基本情報

編集する
アメリカ
都市
アーバナ
学校名/名称
イリノイ大学アーバナ・シャンペーン校
University of Illinois at Urbana-Champaign
UIUC
U of I
University of Illinois - Urbana-Champaign
学校形態
大学
大学院
設立種類
公立
創立年
1867年
共学・別学
共学
キャンパス環境
小規模の都市(人口が10万未満の主要都市)
キャンパス規模
大規模 (FTEの登録が10,000以上)
主にキャンパス居住者 (学部生の25〜49%未満がキャンパス内に住む、また50%以上がフルタイムで出席している)
電話番号
(217) 333-0302
ウェブサイト
http://www.illinois.edu/
SNS

ランキング

ランク ランキング媒体
#30 世界大学学術ランキング 世界大学学術ランキング(2016)
#44 U.S. News 全米大学ランキング(2017)
#6 U.S. News 全米エンジニアリングプログラムランキング(2017)

イリノイ大学アーバナ・シャンペーン校の相対評価

  • 合格率: 62%
  • 4年以内の卒業率: 84%(上位10%)
  • 平均SATスコア: 1303(上位10%)
  • 学部生の奨学金: 95%

入学情報

合格率

62.4% 62.4%
62%

入学関連URL

学費

州外の学生

学校がある州内の非居住者を対象にした1年目の学費です。留学生は基本的にこちらの学費が対象になります。

$29,132

(全学校での平均 - $17980)

州内の学生

学校がある州内の居住者を対象にした1年目の学費です。家族が納税者である州内の学生は安い場合があります。

$14,750

(全学校での平均 - $14340)

卒業と進級の割合

卒業率

卒業率が高いほど学生の勉学に対する意欲が高く、大学のサービスが行き届いていると考えられます。

83.9% 83.9%
84%
(全学校での平均 - 42%)

2年目の在学率

入学して1年後に在学をしている学生の割合です。割合が高いほど学生の満足度が高いと考えられます。

93.1% 93.1%
93%
(全学校での平均 - 68%)

卒業後の収入

$25,000以上の年収を得る割合

卒業後6年以内に$25,000を超える年収を得ている、もしくは24〜35歳の高卒者の平均収入より高い卒業生の割合です。

77.2% 77.2%
77%

卒業生の収入

在籍時に国の財政援助を受けた卒業生の、10年後の収入の中央値です。

$56,600

(全学校での平均 - $38,138)

学生内訳

学部生

31,663

男女比率

男性: 52% 女性: 48% 52% 48%

男性52% 女性48%

男性 52%
女性 48%

入学時の平均年齢

白人: 62% アジア系: 15.2% 非居住外国人: 14.6% ヒスパニック系: 8.3% 黒人: 6.7% 混血: 2.5% 不明: 0.5% ハワイアン/アイスランダー: 0.2% インディアン/アラスカン: 0.1% 62% 15.2% 14.6% 8.3% 6.7%

白人62% アジア系15.2% 非居住外国人14.6% ヒスパニック系8.3% 黒人6.7% 混血2.5% 不明0.5% ハワイアン/アイスランダー0.2% インディアン/アラスカン0.1%

白人 62%
アジア系 15%
非居住外国人 15%
ヒスパニック系 8%
黒人 7%
混血 2%
不明 0%
ハワイアン/アイスランダー 0%
インディアン/アラスカン 0%

入学時の平均年齢

19.7

25歳以上の学部生の割合

2.1% 2.1%
2%

フルタイムの割合

フルタイム: 98.3% パートタイム: 1.7% 98.3%

フルタイム98.3% パートタイム1.7%

フルタイム 98%
パートタイム 2%

アカデミック・プログラム

学部・専攻数

参加可能な学部・専攻の数です。

26

学問フィールド

Engineering
Business, Management, Marketing, And Related Support Services
Communication, Journalism, And Related Programs
Biological And Biomedical Sciences
Social Sciences
Agriculture, Agriculture Operations, And Related Sciences
Psychology
Health Professions And Related Programs
Parks, Recreation, Leisure, And Fitness Studies
Education
Physical Sciences
English Language And Literature/Letters
Computer And Information Sciences And Support Services
Visual And Performing Arts
Architecture And Related Services
Mathematics And Statistics
Area, Ethnic, Cultural, Gender, And Group Studies
History
Foreign Languages, Literatures, And Linguistics
Public Administration And Social Service Professions
Family And Consumer Sciences/Human Sciences
Multi/Interdisciplinary Studies
Natural Resources And Conservation
Philosophy And Religious Studies
Liberal Arts And Sciences, General Studies And Humanities
Transportation And Materials Moving

