基本情報

編集する
ドイツ
都市
ミュンヘン
学校名/名称
ミュンヘン工科大学
Technische Universität München
Technical University of Munich
TUM
Technical University Munich
TU München
学校形態
大学
大学院
設立種類
私立
創立年
1868年
学生数
63名
学生の男女比率
-
学生の国籍割合
-
教員数
-
スタッフ数
-
クラス数
-
対応言語
-
加盟・認定団体
-
施設
-
取得できる学位
-
電話番号
+49 89 28901
ウェブサイト
http://www.tu-muenchen.de/
SNS

ランキング

ランク ランキング媒体
#47 世界大学学術ランキング 世界大学学術ランキング(2016)

ミュンヘン工科大学の相対評価

  • データなし

口コミ

新規投稿
  • Schnee
    日本
    1人が「参考になった」と評価
    食堂2.0
    元在校生(通学期間:2014年10月~2015年7月)2016/01/31
    うちの大学の学食は、他大学の学生も知るほど「美味しくない」と評判でした。 友人たちが学食に行きたがらない理由が最初は全くわかりませんでした。メニューも豊富で日本の生協組合の方が同じメニューを提供していて飽きると思っていました。 記憶にある限りですがメニューを紹介します。 1ユーロ 炭水化物と何かが混ざった大皿(1ユーロでお腹は満たされる):パスタ、クスクスのようなもの、カレー味の野菜煮込み など 0.5〜0.7ユーロ 小皿料理:グリーンサラダ、トマトサラダ、ミックスベジタブル、茹でたインゲン、日替りスープ、フライドポテト、マッシュポテト、粉ふき芋、クヌーデル、パン(ゼンメル)、お米 など 2.5〜4.0ユーロ メインディッシュ(タンパク質&デザート):ソーセージ(種類は豊富)、コルドンブルー、シュニッツェル、シュバイネハクセ、ストロガノフ風、白身魚のクリームソース、白アスパラ(春の旬の時期のみ)、クレープ、ダンフクヌーデル 最初の3ヶ月くらいまでは特に感じませんでしたが、週3回程利用していたせいか、2学期目以降になるとメニューにも飽き、段々食べる気が失せてきました。3年間正規で通っている学生で学食に通い続けている人はスゴイと思います。 ただ背に腹は変えられず、ミュンヘンの中心地で1ユーロでパスタが食べられたので、何も言えませんでした笑
    ある日のメニュー

    この口コミは参考になりましたか? URL

  • Schnee
    日本
    1人が「参考になった」と評価
    遊び4.0
    元在校生(通学期間:2014年10月~2015年7月)2016/01/31
    TUMiという、学生が運営している大学公認の団体が主催するイベントが充実していました。毎学期始めには、ミュンヘン市内観光や施設紹介といった身近なものから、近郊の世界遺産であるノイシュバンシュタイン城へのツアーまで様々なです。冬にはスキーのツアーもあり、学生主催で学生向けにやっているため、非常に安価で学校の友人と参加でき、楽しい思い出づくりができました。何より、自分たちで企画して海外でスキーをするのはやや難しかったり、面倒な部分も多いので、とても楽でした。 大学の別団体主催のLänderabendでは、学期中隔週月曜日、留学生が各国の料理を無料で食べられるものもありました。各国の留学生が自国の料理を振る舞う企画のため、友人のいる国が開催になると、友人からの誘いを受けることもありました。 もうミュンヘンの学生向けの一つ別団体でも、小旅行やオペラやバレエ鑑賞の機会を提供してくれます。そこで私はハンガリー人の友人とRegensburgという橋が有名な町にでかけました。バイエルンチケットという団体チケットを使うためもちろん交通費は安いですが、現地での観光ガイドも付いて、電車代にプラスアルファ程度の金額しかかかりませんでした。留学生同士の友達とこのように旅行に行き、普段接しているよりも、より距離が縮まったことがよかったです。今でもその旅行の出来事は話題になります。

    この口コミは参考になりましたか? URL

  • Schnee
    日本
    1人が「参考になった」と評価
    課外活動5.0
    元在校生(通学期間:2014年10月~2015年7月)2016/01/31
    私の留学生活は学生ができる課外活動のおかげで非常に充実したものになりました。 ミュンヘンの大学(Universität)または、専門学校(Hochschule)に在籍している、つまり学籍番号を持っている学生であれば、学期のある3〜4ヶ月のスポーツクラブに定額7.5ユーロで参加できました。 17:00-18:30、18:30-20:00、20:00-21:30の1日3部制で、平日5日間、どのコースにも参加でき、金額は変わりません。 私はそこで、バトミントン、ズンバ、モダンジャズダンス、ヒップホップ、カヌー室内練習コース、カヌー初心者コース、カヌーポロと多くのコースに参加していました。 カヌーに関しては、冬はプールを使うのでプール使用料がかかりますがそれでも15ユーロです。オリンピアパークのOlympia-schwimmenhalleという市民プールのため、コース時間外に一般解放もされており、一回4ユーロかかります。ですので、コースの費用と使用料を考えると、非常に安かったです。カヌー経験はなく、ミュンヘンで始めましたが、ドイツ語でしたが丁寧に指導してもらえて、カヌーポロまでもできるようになり、非常に面白い経験ができました。 特にヒップホップとカヌーのコースでは外国人も少なく、留学生は私一人で、大学の学部での授業でできる友人以外に、本当のミュンヘン人、ドイツ人と友達になれたので、是非スポーツ好きな人はこの機会を活用してほしいと思います。

