口コミを投稿する
    質問を投稿する
    比較リスト追加

    Basic information

    Edit
    Country
    Germany
    City
    Bonn
    School name
    University of Bonn
    Rheinische Friedrich-Wilhelms - Universität Bonn
    ボン大学
    ライン・フリードリヒ・ヴィルヘルム大学ボン
    Type of the school
    University/College
    Graduate school
    Form of the school
    Public
    Establish year
    1818年
    Number of students
    -
    Ratio of male and female between students
    -
    Percentage of nationalities between students
    -
    Number of teachers
    -
    Number of staffs
    -
    Number of classes
    -
    Available languages
    -
    Affiliated/accredited organizations
    -
    Facilities
    -
    Degree
    -
    Phone number
    +49 228 730
    Website
    http://www3.uni-bonn.de/
    SNS

    Rankings

    rank Source
    #101~150 Academic Ranking of World Universities Academic Ranking of World Universities (ARWU)(2016)

    University of Bonnの相対評価

    • N/A

    Reviews

    Write a review
    • donsasa
      Japan
      1人が「参考になった」と評価
      Playing4.0
      Former student(2012/9~2013/8)Jan 31, 2016
      留学中、勉学に疲れたら小旅行に出かけて疲れを癒すというのもいいかもしれません。第二次大戦後、西ドイツの首都になる前は風光明媚な文教都市として知られていただけにボンの周辺には、いくつもの魅力的な観光地が存在しています。例えば、Bad Godesbergですと、フランス軍に破壊された要塞の残骸や、かつてベートヴェンも訪れたというクーアハウスなどが小ぢんまりとした街並みの中に点在しています。また、Bonnとはライン川を挟んだ対岸に位置するBad HonnefやKoenigswinterなどではラインラント・ファルツ州に見られるようなブドウ畑が広がっており、ワイナリーも営業しています。Drachenfelsという、かつて竜が住んでいたという岩からは、こうしたブドウ畑が一面に広がる風景を一望することが出来ます。しかし、私が留学中に必ず一度は訪問して頂きたいと思っていますのが、世界遺産にも登録されたケルン選帝侯の離宮があるBruehlです。Bruehlはボンとケルンの間に位置する、のどかな村なのですが、かつて西ドイツの迎賓館として使用されていたロココ様式の宮殿の華麗な内装は一度訪問したら忘れることが出来ません。宮殿だけでなく、いくつもの噴水や水路、並木が点在する庭園も魅力的で、春夏秋冬、異なる顔を見せてくれることでしょう。

      この口コミは参考になりましたか? URL

    • donsasa
      Japan
      1人が「参考になった」と評価
      Shopping, Restaurant3.5
      Former student(2012/9~2013/8)Jan 31, 2016
      ドイツ料理と言えば、ソーセージをはじめとする豚料理や、ジャガイモ料理を連想される方が多いと思いますが、そのようなものばかりを食していますと、健康に非常に悪いので留学中は、とにかくバランスがとれた食事がとれるよう心がけていました。主に、食材は学生寮近くにあったスーパーマーケットで購入することが多かったのですが、その他にも特に野菜やフルーツなどはマルクト広場で毎日開かれている市場にて、購入していました。なお、食材の中で一番手に入りにくかったのは魚だったのですが、Poppeelsdorfer Schlossの後ろにいったところにある商店街の、ギリシア人が経営していた魚料理店でサーモンの刺身なども購入することが出来ました。ただし、試験勉強やレポートなどで忙しい時期は、調理にかける時間などを節約する為にも、ケバブ屋などで安い中近東風の料理を食べていました。市内にいくつかある中華料理を利用することも稀にありました。なお、純粋な日本料理を食べたいときはデュッセルドルフまで遠出しました。もし、ドイツの伝統料理のお惣菜を食べたいときは、Kaufhofの地下にある食材売り場でSchweinehaxeや鴨のローストといったものを、お手頃な値段で食べることが出来ます。

