スペイン留学の特徴

地中海の美しい町並みに囲まれながらスペイン語を学べるスペイン留学。90日以内の短期留学であればビザが必要ないのも魅力です。

国立大学の学費はヨーロッパ諸国と同様に安く、1年間約20万円ほどです。治安面についてはマドリードやバルセロナなどの観光地ではスリや置引きに注意が必要です。そしてシエスタと夜間は人気のないエリアは避けるようにしましょう。

教育制度

スペインの教育制度は6-4-2制をとっており、初等教育6年と中等教育4年の計10年間が義務教育となっています。後期中等教育の2年を修了させた学生は、「PAU」という統一試験の結果、どの大学へ進むか決まります。

スペインには公立、私立、政府の援助を受ける半私立と3種類の学校がありますが、短期大学がありません。

概要

スペインの正式名称は特に定められていません。1978年憲法ではスペイン語で「España」「Estado Español」などが用いられています。「Reino de España」という表記も用いられることがあります。

日本語の表記は「スペイン」「スペイン国」「スペイン王国」が用いられています。漢字では「西班牙」と表記し「西」と略されています。

スペインの面積は506,000km²で、日本の約1.3倍の大きさです。

スペインの公用語は、スペイン語(標準スペイン語。カスティーリャ語とも呼ばれる)で、その他、カタルーニャ語、バレンシア語、バスク語、ガリシア語、アラン語が地方公用語になっています。またアストゥリアス語、アラゴン語もその該当地域の固有言語として認められています。

スペイン語を公用語としている国と地域の数は20以上あります。ラテンアメリカ地域ではスペイン語は国際共通語になっていますが、スペイン語が使用されるようになったのは1492年以降スペイン人が持ち込んだものが起源とされています。

スペイン語は、世界で約4億2千万人が日常的に使用していると言われています。またスペイン語はポルトガル語と似ているため、かなりの水準で相互意思疎通が可能であります。

基本情報

編集する
国名
スペイン
面積
506,000 km²
人口
約4,719万人(2011年1月推計)
首都
マドリード
言語
スペイン(カスティジャ)語(地方によってはバスク語,カタルニア語,ガリシア語,バレンシア語が各州における公用語として認められている。)
宗教
憲法で信仰の自由が保障されている(約75%がカトリック教徒と言われる)
通貨
ユーロ
電圧
220V(プラグ:C・SEタイプ)
外務省URL
http://www.mofa.go.jp/mofaj/area/spain/index.html
海外安全情報
http://www2.anzen.mofa.go.jp/info/pcinfectionspothazardinfo.asp?id=161
wikipedia
http://ja.wikipedia.org/wiki/スペイン
大使館URL
http://www.maec.es/subwebs/Embajadas/Tokio/jp/home/Paginas/home_jp_tokio.aspx

写真・動画

  • 写真・動画はまだありません

口コミ

新規投稿
  • LABLANCA
    スペイン
    1人が「参考になった」と評価
    国民性4.0
    滞在者(滞在期間:2000年1月~)2017/01/19
    北と南では又国民性はがらっとかわります。
    おおざっぱともいえるしフレキシブルとも取れる。
    しゃべりだすととまらない、でもとても傷つきやすかったりする。
    裏表がないのでとてもわかりやすい。
    などなど、世代によっても変わりますが、意外なのはラテン=いい加減という印象がありますがスペイン人はみんな比較的まじめです。

    この口コミは参考になりましたか? URL

  • kounotori
    スペイン
    2人が「参考になった」と評価
    教育、学業3.5
    滞在者(滞在期間:2013年5月~)2016/10/17
    私は3年前からスペインのアンダルシア、カディスというところに住んでいます。
    38歳で留学をして言語もわからないまま無謀な挑戦を続けてます。まだまだこれから山あり谷ありの生活を『何とかなる』の精神で頑張ってます。語学学校は、基本的にフレンドリーな先生です。大学付属の語学学校は、人数も多く、先生自体も自分を優先していたので…あまり好きではありませんでした。夏は色んな国の方と知り合うチャンスでもあり良い面もありますが、好き勝手な態度で授業に支障をきたしてしまうこともあります。冬は、人数も減り、クラスが合併したりすることがあり、レベルの違いから悩む事もありました。語学学校は授業終わりに、皆で飲みに行ったり、海に行ったりあとは、少しお金を払って美術館や、旧跡巡りなどもあり、楽しめます。私は、全く喋れない状態からのスタートだったので、3年たった今語学学校でもう一度授業を受けれたらもっと楽しめるのではないかと思ってます。来年あたり勉強を始めなおそうと思います。

    この口コミは参考になりましたか? URL

  • hiroki
    日本
    1人が「参考になった」と評価
    治安、安全3.5
    元滞在者(滞在期間:2015年1月~2015年3月)2016/01/31
    南欧は北欧に比べて治安が悪いと聞きますが、個人的な体験から言ってもあながち間違いではないでしょう。私は3ヶ月間マドリードに滞在し、その間にバルセロナとビルバオに旅行に行きましたが、スリや犯罪に巻き込まれたことはありませんでした。マドリードの空港でスーツケースをロストした時も、数日後に無事自宅まで届きましたし、大学内でPCをしばらく放置しても大丈夫でした。 しかし、やはり犯罪者はターゲットを狙う目が肥えているものです。日本人の友達が遊びにきて2人で行動していた時に、友人が地下鉄の車内で降車の際に財布の中身をスられました。その直前に私のカバンのチャックがなぜか空いていたのに気付き、不穏な気配は漂っていたのですが、友人に忠告することができず後悔しています。やはり、日本人が複数で行動していると旅行者ということが一発で分かるため狙われやすいようです。逆に一人行動だと現地人に馴染むことが可能です。また、首絞め強盗などの犯罪もあるらしいので、できるだけ現地人に同化しつつ、暗くて細い道を通らない、最低限の会話を覚えるなどの努力が必要でしょう。特に友人を連れて歩いている時などは、常に友人にも気を配らないといけないですね。

