと皮膚とマスクの接触面からPM2.5が流入してきてしまい,結局意味がなくなってしまう. その時に私の友人がしていたマスクはフィルター交換型マスクであった.これはフィルターだけを交換するタイプで,一見すると口の部分がガスマスクに覆われたような形状である.これが一番効果があったように思われる.実際にフィルターを見せてもらうと,相当色が黒ずんでいたのが記憶に新しい.

    この口コミは参考になりましたか? URL

  • うーしゅー
    Japan
    0人が「参考になった」と評価
    Security, Safety3.0
    Former student(2013/2~2014/1)Jan 31, 2016
    中国に留学する際に気を付けることとして,衛生面,セキュリティ,留学独特の問題,中国独特の問題などが挙げられる. 例えば衛生面の問題から言えば,日本よりも明らかに衛生面で劣っている.そのため,手ぴかジェルを買って持っていくなどをしていた.公衆トイレも相当汚い.水道水は基本的に飲まない方がベター.飲んでもおなかを壊さない人もいる.相当急速に水の浄化設備,浄化能力が向上している.北京以外はよくわからない. セキュリティの面でも気を付ける必要がある.最近は治安が良くなったが,昔はセキュリティが結構悪く盗難被害があった.また,電車での置き引きや,学校に荷物を置いてトイレに行って帰ってきたらすでに荷物が取られていた,という報告もある.私自身もバスに乗っていた時に電子辞書を取られてしまったことがある. 留学独特の問題としてパスポートをなくさないようにする(なくすと相当面倒くさい),犯罪に巻き込まれない.政治活動に参加しない(携帯電話の電話中の音質が変わったら盗聴されてる証拠です).政治的敏感なところに近寄ることもしない(道端で陳情活動をしていたりする人など.近づいてもいいですが,長い間話しすぎるとやはり顔が政府に割れてしまいます).

    この口コミは参考になりましたか? URL

  • うーしゅー
    Japan
    0人が「参考になった」と評価
    Overall Comments4.0
    Former student(2013/2~2014/1)Jan 31, 2016
    私はもともと中国に留学するかアメリカに留学するかで非常に迷っていたように思う.ただ,実際に留学する際に中国は奨学金があって,アメリカには奨学金がない,かつアメリカの方が生活費が高いということが非常に大きなネックだったように思われる.中国は私がもともと興味がある国だったので,アメリカの代わりに中国を選ぶことは何ら違和感はなかった.北京大学を選ぶか,清華大学,もしくは台湾や上海,広東を選ぶかで悩んでいたが,やはりもっともきれいな中国語をを学ぶことができる北京を選んだ.また,北京市内にも大きく,有名な大学が多くあるが,北京大学にした理由が特に清華大学と比較して,北京大学が文系科目が強いという伝統があると聞いていたためである.もともの,北京大学は文系,清華大学は理系と言う色分けが中国人にもされていた.私の専門は文系科目であり,その点からも北京大学を選んだ. 当時在籍していた大学に過去に北京大学に留学したことがある人がいたのも大きな理由の一つである.大体の大学では過去に留学した人からアンケートや留学体験記などをためているので,それらを参考にすることができた点もよい. 結果,非常によい留学であったと私は考えている.

    この口コミは参考になりましたか? URL

全ての口コミをみる(16件)