キャンパス・セキュリティー

キャンパスの犯罪件数(学生10,000人当たり)

学生10,000人当たりの学校の犯罪件数です。実数ではなく、学校規模で左右されないように計算した件数になります。

43.9

(全学校での平均 - 20.4件)

キャンパス内 2014
違法武器 0
麻薬 78
30
殺人/非過失致死 0
過失致死 0
強制性犯罪 0
レイプ 9
セクハラ 2
非強制性犯罪 0
近親相姦 0
法定強姦 0
強盗 6
加重暴行 14
窃盗 7
自動車盗難 0
放火 4
学生寮 2014
違法武器 0
麻薬 33
2
殺人/非過失致死 0
過失致死 0
強制性犯罪 0
レイプ 7
セクハラ 1
非強制性犯罪 0
近親相姦 0
法定強姦 0
強盗 0
加重暴行 0
窃盗 2
自動車盗難 0
放火 3

入学生のテストスコア

SAT

SAT(Scholastic Assessment Test)とは、アメリカの高校生を対象とした大学進学適性試験です。Critical Reading(クリティカルリーディング)、Writing(ライティング)、Math(数学)の3教科で、各200~800点の間で評価されます。

Critical Reading 0 800 560 670 Math 0 800 700 780 Writing 0 800 580 670
名前 下限~上限 25%~75%
Critical Reading 0~800 560~670
Math 0~800 700~780
Writing 0~800 580~670

ACT

ACT(American College Testing)とは、アメリカの高校生を対象とした大学進学適性試験です。English(英語)、数学(Math)、Reading(リーディング)、Science(理科)、Writing(ライティング)の各教科で、1〜36点の間で評価されます。

English 0 36 26 32 Math 0 36 26 33 Writing 0 36 8 9
名前 下限~上限 25%~75%
English 0~36 26~32
Math 0~36 26~33
Writing 0~36 8~9

スポーツ

アメリカの大学スポーツはシーズン制で、秋・冬・夏の各シーズンで異なるスポーツに取り組みます。 NCAA(National Collegiate Athletic Association)は「全米大学体育協会」で、大会の運営を行っています。 Division(ディビジョン)の数字がI、II、IIIとランクがあり、数字が小さいほどレベルが高いとされます。

NCAA Division I-A 男性 女性
スポーツ NCAA Division I-A NCAA Division I-A
オールトラックコンバイン 116 94
野球 35 0
バスケ 15 27
フェンシング 0 0
フィールドホッケー 0 0
フットボール 110 0
ゴルフ 9 10
アイスホッケー 0 0
ラクロス 0 0
ボート 0 0
セーリング 0 0
スキー 0 0
サッカー 0 26
ソフトボール 0 23
スカッシュ 0 0
競泳/飛び込み 0 29
テニス 11 10
バレーボール 0 17
水球 0 0
レスリング 27 0
その他 0 0

口コミ

新規投稿
  • rose1225xyq
    日本
    1人が「参考になった」と評価
    カリキュラム、教材4.5
    在校生(通学期間:2015年8月~2016年5月)2016/01/30
    イリノイ大学アーバナ・シャンペーン校は全米でも有数の規模を誇る総合大学です。そのため、専攻もよく聞くものからあまり馴染みのないものまで様々あり、授業の種類もとても多いです。 この大学の有名な学部・専攻は工学、ビジネス、そして農業です。中でも工学部に属するコンピュータ・エンジニアリングはアメリカ内で屈指のレベルを誇り、YouTubeやPaypalの共同創立者もここの卒業生です。ビジネスの中では、会計学が強いでしょう。 教授にもよりますが、カリキュラムは体系的学習が出来るように工夫されています。実際に色んな授業をとってみて感じたのは、学生が自ら授業に参加する(ディスカッションなど)ようにさせることに重点が置かれているということです。例えば、文学の授業ならグループワークで実際に詩を作ってポエムコンテストを通して競い合う、伝統的な劇をやらせる、セールスマネジメントの授業なら、外の会社からリクルーターを呼んできて、授業内にインターンを獲得する機会を設けるなどといったただ単に知識を詰め込むだけでなく、体験や参加を通して様々学べるのはとても魅力的です。 注意点としては、4年間留学なら問題ないですが、1年の交換留学だと条件によっては取れない授業があったり(私の場合は専攻が商学なのにビジネスがとれない)、前提科目があるせいで履修登録できないこともあるので、ホームページをしっかりとチェックしてみてください。 制約に引っかかると単位として登録はできませんが、アメリカの教授は柔軟性があるので、自分で直談判に行けば、授業は受けさせてもらえるし、課題も時には見てくれます。正式登録できないからといってあきらめずに、学びたいことをぜひ学んできてほしいと思います。

