口コミを投稿する
    質問を投稿する
    比較リスト追加

    基本情報

    編集する
    台湾
    都市
    台北
    学校名/名称
    国立台北商業大学
    國立臺北商業大學
    National Taipei University of Business
    國立臺北商業技術學院
    National Taipei College of Business
    国立台北商業技術学院
    北商
    NTUB
    NTCB
    学校形態
    大学
    設立種類
    公立
    創立年
    1917年
    学生数
    -
    学生の男女比率
    -
    学生の国籍割合
    -
    教員数
    -
    スタッフ数
    -
    クラス数
    -
    対応言語
    -
    加盟・認定団体
    -
    施設
    -
    取得できる学位
    -
    電話番号
    +886 2 2393 5263
    ウェブサイト
    http://www.ntub.edu.tw/
    SNS

    口コミ

    新規投稿
    • guest
      台湾
      0人が「参考になった」と評価
      総合コメント
      その他2017/03/06
      台湾人の在校生です、スギャンダルした生徒をみかけて、先生に報告したらテスト最中で愚痴をいいはじめ、報告した人の悪いといったことがありました。教材も何度も印刷とか言葉とかを間違たところがあって先輩や指摘しても改善してくれないようです。いい加減な学校です。勧められません。

      この口コミは参考になりましたか? URL

    • Yuyu
      日本
      2人が「参考になった」と評価
      買い物、飲食4.5
      元在校生(通学期間:2009年9月~2013年6月)2016/01/29
      大学の近くには更に2,3校ほど他の学校もあり、学区であるため、食べ物屋さんや商店が学校の近くにはたくさんあり、とても便利です。学校の近くに一件、とても人気の朝ごはん屋さんがあり、そこには、学生だけではなく、会社勤めの人も朝からたくさん並んでとても賑わっています。また、学校近くのマクドナルドは、お昼に学校の学食に飽きた学生たちがお昼ごはんを食べながら勉強している光景が見られます。大学のある駅が、台北の中心の駅、台北駅の隣なので、授業後にショッピングをするにもたくさんのデパートやお店があって、学校帰りは楽しいひとときです。田舎から台北に出てくる学生もたくさんいるので、そのような生徒は、金曜日の授業後に台北駅から直接実家に帰れるのも良い点だと思います。 学校の近くには、印刷業者や文房具やさんがたくさんあり、他のところよりも格安で利用できるのもありがたい点です。また、ショッピング街に行くにはとても便利な駅なので、大学近くだけでなく、他の場所にも行きやすいです。 カフェやファーストフードも充実しているので、学校近くに住む学生は基本的にキッチンなしの物件でもやっていけると言っていました。台北の中心の中心だけあって、立地は文句なしです。

      この口コミは参考になりましたか? URL

    • Yuyu
      日本
      2人が「参考になった」と評価
      国際色、日本人比率3.0
      元在校生(通学期間:2009年9月~2013年6月)2016/01/29
      この大学で国際的かというと、他の台湾国内の大学に比べると、「普通」だと思います。例年、一定数の留学生が入ってきますが、基本的には短期の留学生で、ライオンズクラブなどの団体を通しての留学が多いようです。また、国籍的には、フランスが5人、アメリカが数人、日本人一人、という感じです。ただ、「留学生」の枠ではなく、台湾では「華僑」の枠(父母どちらかが台湾国籍の場合)での入学者もいるため、全体で見ると、タイや香港から来る人もいます。留学生との交流は定期的に行われますが、参加する人は少ないです。また、華僑同士のサークルがあり、学校の支援の基に行われているサークルですので、そちらの方は華僑同士の人脈も広がり、いいと思います。時々、台湾のイベントや年に一度の一日のみの旅行なども連れていってくれ、華僑が台湾になじむための手助けをしてくれます。留学生に対しては、中国語の基礎から教えてくれる教室があるようで、そちらの方も留学生は利用しているようです。そうなってくると、本学の生徒との交流は少なくなり、基本的には言語の壁がない授業(体育など)のみ一緒にやります。そこで知り合った留学生との交流をとおして、イベントに一緒に参加する生徒もいるようです。