質問・相談

  • 投稿した質問・相談はまだありません

回答

  • うーしゅー
    清華大学の良いところは中国人学生がみんなまじめに勉強をするということである.私は中国人の学生と,専門の授業をとっていたので授業中に外国人は他にいなかったが(また中国語を受ける授業については全くわからないが),言語がそこまで流暢でなくても,自分のいいたいことがしっかりと論理的に通っていればきちんと反応を返してくれるし,学歴の低い中国人が日本人に対して示す単純な日本人嫌い(フォビア)もありません.むしろ清華大学には過去にアメリカや日本に留学したことのある先生が多く,留学生のつらさを知っているため,やさしく接してくれます.また,研究のレベルも非常に高く,どんどん進んで先生の科研に参加して自らどんどん進んでいく,成功していく,このアグレッシブ,ポジティブな姿勢は本当に私の考えを改めました.
    このような研究の側面だけではなく,部活動も非常に多く,また活発に活動している.たとえば,留学生の寮の前にはテニスコートや400mトラックが設置されているが,朝にも夜にも走っていたり運動していたりしている人が多い.勉強だけではなく身体にも気を付けている点は素晴らしい.
    学部レベルの授業でも先生は非常にやる気のある先生は多く,その分宿題予習復習多いですが,やり遂げた時の達成感は相当なものです.
  • うーしゅー
    清華大学は理系が強く,北京大学は文系が強いというイメージがあります.しかし分野によっては一部逆転している部分もあることがあります.これは,学部レベルではなかなか分かりにくいかもしれませんが,たとえば学部レベルでも理系要素が多い経済学などは北京大学とかなりいい勝負をしています.また,社会学,政治学などでも数理モデルを用いた分析はかなり清華大学の強みだといえるでしょう.そのため,私は私の研究分野が強い大学を考えると(文系であるにも関わらず)清華大学を選択するというのが自然の選択であったように思います.
    学部生合わせて自分の理由を話すとするならば,以前北京大学に留学していた際に,清華大学の友人から寮の設備が相当いいという話を聞いていたことも一つの重要な選択の理由であったかもしれません.北京大学の寮は一か月およそ3000元であるのに対し,清華大学は2400元程度と低く抑えられているのもよい点です.
    また,環境という側面から言えば清華大学と北京大学はどちらも互角の勝負です.どちらのキャンパスも非常に大きく,湖があり,自然が豊富です.どちらも北京市海淀区で隣り合っているので昔からのライバルです.立地的な優劣はありません.
  • うーしゅー
    北京に留学する上で気を付けるものの中に上位にくるものとして「空気」がある.北京市内では天気予報とは別に空気予報と言うのを発表しており,特に冬には数日間PM2.5の一定空間に占める割合が増加し,ひどいときには50m先の視界さえも空気の汚染によって見えなくなってしまうという事態がしばしばある.ただし,空気汚染がひどい場合は中国政府は空中に硫化水銀を打ち込んで強制的に雨を降らせて空気中の汚染物質を無理やり地面に落とすということも行っている(そのため,地中に汚染がたまっていく.硫化水銀 雨 で検索).
    我々が実生活レベルで気を付けなくてはならないのは空気である.わたしが2013年に留学した時にはPM2.5専用のマスクを持っていったが,それでも結局通常のマスクだと皮膚とマスクの接触面からPM2.5が流入してきてしまい,結局意味がなくなってしまう.
    その時に私の友人がしていたマスクはフィルター交換型マスクであった.これはフィルターだけを交換するタイプで,一見すると口の部分がガスマスクに覆われたような形状である.これが一番効果があったように思われる.実際にフィルターを見せてもらうと,相当色が黒ずんでいたのが記憶に新しい.
  • うーしゅー
    中国に留学する際に気を付けることとして,衛生面,セキュリティ,留学独特の問題,中国独特の問題などが挙げられる.
    例えば衛生面の問題から言えば,日本よりも明らかに衛生面で劣っている.そのため,手ぴかジェルを買って持っていくなどをしていた.公衆トイレも相当汚い.水道水は基本的に飲まない方がベター.飲んでもおなかを壊さない人もいる.相当急速に水の浄化設備,浄化能力が向上している.北京以外はよくわからない.
    セキュリティの面でも気を付ける必要がある.最近は治安が良くなったが,昔はセキュリティが結構悪く盗難被害があった.また,電車での置き引きや,学校に荷物を置いてトイレに行って帰ってきたらすでに荷物が取られていた,という報告もある.私自身もバスに乗っていた時に電子辞書を取られてしまったことがある.
    留学独特の問題としてパスポートをなくさないようにする(なくすと相当面倒くさい),犯罪に巻き込まれない.政治活動に参加しない(携帯電話の電話中の音質が変わったら盗聴されてる証拠です).政治的敏感なところに近寄ることもしない(道端で陳情活動をしていたりする人など.近づいてもいいですが,長い間話しすぎるとやはり顔が政府に割れてしまいます).
  • うーしゅー
    私はもともと中国に留学するかアメリカに留学するかで非常に迷っていたように思う.ただ,実際に留学する際に中国は奨学金があって,アメリカには奨学金がない,かつアメリカの方が生活費が高いということが非常に大きなネックだったように思われる.中国は私がもともと興味がある国だったので,アメリカの代わりに中国を選ぶことは何ら違和感はなかった.北京大学を選ぶか,清華大学,もしくは台湾や上海,広東を選ぶかで悩んでいたが,やはりもっともきれいな中国語をを学ぶことができる北京を選んだ.また,北京市内にも大きく,有名な大学が多くあるが,北京大学にした理由が特に清華大学と比較して,北京大学が文系科目が強いという伝統があると聞いていたためである.もともの,北京大学は文系,清華大学は理系と言う色分けが中国人にもされていた.私の専門は文系科目であり,その点からも北京大学を選んだ.
    当時在籍していた大学に過去に北京大学に留学したことがある人がいたのも大きな理由の一つである.大体の大学では過去に留学した人からアンケートや留学体験記などをためているので,それらを参考にすることができた点もよい.
    結果,非常によい留学であったと私は考えている.

写真

  • 投稿した写真はまだありません。