    この口コミは参考になりましたか? URL

  • sohcahcum21
    日本
    1人が「参考になった」と評価
    遊び3.0
    元在校生(通学期間:2009年8月~2010年5月)2016/01/29
    イリノイ大学周辺は遊べるところが少ないです。一番良く使っていたのはIllini Unionの地下にあるボウリング場です。ここではビリヤードとダーツもできました。小さめのゲームセンターも一緒にあったとおもいます。 その代わりスポーツ系の遊びはできるところがたくさんあります。屋外のバスケコートは小さめのも含めるといたるところにあったので、寮の友人とバスケをよく楽しみました。スケートリンクも金曜日夜は安く開放されていたので何度かチャレンジしました。とにかくQuad(校庭)がただっ広いのでフリスビーもおもいっきり楽しめます。PAR近くのコートで何度かテニスもやりました。 アパートに住んでいる学生と友達になれば、家にピンポンテーブルやダーツなどが置いてある場合があります。ピンポンテーブルではピンポンをやることはほとんどなく、だいたいビアポンという遊びをしていました。ビアポンは互いの陣地に並べたプラスチックのカップのなかにビールを入れ、ピンポンのボールを投げてカップの中に入れば入れられた側の陣地の人がビールを飲む遊びです。 ご覧のとおり、カラオケなど日本で一般的な娯楽はほとんどありません。イリノイに来れば普段とは違う娯楽に興じることができるでしょう。

    この口コミは参考になりましたか? URL

  • sohcahcum21
    日本
    2人が「参考になった」と評価
    物価3.5
    元在校生(通学期間:2009年8月~2010年5月)2016/01/28
    いまは円安が進んで海外生活にかかる値段は高くなりましたが、私が留学していた2009〜2010年は1ドル=85円前後で大変円高の時期でした。なので今振り返ればとても良いタイミングで留学できたと思います。 その時の物価を元にお話すると、食べ物は日本の値段の7割といった具合でしょうか。サンドイッチやハンバーガーなどは日本のサイズと比べると値段の割にボリュームがあるので満足できました。飲み物は日本とあまり変わらないか、もしくは日本よりも高い場合もありました。 教科書代は日本のそれと比べてかなり高いです。なにせ一冊あたりの分量が違います。辞書かと思うくらいの教科書を買わされることもあります。そのまま新品を買うと1万円以上する場合もザラにあるので、学生の大半は古本を使っています。キャンパス内に古本を専門に扱う本屋さんがあるので、そこで調達すると半額で購入できたりします。 衣類は日本より安めでした。現地では日本ほどファッションに気を使うこともなかったので、キャンパス内で売っているイリノイ大学のロゴ入りの服をよく着ていました。値段はユニクロと同じくらいだったでしょうか。またイリノイは冬場は分厚いダウンジャケットがないと厳しいので、コート類を日本よりも安い値段で購入できたのは良かったです。

    この口コミは参考になりましたか? URL

  • sohcahcum21
    日本
    2人が「参考になった」と評価
    カリキュラム、教材4.0
    元在校生(通学期間:2009年8月~2010年5月)2016/01/28
    交換留学生であったため滞在期間がたった1年で、入学から卒業までを通したカリキュラムの良し悪しは判断できかねます。ただ滞在した1年間の話をすると、カリキュラムは良く出来ていたと感じました。いわゆる一般教養のリベラルアーツは必須科目でした。加えて外国人のために英語のクラスもありました。具体的には会話でのコミュニケーション能力を高めるためのPublic Speakingのクラスや、論文やエッセイの書き方を指導するAcademic Writingのクラスです。こうした基本的に必要な科目はきちんとカリキュラムに組み込まれていました。 私はジャーナリズムを中心に勉強しましたが、実に様々な講義が用意されており驚きました。とりわけ理論と実践の2種類の授業をバランスよく配置していたのが印象的でした。一つの授業のなかに教室に座りながら講義を受けるレクチャー編と外に出てニュースを作ってみる実践編の2つが組み込まれているものもありました。レクチャー編を教える先生と実践編を教える先生は別々でしたが、二人でコミュニケーションが取れており、一人の生徒に対してどのように講義と実践を組み合わせて指導すれば効果が上がるかを常に考えてくれている気がしました。