      この口コミは参考になりましたか? URL

    • donsasa
      Japan
      2人が「参考になった」と評価
      Student dormitory3.0
      Former student(2012/9~2013/8)Jan 31, 2016
      ボン大学の学生寮は主に二つの種類に分かれています。一つはEinzelwohnungという形式で、普通のアパートメントのように一つの畳12畳ぐらいの居間とトイレ・シャワールーム、台所が全てセットになっている形式です。もう一つは、Wohngemeinshaftといって、各自が自分たちの今を有しているのですが、シャワールームや台所などは共有されている形式です。自分は、自分のトイレや冷蔵庫が欲しかったので、Einzelwohnungを選択したのですが、もしドイツ人の現地学生や、他の国からの留学生たちと積極的にコミュニケーションをとりたいとお考えの方は、少々苦労するかもしれませんが、Wohngemeinschaftを選択するのも一つの手かもしれませんね。なお、洗濯に関しては自分の寮の場合は地下に洗濯機があり、メンザ(大学生協)のカードで洗濯機を使っていました。日本のように洗濯物を外で干すという習慣はドイツではなく、部屋干しするか、もしくは乾燥機にかけるかの二択でした。冬などは、日本以上に乾燥しやすい気候ということもあり、加湿器代わりにもなっていたようにも思えます(あくまで気持ちの上でですが)。なお、掃除機に関しましては学生寮を管理しているハウスマイスターから借りることが出来ましたが、なにせ使い勝手が非常に悪いので新しい購入も検討されるといいかもしれません。

      この口コミは参考になりましたか? URL

    • donsasa
      Japan
      1人が「参考になった」と評価
      Cost performance5.0
      Former student(2012/9~2013/8)Jan 31, 2016
      ドイツの学生は、日本の学生と比べて非常に恵まれた環境にあると思います。「万民に高等教育を受ける機会の提供を」という教育スローガンのもとで、殆どの大学が公立であるドイツにおいては、州によって多少の差はありますが、大体は学費がタダか、学生保険に800~1000ユーロほどを支払うくらいしか、大学に通う経費はかかりません。そしてノルトライン・ヴェストファーレン(NRW)州内の学生は、他の州の学生と比べて更に優遇された環境にあるといえます。なぜならば、学生証を見せるだけでDBやトラム・市バスなど州内の公共交通機関に乗ることが出来るからです。NRW州が、ドイツの他の州と比べても大きいということを考えても、非常にお得なサービスであると考えられます。なお、こうした学生の「特権」は公共交通機関がタダになるということに留まらず、ドイツ全土の公立の劇場などでも存在します。例えば、ボンやケルンの州立歌劇場の場合ですと、開演30分前から売り出されるチケットが、席に関わらず学生は全て8ユーロで購入することができました。この制度はNRW州内だけに留まらず、例えばドレスデンでは、有名なゼンパー・オーパー(ドレスデン州立歌劇場)の公演も同じように8ユーロで最前列の席を購入することが出来ました。日本では値段が高い故に中々、足を運ぶことが難しいオペラやクラシックのコンサートでもドイツですと、学生の間でしたら非常に安い値段で堪能することが出来ますので、どうかドイツに留学されましたら是非一度トライしてみてください。

      この口コミは参考になりましたか? URL

    • donsasa
      Japan
      1人が「参考になった」と評価
      Curriculum4.0
      Former student(2012/9~2013/8)Jan 31, 2016
      日本での専攻が政治学でしたので、ボン大学でも哲学部(Philosophische Fakultät)に付属する、政治学・社会学科の授業を履修していました。自分が履修したのは、国際関係論の理論に関するVorlesung(講義)とUebung(演習)を一つずつ、そしてユーロ危機に関するSeminarと、「現代の国際関係における様々な挑戦」というタイトルのドイツ国防省のシンクタンクで勤務されていた先生が担当されたSeminar、そして2013年が独仏友好条約(エリゼ条約)から50周年ということで開講された独仏和解に関するSeminarを履修していました。Vorlesungは、授業中にYoutubeを見る学生がいるなど全体的に日本と似たような雰囲気だったのですが、UebungやSeminarとなりますと、議論好きという国民性のドイツ人らしく、白熱した議論が交わされていたのが印象的でした。更に、Uebungなどでは、授業前に配布された資料を基にプレゼンテーションを作るなどグループワークにも取り組むなど、退屈する暇がありませんでした。なお、教材についてですが、Vorlesungは教授が執筆したものを使用したのですが、他の授業では主にメーリスで添付されている論文を読んでくるというのが殆どであり、教科書等を購入する必要はありませんでした。

      この口コミは参考になりましたか? URL

    See all reviews(35件)

    Write a review

    1. 1Select posting target
    2. 2Select relationship
    3. 3Write review
    For which School do you write a review?
    Write a review of country or state or city
    Please select a school that you are studying currently or studied before.