    この口コミは参考になりましたか? URL

  • Schnee
    日本
    1人が「参考になった」と評価
    学生寮4.0
    元在校生(通学期間:2014年10月~2015年7月)2016/01/31
    OlympiadorfのBungalowに住んでいました。 Olympiadorfとは選手村、Bungalow(ブンガロー)とは日本語ではバンガローのことを指します。ここは1972年ミュンヘンオリンピックの選手村跡地で、最寄駅はU3のOlympiazentrumです。Olympiaparkの一部に寮があり、最寄駅から家までは1分、乗車時間は中央駅まで10分、大学最寄りのTheresienstr.まで7分という非常に便利な場所でした。 学生寮だけでなく、ファミリータイプの部屋や夫婦用の部屋などもあります。日本からの大学の交換留学生はこの学生寮、または、Studentenstadtの学生寮にほとんど振り分けられます。 ブンガローはコンクリート製の日本の長屋のようなイメージです。2階建てで1フロアは狭いですが、2階分全て一人部屋で使えるので全く狭い印象はなく、非常に快適でした。Heizen(暖房)が完備されているので、寒いミュンヘンの冬もすぐに部屋は温まり、むしろ、2階の暖房つけると暑いくらいでした。 1階はキッチン(コンロ二つ、冷蔵庫、流し)、シャワー、トイレ、クローゼット(容量はしっかりある)といったリビングダイニングで 2階はベット(ベット下の引き出し付き)、棚、机、椅子、インターネット回線の穴 以上のものが完備されていて、入寮当日から一通り生活を送ることができます。 ブンガローと2棟の高層マンションの学生寮地域は、みな学生ということもあり、夜まで飲んでいたり、春から夏にかけてはBBQをいたる所で開催されていたり賑やかです。その中心にBierstubeという飲食店があり、サッカーのパブリックビューイングや、クラブイベントなどが開催され、夜はそこで友人大人数と頻繁に集まりおしゃべりをしていました。

    この口コミは参考になりましたか? URL

  • Schnee
    日本
    3人が「参考になった」と評価
    買い物、飲食3.5
    元在校生(通学期間:2014年10月~2015年7月)2016/01/21
    もう一方の大学であるLMUにはLMUshopという大学グッズを扱った店が校内にありますが、TUMはオンラインショップのみで、商品も大学生が欲しいと思うようなスウェットなどもなく、品揃えはイマイチでした。入学時にもらえる布バッグも5ユーロで販売されていたりします。実際私も最後の記念にトレーナーを買いましたが、40ユーロくらいした記憶があり、結構高かったです。 URL: http://www.tum-onlineshop.de/ Arsisstraßeの中心地のキャンパス付近には安いスーパーや、ケバブ屋、パン屋があり昼食や夜遅くまで勉強する時の夕食にも困りませんでした。日曜も開いている、パン屋やピザ屋もあります。2駅先の中央駅に行くまでの道にもちょっとした飲食店が多くあり、台湾人が経営しているタピオカミルクティーのお店や、アイスクリーム屋があり、その2店舗はとても美味しくてオススメです! Garchingキャンパスは、田舎すぎて学食や生協のようなところで買う以外に食べる手段はありません。メニューによって、Olympiaキャンパスには、簡易的な学食があるだけでしかも14時くらいに終わるのでほぼ食べる手段はないと思った方がいいです。

    この口コミは参考になりましたか? URL

全ての口コミをみる(8件)

新規投稿

  1. 1投稿先を選択
  2. 2関係性を選択
  3. 3口コミを書く
どの学校について口コミを書きますか?
留学エージェントの口コミを書く国・州・都市の口コミを書く
「いま在学している」「以前に留学した」など、あなたのよく知っている学校を選んでください

質問・相談

新規投稿
  • 質問者 honeys0527
    交換留学で行くのですが、Erasmus+ の奨学金がもらえることになり、ドイツの銀行口座が必要と言われました。ドイツの銀行口座は現地でしか開けませんよね?... [続きを見る]
    回答募集中 回答数:0

新規投稿

質問の投稿にはログインが必要です。

回答

  • 質問に回答したことはまだありません

周辺環境・アクセス

住所
Arcisstraße 21, 80333 München, ドイツ

留学経験者

  • Schnee
  • shirasu59

関連記事(外部サイト)

管理者様:学校側からのコメントはありませんか?

今すぐ無料でご登録いただけます - ビジネス会員登録を行うと、新規口コミ&質問の自動通知、口コミへの返信、質問への公式回答、学校情報の追加など、多くの機能をご利用になれます。

詳しい案内を見る

ミュンヘン工科大学の情報ならアブログ

留学コミュニティサイト「アブログ」では、ミュンヘン工科大学の学校概要、卒業生や在校生による口コミ、評価・評判、写真、動画、留学希望者からの質問を掲載しています。
学校概要としては、国・都市、キャンパスの住所、電話番号、ウェブサイトURL、各種SNS、学部、専攻、プログラム、コースなど手軽に情報収集することができます。ミュンヘン工科大学の公式のブログやTwitter、Facebook、YouTube、Flickrから写真や動画を確認できます。
ドイツの学校には偏差値という基準はありませんが、ミュンヘン工科大学の合格率や入学難易度から偏差値に近い情報を確認できます。
口コミでは、講師、カリキュラム、教材などの学業面だけでなく、設備、食堂、学校の雰囲気、国際色、日本人比率などの学内環境や買い物、飲食、遊び、治安、安全、物価、自然環境、交通、医療、子育てなどの周辺環境、ホームステイ、学生寮、その他レジデンスなどの住居環境、そして課外活動、コストパフォーマンス、恋愛、スタッフの対応などをチェックできます。ミュンヘン工科大学が自分に合っている学校か確認しよう!

ミュンヘン工科大学に対して...

口コミを投稿する
または

ミュンヘン工科大学に対して...

質問を投稿する