    この口コミは参考になりましたか? URL

  • sohcahcum21
    日本
    2人が「参考になった」と評価
    コストパフォーマンス4.0
    元在校生(通学期間:2009年8月~2010年5月)2016/01/28
    何を以って良いパフォーマンスとするかは人によりけりだと思うので、ここでは単純に授業料の話をします。イリノイ大学は州立ですが普通に通うと年間授業料が平均1万5千〜2万ドルはする学校です。アメリカ国籍でない人が通う場合は3万〜4万ドルとさらに高くなります。しかし日本の大学からの交換留学で行く場合、留学期間中はイリノイ大の学費ではなく自分が在籍する日本の大学の学費を払うことになります。 私は日本からの交換留学生として行きました。日本で通っていた大学の授業料は年70万円とイリノイ大の3分の1程度だったので、単純に金額で見ただけでもとても得しました。ジャーナリズムを勉強したため、そもそも日本ではメジャーではない学問であること、教授陣のレベルも高かったことを加味すると、値段以上の価値はあったように感じています。 一般論の話しかできませんが、コストパフォーマンスを上げるにはまず「日本では経験できないこと」「留学先の大学でしか経験できないこと」を追求していけばいいと思います。イリノイ大学も様々な学部学科があり、中には日本の大学の方が教育・研究レベルが高い分野もあるでしょう。せっかくイリノイ大学に留学するからには、ここでしか学べないものを体得して帰国したいものです。

    この口コミは参考になりましたか? URL

全ての口コミをみる(19件)

新規投稿

  1. 1投稿先を選択
  2. 2関係性を選択
  3. 3口コミを書く
どの学校について口コミを書きますか?
留学エージェントの口コミを書く国・州・都市の口コミを書く
「いま在学している」「以前に留学した」など、あなたのよく知っている学校を選んでください

質問・相談

新規投稿
  • 質問者 luke_reiji
    周りの学生たちは勉強に対して意欲はあるのでしょうか? ディスカッションなど自分の考えを吐き出す場所はたくさんありますか? 自分の中の常識は壊せますか? [続きを見る]
    回答募集中 回答数:0
  • 質問者 kj53
    アメリカの大学といえばカレッジスポーツが盛んというイメージがありますがシャンペーン校においてはどうでしょうか? [続きを見る]
    回答募集中 回答数:0
  • 質問者 jlee17
    UIUCのLAS(Liberal Arts & Science)はどんな学部でしょうか?また、そこの評判もよろしければ教えてください。 [続きを見る]
    回答募集中 回答数:0
  • 質問者 yokyok0901
    学生生活について教えてください。1日の過ごし方、週末の過ごし方など教えてください。課外活動は何をされていましたか? [続きを見る]
    回答募集中 回答数:0
  • 質問者 perfecino15
    TOEFLのスコアが取れたらこの大学に交換留学しようと思っています。この大学は必要なTOEFLのスコアが他の大学と比べて高いですが、授業のレベルも高いので... [続きを見る]
    回答募集中 回答数:0
  • 質問者 kurohanekyo225
    大規模校というだけあって、生徒と教師の繋がりが弱そうですが、どのような感じでしょうか? クラス編成はどのような感じでしょうか? [続きを見る]
    回答募集中 回答数:0
全ての質問・相談をみる(7件)

新規投稿

質問の投稿にはログインが必要です。

回答

  • 質問に回答したことはまだありません

周辺環境・アクセス

住所
901 West Illinois Street, Urbana, IL 61801 アメリカ

留学経験者

  • sohcahcum21
  • rose1225xyq
  • berrychan

関連記事(外部サイト)

管理者様:学校側からのコメントはありませんか?

今すぐ無料でご登録いただけます - ビジネス会員登録を行うと、新規口コミ&質問の自動通知、口コミへの返信、質問への公式回答、学校情報の追加など、多くの機能をご利用になれます。

