口コミを投稿する
    質問を投稿する
    問い合わせる
    比較リスト追加

    Basic information

    Edit
    Country
    Australia
    City
    Melbourne
    School name
    RMIT University
    RMIT大学
    ロイヤルメルボルン工科大学
    Royal Melbourne Institute of Technology
    Type of the school
    University/College
    Graduate school
    Form of the school
    Public
    Establish year
    1887年
    Number of students
    -
    Ratio of male and female between students
    -
    Percentage of nationalities between students
    -
    Number of teachers
    -
    Number of staffs
    -
    Number of classes
    -
    Available languages
    -
    Affiliated/accredited organizations
    -
    Facilities
    -
    Degree
    -
    Phone number
    +61 3 9925 2000
    Website
    http://www.rmit.edu.au/
    SNS

    Rankings

    rank Source
    #401~500 Academic Ranking of World Universities Academic Ranking of World Universities (ARWU)(2016)

    RMIT Universityの相対評価

    • N/A

    Reviews

    Write a review
    • MTSC公式0人が「参考になった」と評価
      Overall Comments
      Industry officialsJun 20, 2016
      RMIT大学は、古い伝統と斬新的な発想の調和に努め、キャリアアップ路線を明確に捉えています。建築・デザイン・ファッション・ビジネス系のコースは、学生のレベルも非常に高く人気です。メインキャンパスもシティにあり交通の便もとても良いです。シティ内のRMITの斬新な建物は有名です。日本人には、NAATI認定の通訳翻訳コースが非常に人気で、高いレベルの卒業生を輩出していると業界でも定評を受けています。

      この口コミは参考になりましたか? URL

    • mi_mi_mi
      Japan
      0人が「参考になった」と評価
      Curriculum3.0
      Current student(2014/2~2014/12)Dec 5, 2014
      幼児教育コースには1学期ごとに6週間の保育実習/教育実習をやらなければなりません。幸い、留学生なら住所を元に、大学が実習先を手配してくれますが、ローカル学生は自分で実習先を探さなければならなく、実習先を探すのに苦労している学生がいました。実習先の実習生の受け入れにも限りがあるからです。学校が手配する実習先は選べませんので、留学生でもぜひともここでやりたいという実習先があれば、自分で交渉して手配することは可能です。私は、1学期目は大学が手配した実習先で実習しましたが、2学期目は実習したい保育園があり、自分で手配しました。また州をまたいだり国をまたいだ実習も許されており、私はもともとシドニーに滞在していたのでNSWで実習しました。過去にはインドネシア等で実習した生徒もいたようです。その代わり、実習先への飛行機代や宿泊費は全て自分持ちになりますので注意が必要です。また、実習中にスクールホリデーがあり、実習先の幼稚園は休みになりますが、大学の授業があったので、私はNSWからVICまで戻ってくる必要があり、実習中にNSWとVICを2往復する必要がありました。 実習先でいいパフォーマンスをするとそこから将来への雇用につながる可能性がぐっと上がりますので、同僚たちといい関係を築き、どんどんいいアイディアは提案していくとよいと思います。特に保育園ではBachelorの資格を持った保育士が少ない為、たまに大学から実習で来ているというと嫌みを言われたりしますが気にしないことです(保育士はほぼDiploma資格かCert 3が多いです)。
      RMIT polo

      この口コミは参考になりましたか? URL

    • mi_mi_mi
      Japan
      0人が「参考になった」と評価
      Traffic1.5
      Current student(2014/2~2014/12)Dec 5, 2014
      メルボルンはシティに行けばトラムが縦横無尽に走っており、便利ですが、Bundooraキャンパス周辺はそれはそれは不便でした。私は大学キャンパスから歩いて20分ほどのシェアハウスに住んでいましたが、最寄りの駅はバスで15分。バスは30分に一本で週末は走っていません。最寄りのColesは歩いて30分以上かかる場所にしかなく、最寄りのトラム駅までも徒歩で30分ほどかかりました。1年の短期滞在でしたのであまり物を増やしたくなかったのですが、仕方なくKmartで安い自転車を購入しました。郊外に出れば出るほど車は生活必需品になります。幸い、私の家主が運転する人だったので、週末は車で色々な場所に連れ出してもらえました。 自転車を購入してからは、学校まで自転車で10分、トラム駅までも自転車で15分ほどで行けるようになり、外に出る回数が増えました。 同じコースで勉強していた学生たちはほぼシティ周辺に住んでいて車かトラムでBundooraまで通学していました。トラムは遅いですが、10分間隔くらいで運転されており、シティからなら真夜中近くまで走っていましたのでバスよりは便利かと思います。ただし家がトラム停から遠い場合は、夜の一人歩きは危険です。Bundooraは学生が多い住宅街ですが、決して日本のように安全ではありません。