      この口コミは参考になりましたか? URL

    • Yuyu
      日本
      2人が「参考になった」と評価
      学校の雰囲気3.0
      元在校生(通学期間:2009年9月~2013年6月)2016/01/29
      台湾では技術大学の商学部の中でもトップの学校ですが、実際入ってみると、学校の雰囲気はいたって普通です。特に起業や新しいビジネスを起こそうとする人はおらず、基本的には皆安定志向で、銀行や大手会社の会計などへの就職を希望する集団の集まりです。なので、自主的に勉強会なども特になく、特徴などをあげるとしたら、「過去の栄光にすがっている大学」でしょうか。ただ、国際的な部分は押しが強く、校内でも留学経験者による講演会や、外部の留学エージェントを呼んでの説明会などもあります。また、親善大使(?)のような部活が人気らしく、お偉いさんが学校訪問の際は、朝から校門のところに正装の生徒たちが並んでいて、気品のある感じを漂わせます。とにかく、この学校は安定志向の人や、公務員、銀行員になりたい人にはうってつけの学校ということになります。そのため、同級生や先輩後輩の繋がりは強いです。皆将来は同じ業界の人たちなので、そういう面で業界内の情報は速く、卒業時期になると色んな起業からの説明会が昼休みに開かれ、勧誘などもあります。先生にも気軽に相談できるので、とてもアットホームで、大学ですが、名前にもあるとおり、universityというよりもcollegeというほうがいいのも納得がいきます。

      この口コミは参考になりましたか? URL

    • Yuyu
      日本
      2人が「参考になった」と評価
      教室3.0
      元在校生(通学期間:2009年9月~2013年6月)2016/01/29
      この大学の教室は、以前の5年制の学校を使っての授業なので、基本的には高校の校舎によく似ています。しかし、行政ビルの方では、大きなスクリーンの大教室での授業や、英語の授業では、一人一台パソコン付きの教室もあり、だんだんと大学らしくなってきました。基本的には清掃の方もいらっしゃいますが、普段の学生の教室の使い方が汚いのか、常に教室は汚いです。しかし、新しくできた校舎の方は管理がされている分、綺麗なところもあります。また、以前は台北の校舎だけでしたが、現在は桃園にも新しいキャンパスができたようで、こちらの方は本当に新しいようです。わたしがいた頃は、新しい校舎のパソコン教室が昼休みに開放されていて、自由に調べ物や印刷ができていたので、グループワークで調べ物があるときは、同級生とよくパソコン教室に集まって課題をやっていました。普段の必修授業ではもっぱら古い校舎ですので、あまり期待はしない方がいいでしょう。教室が前述したように高校の校舎のように小さいですが、その分先生や他の生徒との距離も近くて質問や話しをし易い環境なのは利点だと思います。また、台湾に行かれたことのある人はわかるかとはおもいますが、夏は非常に暑いので、全ての部屋に冷房は完備されています。

      この口コミは参考になりましたか? URL

    全ての口コミをみる(7件)

    新規投稿

    1. 1投稿先を選択
    2. 2関係性を選択
    3. 3口コミを書く
    どの学校について口コミを書きますか?
    留学エージェントの口コミを書く国・州・都市の口コミを書く
    「いま在学している」「以前に留学した」など、あなたのよく知っている学校を選んでください

    質問・相談

    新規投稿
    • 質問・相談を募集中です(質問・相談を投稿する)

    新規投稿

    質問の投稿にはログインが必要です。

    回答

    • 質問に回答したことはまだありません

    周辺環境・アクセス

    住所
    台湾 台北市中正區濟南路一段321號

    留学経験者

    • Yuyu

    関連記事(外部サイト)

    管理者様:学校側からのコメントはありませんか?

    今すぐ無料でご登録いただけます - ビジネス会員登録を行うと、新規口コミ&質問の自動通知、口コミへの返信、質問への公式回答、学校情報の追加など、多くの機能をご利用になれます。

    詳しい案内を見る

    国立台北商業大学の情報ならアブログ

    留学コミュニティサイト「アブログ」では、国立台北商業大学の学校概要、卒業生や在校生による口コミ、評価・評判、写真、動画、留学希望者からの質問を掲載しています。
    学校概要としては、国・都市、キャンパスの住所、電話番号、ウェブサイトURL、各種SNS、学部、専攻、プログラム、コースなど手軽に情報収集することができます。国立台北商業大学の公式のブログやTwitter、Facebook、YouTube、Flickrから写真や動画を確認できます。
    台湾の学校には偏差値という基準はありませんが、国立台北商業大学の合格率や入学難易度から偏差値に近い情報を確認できます。
    口コミでは、講師、カリキュラム、教材などの学業面だけでなく、設備、食堂、学校の雰囲気、国際色、日本人比率などの学内環境や買い物、飲食、遊び、治安、安全、物価、自然環境、交通、医療、子育てなどの周辺環境、ホームステイ、学生寮、その他レジデンスなどの住居環境、そして課外活動、コストパフォーマンス、恋愛、スタッフの対応などをチェックできます。国立台北商業大学が自分に合っている学校か確認しよう!

    国立台北商業大学に対して...

    口コミを投稿する
    または

    国立台北商業大学に対して...

    質問を投稿する