詳しい案内を見る

イリノイ大学アーバナ・シャンペーン校の情報ならアブログ

留学コミュニティサイト「アブログ」では、イリノイ大学アーバナ・シャンペーン校の学校概要、卒業生や在校生による口コミ、評価・評判、写真、動画、留学希望者からの質問を掲載しています。
学校概要としては、国・都市、キャンパスの住所、電話番号、ウェブサイトURL、各種SNS、学部、専攻、プログラム、コースなど手軽に情報収集することができます。イリノイ大学アーバナ・シャンペーン校の公式のブログやTwitter、Facebook、YouTube、Flickrから写真や動画を確認できます。
アメリカの学校には偏差値という基準はありませんが、イリノイ大学アーバナ・シャンペーン校の合格率や入学難易度から偏差値に近い情報を確認できます。
口コミでは、講師、カリキュラム、教材などの学業面だけでなく、設備、食堂、学校の雰囲気、国際色、日本人比率などの学内環境や買い物、飲食、遊び、治安、安全、物価、自然環境、交通、医療、子育てなどの周辺環境、ホームステイ、学生寮、その他レジデンスなどの住居環境、そして課外活動、コストパフォーマンス、恋愛、スタッフの対応などをチェックできます。イリノイ大学アーバナ・シャンペーン校が自分に合っている学校か確認しよう!

出典/参照サイト

National Center for Education Statistics
http://nces.ed.gov/
NCES(ナショナル・センター・フォー・エデュケーション・スタティスティック / 全米教育統計センター)とは米国での教育に関連するデータを収集、分析するための主要な連邦政府の実体です。NCESは国会の任務を遂行する為に、アメリカ教育の状況について完全な統計の収集、照合、完全な統計を報告し、レポート報告と発行、そして国際的な教育活動についてのレビューと報告を行っています。
Wikipedia
https://en.wikipedia.org/
Wikipedia(ウィキペディア)は、ウィキメディア財団が運営しているインターネット百科事典です。誰もが無料で自由に編集に参加できます。ウィキペディア上に掲載されている各大学の情報を参照しています。
College Scorecard
https://collegescorecard.ed.gov/
The College Scorecard(カレッジ・スコアカード)はアメリカ合衆国教育省が提供するウェブサービスです。コスト、卒業、負債、そしてカレッジ卒業生の収入において最も明白でアクセスをしやすく、且つ信頼のおける国際データを提供しています。
Office of Postsecondary Education (OPE)
http://ope.ed.gov/campussafety/(Campus Safety and Security)
http://ope.ed.gov/athletics/(Equity in Athletics)
OPEはアメリカ合衆国教育省が管轄する組織です。高等教育での改革、革新そして改善と高等教育へのアクセスの拡大、アメリカの学生向けにカレッジ競争率の上昇と経済的成功とアメリカの競争力を推進する国際理解能力の拡大のためカレッジと大学のキャパシティ強化に取り組んでいます。
Facebook
https://www.facebook.com/
Facebook(フェイスブック)は、Facebook社が運営するインターネット上のソーシャル・ネットワーキング・サービス(SNS)です。Faecbookが提供するAPIを利用し、各学校の公式Facebookページにあるデータを取得しています。
Youtube
https://www.youtube.com/
YouTube (ユーチューブ)は、2005年に米国で設立された無料で利用できる動画共有サービスです。Youtubeが提供するAPIを利用して、各大学の動画データを取得しています。
Flickr
https://www.flickr.com/
Flickr(フリッカー)とは、アメリカのYAHOO!社が運営するオンラインの写真共有サービスです。Flickrが提供するAPIを利用して、各学校の画像データを取得しています。
Google Maps
https://www.google.com/maps/
Google Maps(グーグル マップ)は、Google社がインターネットを通して提供している地図サービスです。Google Mapsが提供するAPIを利用してデータを取得しています。
Academic Ranking of World Universities
http://www.shanghairanking.com/
ARWU(世界大学学術ランキング)は、1200の大学を毎年ランク付けしトップ500を公開しています。ランク付けは、「①ノーベル賞やフィールズ賞の受賞スタッフと卒業生」「②トムソン・ロイターによって選ばれた高く引用されている研究者の数」「③ネイチャーアンドサイエンス(自然科学)の雑誌で発表された記事の数」「④科学引用指数(サイエンスサイテーションインデックス)で索引付けの記事」「⑤拡張社会科学引用指数(エクスパンディドソーシャルサイエンスサイテーションインデックス)」「⑥一大学あたりの性能」の6つの客観的指標を使い、世界中の大学をランク付けしています。
U.S. News & World Report
http://www.usnews.com/
US News & World Report(USニューズ&ワールド・レポート)はアメリカのニュースと情報のマルチプラットフォームです。1983年から大学ランキングを毎年発表しています。

イリノイ大学アーバナ・シャンペーン校に対して...

口コミを投稿する
または

イリノイ大学アーバナ・シャンペーン校に対して...

質問を投稿する