    この口コミは参考になりましたか? URL

  • Maria
    日本
    0人が「参考になった」と評価
    国民性3.0
    滞在者(滞在期間:2013年3月~)2014/11/30
    スペインは、小さな国が集まった「総合国家」のような国です。街を歩いていると、人々の顔や体型の差異が大きい事も、近隣諸国との交流の歴史を伺わせます。東西南北地域によって人々の生活習慣、気質は相当違うものです。例えばざっくり分けてしまっても、北は厳格、南はおおらか、と揶揄されます。気候も違うため、勤務時間や生活時間(食事の時間や寝る時間)も変わっています。 その中で、スペイン全体で国民に共通するところは、「家族、友人と時間を共する」ところでしょう。クリスマスやフィエスタなどには家族総出でパーティーを開いたり、外出をする事は勿論、日々の生活においても、お昼はうちに帰って家族と食事をしたり、週末は街から郊外に住む実家を訪れ馴染みの友人や家族と過ごすことも頻繁です。互いに近況報告をしたり、政治や地元のトピックなどの話をして喧々諤々と議論をし時間が過ぎて行きます。話す事も、自己アピールや情報交換、ストレス解消に役立っているようですが、自分と違う意見を積極的に聞くことも彼らにとっては重要のようです。「これが日本人同士だったら絶交だな」と思うほどの激しい議論があったとしても、彼らはそれぞれ自分の意見やポリシーがあるので「それはそれ」と割り切ることができるようです。前の日に喧嘩をし、気まずいなぁ、と思っても、次の日には忘れて普通に接してくれる気質に救われることもあります。

    この口コミは参考になりましたか? URL

  • Maria
    日本
    0人が「参考になった」と評価
    仕事、アルバイト3.0
    滞在者(滞在期間:2013年3月~)2014/11/30
    留学中、または卒業後もスペイン居住を希望の方には、「仕事探さなきゃ」とお考えの人も多いと思います。ニュースなどでも話題になっておりますが、現在の全国の雇用率は非常に低く、誰もが一度得た仕事はなかなか手放せない状態ですので空きも少なくそれこそ外国人の雇用枠も狭き門となっているのが現状です。が、全く望みがないわけではありません。「日本人ならでは」の仕事は業種、職種を選ばなければあります。日本語教師、日本食レストランの調理、ホールスタッフ、翻訳や通訳、ツアーアドバイザー、語学学校斡旋業など、日本のコミュニティーで募集する中でもこれだけの職種があります。雇用の必要条件としては、やはりスペイン語のレベルを問われますが、環境、経験から学ぶ事も可能なところもありますのでまずは問い合わせて相談すると良いと思います。 初めからスペイン企業での就職を希望する人もいますが、上記の通り、雇用が狭いために難しいのが現状です。もし就職できるチャンスがあるのでしたら、スペイン人の気質や生活習慣を把握した上で望むのがベストと感じます。スペインの企業、コミュニティーで働く人たちの悩みの多くは、スペイン人の考えや常識と日本人のそれらのギャップです。郷に行っては剛に従え、とは言いますが、それがストレスになる場合もあります。

    この口コミは参考になりましたか? URL

新規投稿

  1. 1投稿先を選択
  2. 2関係性を選択
  3. 3口コミを書く
どの学校について口コミを書きますか?
留学エージェントの口コミを書く国・州・都市の口コミを書く
「いま在学している」「以前に留学した」など、あなたのよく知っている学校を選んでください

質問・相談

新規投稿
  • 質問者 chihuahuadayo
    スペインに留学するために必要なお金、あると便利なものが知りたいです。また生活費は月にどのくらいかかるでしょうか。 [続きを見る]
    回答募集中 回答数:1
  • 質問者 saaya_1997_55
    スペインのナバラ大学に興味があります。留学する際には経営学部で勉強をしたいです。パンプローナについての情報及びナバラ大学の寮についてまたどのようプログラム... [続きを見る]
    回答募集中 回答数:1
  • 質問者 guest
    スペインに留学する上で気をつける点などアドバイスがあれば教えてください [続きを見る]
    回答募集中 回答数:3
  • 質問者 guest
    スペインの良い所を教えてください [続きを見る]
    回答募集中 回答数:1
  • 質問者 guest
    なぜスペインに留学することにしたのですか? [続きを見る]
    回答募集中 回答数:1

新規投稿

質問の投稿にはログインが必要です。

滞在経験者

  • rumibouzu4
  • LABLANCA
  • miwartequiero
  • kounotori
  • bruja
  • Azuca
  • sandaz
  • specialK
  • amosalamanca
  • 全ての経験者をみる(37件)

    関連記事(外部サイト)

    全ての関連記事をみる(外部サイト「THE RYUGAKU」)

    スペインの留学情報ならアブログ

    留学コミュニティサイト「アブログ」では、スペインの国情報、大学、大学院、短大・コミカレ、専門学校、語学学校、高校、ボーディングスクール、留学エージェントのデータを公開しています。
    また実際にスペイン留学した経験者の口コミから、評判、費用、奨学金、留学後の就職、予防接種、ビザ申請の準備、携帯電話、スペインでの口座開設に関する情報も確認できます。
    アブログには、スペインの短期留学、学位留学、正規留学、大学留学、社会人のMBA留学、語学留学、親子留学など、あらゆるタイプの留学経験者が登録しています。
    ぜひ留学の準備にご活用ください。

    スペインに対して...

    口コミを投稿する
    または

    スペインに対して...

    質問を投稿する