      この口コミは参考になりましたか? URL

    • mi_mi_mi
      Japan
      0人が「参考になった」と評価
      Equipment3.5
      Current student(2014/2~2014/12)Dec 5, 2014
      RMIT大学のシティキャンパスは2、3回行っただけですが、ものすごくモダンで驚きました。メインである建物80は、世界の大学建造物トップ10に入ったという記事も見ました。シティ内の北側にあり、目の前にはトラムが走り、Bundooraキャンパスとの差に驚きました。キャンパスは大きく、シティ内の1ブロック全てRMIT大学のキャンパスという感じです。 中にはビジネスマンが集うカフェがあり、エスカレータがあるなどオフィスビルのような佇まいでした。モダンな建物がいくつも建ち、教室や自分が行きたい場所を見つけるのが大変そうでした。建物内には机がたくさんあり、ラップトップを繋いで勉強している学生がたくさんいました。 私は利用しないので、施設のことは詳しくは分かりませんが、Bundooraとは全然違う学生生活ができそうでした。図書館はいつ行っても混んでいます。Bundooraよりは遅くまで開いているようですし、交通の便もいいので、シティキャンパスを使用する学生は便利だろうなと思います。 大学内のカフェテリアも充実しており、店舗がいくつも並ぶフードコートのような雰囲気でした。ヘルシー指向の店もあり、ベジタリアン/ビーガン用のメニューが並び、食育も行っていました。私はそこで新入生(留学生)向けの料理イベントに参加し、みんなで協力してカレーとスムージーを手作りしました。
      図書館などです
      メインビル80です
      カレー
      Book shopのRMITグッズ
      RMIT Cityキャンパス

      この口コミは参考になりましたか? URL

    • mi_mi_mi
      Japan
      0人が「参考になった」と評価
      International, Japanese Ratio4.0
      Current student(2014/2~2014/12)Dec 5, 2014
      幼児教育はPRが取りやすいこともあって、留学生に人気のコースです。私のコースは半数以上が留学生で、その留学生の中でも7−8割は中国/香港系でした。他には、インド、フィリピン、インドネシアからの留学生がいたと思います。日本人は私一人だけでした。中国系の学生はコネクションが強く、中国人同士で集まり、中国語で情報交換をしあい、授業でも同じグループに属し、グループワークも中国人同士でやっている人が多かったです。授業のディスカッションで彼らと同じグループになったときは、中国語でディスカッションが行われ困ったこともありました。 ローカルの生徒はコースの内容上、ママさん学生が多く、授業に子供を連れてくる人もいました。実際に子育てしているママからの貴重な意見を聞ける機会が多く、授業中のディスカッションはとても有意義でした。またオーストラリアの教育方針や法律にも彼らは詳しい為、話を聞いているだけで勉強になったし、自分ももっと勉強しないといけないと励みになりました。 Postgraduateのコースなので、皆何かしらの学士号や修士号をバックグラウンドに持っており、それらの専門知識を聞くのも大変有意義でした。それぞれの知識を生かしたカリキュラムを立て、プレゼンテーションにも個性が現れていて、日本の画一化された大学教育とは全然違う雰囲気でした。 留学生が多いため、また多民族国家であるオーストラリアということもあり、先生がmulticultural lunchを催すことがありました。生徒がそれぞれの国の料理を持ち寄り、みんなでおしゃべりしたランチは目にも鮮やかで楽しかったです。
      Multicultural lunch day
      Multicultural lunch day

      この口コミは参考になりましたか? URL

    See all reviews(12件)

    Write a review

    1. 1Select posting target
    2. 2Select relationship
    3. 3Write review
    For which School do you write a review?
    Write a review of country or state or city
    Please select a school that you are studying currently or studied before.

    Questions

    Post a question
    • 質問・相談を募集中です(質問・相談を投稿する)

    Post a question

    質問の投稿にはログインが必要です。

    Answer

    • 質問に回答したことはまだありません

    Environment/Access

    Address
    124 Little La Trobe St, Melbourne VIC 3000 オーストラリア

    Alumnus

    • mi_mi_mi

    管理者様:学校側からのコメントはありませんか?

    今すぐ無料でご登録いただけます - ビジネス会員登録を行うと、新規口コミ&質問の自動通知、口コミへの返信、質問への公式回答、学校情報の追加など、多くの機能をご利用になれます。

    詳しい案内を見る

    RMIT Universityの情報ならアブログ

    留学コミュニティサイト「アブログ」では、RMIT Universityの学校概要、卒業生や在校生による口コミ、評価・評判、写真、動画、留学希望者からの質問を掲載しています。
    学校概要としては、国・都市、キャンパスの住所、電話番号、ウェブサイトURL、各種SNS、学部、専攻、プログラム、コースなど手軽に情報収集することができます。RMIT Universityの公式のブログやTwitter、Facebook、YouTube、Flickrから写真や動画を確認できます。
    australiaの学校には偏差値という基準はありませんが、RMIT Universityの合格率や入学難易度から偏差値に近い情報を確認できます。
    口コミでは、講師、カリキュラム、教材などの学業面だけでなく、設備、食堂、学校の雰囲気、国際色、日本人比率などの学内環境や買い物、飲食、遊び、治安、安全、物価、自然環境、交通、医療、子育てなどの周辺環境、ホームステイ、学生寮、その他レジデンスなどの住居環境、そして課外活動、コストパフォーマンス、恋愛、スタッフの対応などをチェックできます。RMIT Universityが自分に合っている学校か確認しよう!

    RMIT Universityに対して...

    口コミを投稿する
    または

    RMIT Universityに対して...

    質問を投稿する