    Questions

    Post a question
    • 質問者 mizuki_piano
      bonn大学の人文系(哲学、歴史)の授業はどのような様子なのでしょうか。興味のある教授がおり、直接教えを受けたいと考えています。 ドイツの大学は入るのが楽... [続きを見る]
      回答募集中 回答数:0
    • 質問者 退会ユーザー
      ドイツ留学中のドイツ語の学習方法、空き時間の過ごし方はどのようなものでしょうか?アルバイトは可能かも教えていただきたいです。 [続きを見る]
      解決済み 回答数:0
    • 質問者 cyuic987
      ドイツ語の授業は充実していますか? 大学の雰囲気や環境はどんな感じですか? 提供されている科目にはどのようなものがありますか? 語学授業は充実していますか? [続きを見る]
      回答募集中 回答数:0
    • 質問者 退会ユーザー
      生活する上で大変だったことはなんでしょうか。 授業について知りたいです。面白かった授業などをお願いします。 ボンは比較的交通の便がよいと思うのですが、観光... [続きを見る]
      解決済み 回答数:0
    • 質問者 AliciaTomoyu
      今高校3年生なのですが卒業後ドイツに移住するのでボン大学に進学を考えています。 ネットとかで調べると日本の大学に入学してからでないと入学できないと書いてあ... [続きを見る]
      回答募集中 回答数:1
    • 質問者 rss003399
      ボン大学の指導内容など 言語習得は大変か ドイツ語での授業についていくのは大変だろうか 大体何カ月ほどで慣れてくるか [続きを見る]
      回答募集中 回答数:1
    See all questions(14件)

    Post a question

    質問の投稿にはログインが必要です。

    Answer

    • 質問に回答したことはまだありません

    Environment/Access

    Address
    Regina-Pacis-Weg 3, 53113 Bonn, ドイツ

    Photos/Movies

    • 写真・動画はまだありません

    Alumnus

    • donsasa
    • Himeme423
    • のぼるんば

    関連記事(外部サイト)

    管理者様:学校側からのコメントはありませんか?

    今すぐ無料でご登録いただけます - ビジネス会員登録を行うと、新規口コミ&質問の自動通知、口コミへの返信、質問への公式回答、学校情報の追加など、多くの機能をご利用になれます。

    詳しい案内を見る

    University of Bonnの情報ならアブログ

    留学コミュニティサイト「アブログ」では、University of Bonnの学校概要、卒業生や在校生による口コミ、評価・評判、写真、動画、留学希望者からの質問を掲載しています。
    学校概要としては、国・都市、キャンパスの住所、電話番号、ウェブサイトURL、各種SNS、学部、専攻、プログラム、コースなど手軽に情報収集することができます。University of Bonnの公式のブログやTwitter、Facebook、YouTube、Flickrから写真や動画を確認できます。
    germanyの学校には偏差値という基準はありませんが、University of Bonnの合格率や入学難易度から偏差値に近い情報を確認できます。
    口コミでは、講師、カリキュラム、教材などの学業面だけでなく、設備、食堂、学校の雰囲気、国際色、日本人比率などの学内環境や買い物、飲食、遊び、治安、安全、物価、自然環境、交通、医療、子育てなどの周辺環境、ホームステイ、学生寮、その他レジデンスなどの住居環境、そして課外活動、コストパフォーマンス、恋愛、スタッフの対応などをチェックできます。University of Bonnが自分に合っている学校か確認しよう!

    University of Bonnに対して...

    口コミを投稿する
    または

    University of Bonnに対して...

    質問を投稿する